ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」』(ひまわりぐみセカンドステージ ゆめをしなせるわけにいかない)は、AKB48のチームAとチームKとの合同チーム、ひまわり組劇場公演の2nd Stageである。本項では、シアターGロッソ公演についても記述する。また、公演を収録したDVDについても記述する。

概要[編集]

旧チームAと旧チームKとの合同チーム、ひまわり組公演の第二弾。1st Stageの「僕の太陽」とは、若干メンバーの入替がある。1stの時と同様にダブルスタンバイ制をとっており、ポジション毎にメインのメンバー(1stメンバー)とサブのメンバー(2ndメンバー)を決め、公演によってそのどちらかが出演した。

2009年6月から10月に行われたシアターGロッソでの公演でもこのセットリストが使われたが、この時はチームA・K・Bおよび研究生の大半のメンバーが各ポジションに割り振られ、公演によってそのうち一人が出演した。公演内容は、ひまわり組2ndとほとんど同じであるが、ステージの構造が全く違うので、それに合わせた動きに変更されている。

公演内容[編集]

曲目[編集]

  1. overture - 全AKB48公演共通である。
    (作編曲:尾澤拓実、歌:TAZ)
  2. ロマンス、イラネ
    (作詞:秋元康、作曲:Rie、編曲:CHOKKAKU
  3. 夢を死なせるわけにいかない
    (作詞:秋元康、作曲:Shusui、編曲:景家淳)
  4. Let's get "あと1センチ"
    (作詞:秋元康、作編曲:Funta
  5. 愛とプライド
    (作詞:秋元康、作曲:成瀬英樹、編曲:関淳二郎・小野隆)
  6. Bye Bye Bye
    (作詞:秋元康、作曲:近藤薫、編曲:原田卓也)
  7. 初めてのジェリービーンズ
    (作詞:秋元康、作曲:佐伯高志、編曲:依田和夫
  8. となりのバナナ
    (作詞:秋元康、作編曲:前山田健一
  9. 記憶のジレンマ
    (作詞:秋元康、作編曲:白戸佑輔
  10. Confession
    (作詞:秋元康、作曲:上田晃司、編曲:草野よしひろ
  11. 森へ行こう
    (作詞:秋元康、作曲:Shusui・Stefan Aberg、編曲:勝又隆一)
  12. 青春の稲妻
    (作詞:秋元康、作曲:BOUNCEBACK、編曲:高島智明)
  13. 生きるって素晴らしい
    (作詞:秋元康、作編曲:井上ヨシマサ
  14. 愛の毛布
    (作詞:秋元康、作曲:成瀬英樹、編曲:樫原伸彦

アンコール

  1. ロックだよ、人生は…
    (作詞:秋元康、作曲:鈴木秋則、編曲:田口智則・稲留春雄)
  2. 50%
    (作詞:秋元康、作曲:BOUNCEBACK、編曲:Artificial Kid's Basement)
  3. ハートが風邪をひいた夜 - 作曲の岡田実音が、テレビアニメ『ひまわりっ!』のキャラクターソング用に提供した「ひとひらノ恋」が原曲。
    (作詞:秋元康、作曲:岡田実音、編曲:梅堀淳

演出[編集]

  • 振り付け担当:Emma、MARI、MIHO、TOKU
  • 「Let's get "あと1センチ"」では、回転椅子を使用。
  • 「初めてのジェリービーンズ」では、スピーカー付きギターフェルナンデス・ZO-3を弾くまねをしながら歌う。終盤にカラーボールを客席に投げ込む。
  • 「となりのバナナ」では、間奏と歌の後に日替わりの会話。
  • 「青春の稲妻」では、間奏で日替わりメンバーのソロダンス。
  • 「生きるって素晴らしい」の冒頭では、日替わりメンバーが「素晴らしいこと」を話す。
  • 「愛の毛布」のウエディングドレス風の衣装に着替える間、日替わりメンバーの2分半トークがスクリーンに映される。
  • 「ロックだよ、人生は…」の間奏では、日替わりメンバーのセリフ。

AKB48 ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演[編集]

公演期間
2007年12月8日 - 2008年4月19日[1]
出演メンバー
当時研究生:倉持明日香小原春香佐藤亜美菜近野莉菜中田ちさと成瀬理沙藤江れいな宮崎美穂
※倉持は2008年3月4日、成瀬は3月24日にチームKへ、藤江は3月26日、佐藤亜は4月15日にチームAへ、それぞれ昇格が発表された。
中西里菜大江朝美梅田彩佳は、当公演には出演していない。
ユニット曲担当
  • Bye Bye Bye
    • 小嶋陽、戸島
    • 高橋み、駒谷、宮崎
    • 峯岸、早野
  • 初めてのジェリービーンズ
    • 前田敦、成田
    • 佐藤夏、駒谷
    • 宮澤、藤江
  • となりのバナナ
    • 小野、奥
    • 河西、小林香
  • 記憶のジレンマ
    • 大島麻、倉持
    • 佐藤由、中田
    • 野呂、松原
    • 増田、小原
  • Confession
    • 秋元、成瀬
    • 大島優、佐藤亜
    • 篠田、大堀
    • 板野、川崎

AKB48 in シアターGロッソ 「夢を死なせるわけにいかない」公演[編集]

公演期間
2009年6月4日 - 10月23日
出演メンバー
下記ユニット曲の各ポジションから1人ずつの16人編成で公演を行った。ひまわり組にも出演していたメンバーは、当時と同じポジションになっている者が多い。AKB48正規メンバーおよび7期生までの研究生からほぼ全員出演しているが、奥と浦野一美、2009年8月23日に卒業した佐伯美香の出演は無い。8期生からは、浅居円だけが出演している。
ユニット曲担当
(研)は出演当時研究生

SNH48 チームSII 5th Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演[編集]

中国語での公演名称は「讓夢想閃耀」
公演期間
2015年6月26日[2] -

AKB48 チーム4 4th Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演[編集]

公演期間
2015年12月3日[3][4] -
出演メンバー
飯野雅・伊豆田莉奈・岩立沙穂・大川莉央・大森美優・岡田彩花・岡田奈々川本紗矢北川綾巴・北澤早紀・小嶋真子込山榛香・佐藤妃星・渋谷凪咲・高橋朱里朝長美桜・西野未姫・野澤玲奈・村山彩希
チーム4ドラフト研究生:千葉恵里
その他のチームのメンバー:佐々木優佳里・田北香世子(いずれもチームA)、阿部マリア島田晴香・下口ひなな(いずれもチームK)、田名部生来(チームB)、高橋希良・西川怜・山邊歩夢(いずれもチームBドラフト研究生)
佐藤妃・千葉は2015年12月14日の公演[5][6]、野澤は同年12月18日の公演から本公演の演目に出演[7]
佐々木は2015年12月25日の公演から[8]、阿部マは2016年8月19日の公演から[9]、西川怜・山邊は同年10月13日から[10]、田北・島田・下口は同年10月21日の公演から[11]、高橋希は同年10月27日の公演から[12]、田名部は同年10月27日の公演からそれぞれ出演[12]
大川は右膝の怪我のため、2016年3月3日の公演から参加したが[13][14]別の公演出演中に怪我が再発したため、同年7月12日の公演を最後に休演となり[15]、2017年6月9日の公演から復帰[16]
西野は2017年3月27日の卒業公演をもって卒業[17]。岡田彩は2017年6月20日の公演を最後に、同年6月22日卒業[18]
公演開始時点でチーム4メンバーだった名取稚菜は、本公演に1度も出演することなく卒業した[19][20]
ユニット曲(各曲各ポジションから1名ずつ出演)
  • Bye Bye Bye
    • 小嶋真、北澤
    • 朝長、岩立、佐藤妃、佐々木、込山、千葉、野澤、西川怜
    • 北澤、田北
  • 初めてのジェリービーンズ
    • 川本、飯野
    • 岡田彩、山邊
    • 西野、千葉、込山
  • となりのバナナ
    • 込山、千葉、西川怜、高橋希、西野
    • 岩立、込山、伊豆田
  • 記憶のジレンマ
    • 高橋朱、伊豆田、岩立、飯野
    • 飯野、北澤、下口
    • 伊豆田、野澤、島田、田名部、佐藤妃
    • 渋谷、佐藤妃、大森
  • Confession
    • 村山
    • 岡田奈、大川、岡田彩
    • 大森、佐々木、野澤
    • 北川、野澤、込山、大川、千葉、阿部マ

スタジオ収録CD[編集]

公演曲を公演メンバーがスタジオ収録したものである。

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」(CD)[編集]

1stメンバーでの収録となっている。

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」
AKB48 ひまわり組スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル AKS/キングレコード[21]
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
AKB48 ひまわり組 年表
ひまわり組 1st Stage
「僕の太陽」

(2013年)
ひまわり組 2nd Stage
「夢を死なせるわけにいかない」

(2013年)
-
テンプレートを表示
収録メンバー
秋元才加・板野友美・大島麻衣・大島優子・小野恵令奈・河西智美・小嶋陽菜・佐藤夏希・佐藤由加理・篠田麻里子・高橋みなみ・野呂佳代・前田敦子・増田有華・峯岸みなみ・宮澤佐江
収録曲
  1. overture
  2. ロマンス、イラネ
  3. 夢を死なせるわけにいかない
  4. Let's get "あと1センチ"
  5. 愛とプライド
  6. Bye Bye Bye(歌:峯岸・小嶋・高橋)
  7. 初めてのジェリービーンズ(歌:宮澤・前田・佐藤夏)
  8. となりのバナナ(歌:河西・小野)
  9. 記憶のジレンマ(歌:大島麻・増田・野呂・佐藤由)
  10. Confession(歌:秋元・大島優・篠田・板野)
  11. 森へ行こう
  12. 青春の稲妻
  13. 生きるって素晴らしい
  14. 愛の毛布
  15. ロックだよ、人生は・・・
  16. 50%
  17. ハートが風邪をひいた夜

Disc 2は、各楽曲のオフヴォーカルバージョン。

劇場公演DVD[編集]

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」(DVD)[編集]

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」
AKB48 ひまわり組DVD
リリース
ジャンル J-POP
レーベル AKS
AKB48 ひまわり組 年表
ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」
(2008年)
ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」
(2008年)
-
テンプレートを表示

1stメンバーと2ndメンバーの二種類の公演が収録されている。

収録メンバー
  • 1stメンバー
    秋元才加・板野友美・大島麻衣・大島優子・小野恵令奈・河西智美・小嶋陽菜・佐藤夏希・佐藤由加理・篠田麻里子・高橋みなみ・野呂佳代・前田敦子・増田有華・峯岸みなみ・宮澤佐江
  • 2ndメンバー
    大堀恵・奥真奈美・川崎希・倉持明日香・小原春香・小林香菜・駒谷仁美・佐藤亜美菜・近野莉菜・戸島花・中田ちさと・成田梨紗・成瀬理沙・早野薫・藤江れいな・松原夏海・宮崎美穂
収録曲
  1. overture
  2. ロマンス、イラネ
  3. 夢を死なせるわけにいかない
  4. Let's get "あと1センチ"
  5. 愛とプライド
  6. Bye Bye Bye
    • 1stメンバー:峯岸・小嶋・高橋
    • 2ndメンバー:早野・戸島・宮崎
  7. 初めてのジェリービーンズ
    • 1stメンバー:宮澤・前田・佐藤夏
    • 2ndメンバー:藤江・成田・駒谷
  8. となりのバナナ
    • 1stメンバー:河西・小野
    • 2ndメンバー:小林・奥
  9. 記憶のジレンマ
    • 1stメンバー:大島麻・増田・野呂・佐藤由
    • 2ndメンバー:倉持・小原・松原・中田
  10. Confession
    • 1stメンバー:秋元・大島優・篠田・板野
    • 2ndメンバー:大堀・佐藤亜・成瀬・川崎
  11. 森へ行こう
  12. 青春の稲妻
  13. 生きるって素晴らしい
  14. 愛の毛布
  15. ロックだよ、人生は・・・
  16. 50%
  17. ハートが風邪をひいた夜

セルフカバー等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『涙は句読点 AKB48公式10年史』 日刊スポーツ新聞社、2016年3月25日、230頁。ISBN 97848172559212016年4月16日閲覧。
  2. ^ S队新公演《让梦想闪耀》” (Chinese). SNH48 (2015年6月12日). 2015年6月12日閲覧。
  3. ^ 12/3 高橋朱里チーム4 初日メンバー”. AKB48オフィシャルブログ (2015年11月27日). 2015年12月4日閲覧。
  4. ^ “最年少キャプテン・高橋朱里「熱い夢を見せる! 」=チーム4の新公演開始-AKB48”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年12月3日). http://www.jiji.com/jc/ak?s=news&k=2015120300970 2015年12月4日閲覧。 
  5. ^ 12月14日(月)の公演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月9日). 2015年12月16日閲覧。
  6. ^ 公演メンバー変更のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月12日). 2015年12月16日閲覧。
  7. ^ 12月18日(金)、19日(土)の公演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月13日). 2015年12月18日閲覧。
  8. ^ 12月25日(金)の公演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月19日). 2015年12月25日閲覧。
  9. ^ 8月19日(金)公演 出演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2016年8月14日). 2016年8月19日閲覧。
  10. ^ 10月13日(木)、14日(金)の公演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2016年10月8日). 2016年10月13日閲覧。
  11. ^ 10月21日(金)の公演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2016年10月16日). 2016年10月21日閲覧。
  12. ^ a b 10月27日(木)の公演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2016年10月22日). 2016年10月27日閲覧。
  13. ^ チーム4 大川莉央の怪我につきまして”. AKB48オフィシャルブログ (2015年5月2日). 2016年3月4日閲覧。
  14. ^ 3月3日(木) 公演実施のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2016年2月29日). 2016年3月3日閲覧。
  15. ^ 大川莉央の怪我につきまして”. AKB48オフィシャルブログ (2016年7月24日). 2016年8月19日閲覧。
  16. ^ 6月8日(木)、9日(金)の公演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2017年6月3日). 2017年6月21日閲覧。
  17. ^ 3月27日(月)の公演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2017年3月22日). 2017年3月27日閲覧。
  18. ^ 岡田彩花の卒業公演日・握手会イベントの最終参加日につきまして”. AKB48オフィシャルブログ (2017年4月17日). 2017年6月21日閲覧。
    6月19日(月)・20日(火)の公演メンバーのお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2017年6月14日). 2017年6月21日閲覧。
  19. ^ 名取稚菜の卒業について”. AKB48オフィシャルブログ (2015年12月1日). 2015年12月21日閲覧。
    名取稚菜の写真会参加日程について変更のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2016年1月15日). 2016年2月19日閲覧。
  20. ^ 2016年1月11日昼公演開演前に行われた、AKB48新成人メンバー挨拶には、新成人メンバーとして参加。
  21. ^ 発売元:AKS、販売元:キングレコード。そのため、CDにはAKSとキングレコードの2つの品番が記されている。

外部リンク[編集]