高橋朱里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかはし じゅり
高橋 朱里
Juri at Rocket Punch Debut Showcase on August 7, 2019.png
高橋 朱里
プロフィール
別名義 ジュリ
生年月日 1997年10月3日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本茨城県
血液型 A型
公称サイズ(2019年[1]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
活動
デビュー 2011年(AKB48研究生)
所属グループ Rocket Punch
活動期間 2011年 -
備考 元AKB48メンバー
(12期研究生→チーム4→チームA→チームB→チーム4→チームB)
事務所 Woollimエンターテインメント
アイドル: テンプレート - カテゴリ

高橋 朱里(たかはし じゅり、1997年10月3日 - )は、日本出身のアイドルであり、韓国のガールズグループRocket Punchのメンバー、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。Rocket Punchでの活動名はジュリ (JURI / 쥬리) [2]茨城県出身[3]

略歴[編集]

2011年2月20日、AKB48第12期研究生オーディションの最終審査に合格する。

2012年3月24日、加藤玲奈岩田華怜川栄李奈田野優花の4名とともにチーム4に昇格するが[4]、8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チーム再編に伴うチームAへの異動とチーム4の消滅が発表される[5]。同年11月1日にチームAに異動し[6]、11月2日からチームAウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[7]

2012年5月23日発売の26thシングル「真夏のSounds good !」で、初めてAKB48のシングル表題曲の選抜メンバーになる[8]

2014年2月24日、Zepp DiverCityで開催された「AKB48グループ大組閣祭り〜時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!〜」において、チームBへの異動が発表され[9]、4月24日にチームBに異動する。

2014年4月18日放送開始のドラマ『セーラーゾンビ』(テレビ東京系)で大和田南那川栄李奈とともに連続ドラマ初主演を果たす[10]。同年の『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では初ランクインで28位となり、アンダーガールズに選出される[11][12]

2015年3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』において、チーム4への異動および同チームのキャプテンに就任することが発表される[13]。同年の『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では25位となり、2年連続でアンダーガールズに選出される[14][15]

2016年の『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』では15位となり、選抜総選挙での初の選抜入りとなる[16]。2017年の『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では11位となり、2年連続で選抜入りする[17]。同会場でスキャンダル対策のために突然の結婚発表をしたNMB48須藤凜々花を強く批判するスピーチを行い話題となる[18]。2018年の『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』では12位となり、3年連続で選抜入りを果たすが、目標に掲げていた初の神7入りは逃した[19][20]

2017年4月に上演されたミュージカル『雪のプリンセス』において、ミュージカルおよび舞台初主演を務め[21]、翌年の2018年2月に上演されたミュージカル『新 雪のプリンセス』においても主演を務めた[22]

2017年12月8日に開催された「AKB48 12周年記念公演」において発表された組閣人事(新体制への全面的移行は2018年4月となった)で、チーム4のキャプテンからチームBのキャプテンに異動することが発表された[23]

2018年7月24日には、講談社から初のソロ写真集『高橋朱里1st写真集 曖昧な自分』が発売された[24]

2019年2月3日の帰宅時、乗車していた送迎車両が事故に遭い、様子を見るために6日に予定されていた自身の生誕祭公演の開催が延期される[25]。同年3月4日、延期されていた生誕祭公演においてAKB48からの卒業および韓国の芸能事務所Woollimエンターテインメントへ移籍の上で韓国デビューをすることを発表した[26][27][28]

2019年5月2日に行われた高橋朱里チームB「シアターの女神」公演を卒業公演とし[29]、5月6日にパシフィコ横浜で開催された「NO WAY MAN」劇場盤発売記念大握手会をもって、AKB48メンバーとしての活動を終了した[30]

2019年7月22日、K-POPガールズグループ「Rocket Punch」のメンバーとしてデビューすることが発表された[31]。同年8月7日にミニアルバム『PINK PUNCH』でデビュー[2][32]

人物[編集]

同じ日に大場チーム4に昇格した川栄李奈(詳細は後述)・岩田華怜が仲のよいメンバーの一人として高橋の名前を挙げている[33]

憧れているメンバーは、前田敦子、初代総監督の高橋みなみ篠田麻里子。「ステージ上でキラキラ輝ける人になりたいので、3人を目標に頑張っていきたい。」[34]

将来の夢は女優。『セーラーゾンビ』の一部で監督を務めた今泉力哉は高橋の演技について「本読みからの伸びがすごい」[35]、企画・総合演出の犬童一心は「ちょっと演技が大胆な感じがいいですよね。思いきりよくやるという感じが」[36]「初めての演技なのにすごくうまい」[37]と評価している。

チームA在籍時のキャプテンで2代目総監督でもある横山由依が手塩にかけて育てたメンバーの一人であり[38]、年齢のわりに落ち着いている[39]。その次々体制ではチーム4キャプテンを任されるまでに成長し、2015年頃からは後輩メンバーのまとめ役を務めるようになり、一部では同時期に高橋みなみが後任のAKB48グループ総監督に指名した横山のさらに後任者を意味する「次期次期総監督」 (3代目総監督)と呼ばれた[40]。ただし、高橋朱里自身が総監督就任を希望していなかった[41]こともあり、2018年12月、横山の後任には自ら立候補した向井地美音が就任することが決定したが、高橋みなみや横山の期待通り、AKB48を卒業するまで組閣を経てチーム4とチームBでキャプテンを務めあげることとなった。

MCに定評があり、2015年のリクエストアワーでの高橋のMCを見た総合プロデューサーの秋元康は全公演通じてのMVPに高橋を挙げている。また、それ以来コンサートの台本で高橋の名前が載るようになったとのこと[39]

川栄李奈とは、お互いに仲が良いメンバー・気が合うメンバーに挙げる間柄[33]。また「姉妹みたい」と言われることもある[42]

  • 雑誌などの企画にセットで呼ばれる機会も多く[42]、AKB48メンバーを月変わりで1人ずつ紹介する企画ですら2人セットで特集されたほど[43]。その仲の良さからファンにより二人のニックネームを合わせて「じゅりっちゃん」というコンビ名を付けられており、本人たちもそのコンビ名を売り込むまでになっている[43]。お互いについて高橋は上述の横山を含め、川栄を「家族」[44]、川栄は高橋を「メンバーじゃなくて親友」[45]と表現している。
  • AKB48からの卒業を発表した川栄の卒業ソング「君の第二章」が制作されることになり、発表された歌唱メンバーの中に川栄と親しいはずの高橋や小嶋菜月、同期メンバーが含まれていないことを巡ってファンから反発の声が上がった[46]。最終的には高橋が歌唱メンバーに追加された。

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

表題曲[編集]

カップリング曲[編集]

PRODUCE 48名義

アルバム選抜楽曲[編集]

PRODUCE 48名義

  • PRODUCE 48 - 30 Girls 6 Concepts(2018年8月18日) - 配信限定。
    • I AM - 後にIZ*ONEのメンバーとなるチェ・イェナ、アン・ユジンらと参加。
  • PRODUCE 48 - FINAL(2018年9月1日) - 配信限定。
    • 好きになっちゃうだろう?(반해버리잖아?) - AKB48の下尾みう、NMB48の白間美瑠、後にIZ*ONEのメンバーとなるHKT48宮脇咲良、クォン・ウンビ、チェ・イェナらと参加。
    • 夢を見ている間 - 高橋も含め、PRODUCE48のファイナル選考に残ったメンバーで参加。

未音源化曲[編集]

ぱちスロAKB48 勝利の女神

劇場公演ユニット曲[編集]

チームA 6th Stage「目撃者」

  • ミニスカートの妖精(前座ガールズ)

チームK 6th Stage「RESET」

  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)
  • 逆転王子様(内田眞由美のユニットアンダー)

チームB 5th Stage「シアターの女神」

  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)
  • 初恋よ こんにちは(渡辺麻友のユニットアンダー)
  • ロッカールームボーイ(小林香菜石田晴香のユニットアンダー)

チーム4 1st Stage「僕の太陽」

  • アイドルなんて呼ばないで(島崎遥香休演時は島崎ポジションで出演)
  • 愛しさのdefense(田野優花のユニットアンダー)

篠田チームA ウェイティング公演

横山チームA ウェイティング公演

倉持チームB「パジャマドライブ」公演

  • パジャマドライブ
  • 純情主義(柏木由紀のアンダー)

田中将大「僕がここにいる理由」公演

高橋朱里チーム4「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 記憶のジレンマ

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

ネット配信[編集]

  • マジすか学園4 外伝(2015年3月31日 - 5月5日、Hulu)- ウオノメ 役
  • マジすか学園5(2015年8月25日 - 10月27日、Hulu)[注 1] - ウオノメ 役[50]
  • マジすか学園5 外伝(2015年11月3日 - 、Hulu)- ウオノメ 役

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

  • EX大衆双葉社
    • 「AKB48チーム4 キャプテン高橋朱里との往復書簡」(2015年11月14日 - 2017年7月15日)
    • 「AKB48高橋朱里との往復書簡」(2017年8月12日 - )

カレンダー[編集]

  • 卓上 AKB48-156 高橋朱里 カレンダー2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 高橋朱里 カレンダー2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • クリアファイル付 卓上 高橋朱里 カレンダー2015年(2014年12月13日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信[49]
  2. ^ 2013年2月25日 - 4月29日に6代目レギュラーの代理として4回出演したことがある。

出典[編集]

  1. ^ Woollim Entertainment Rookie Twitter
  2. ^ a b “新人ガールズグループ「Rocket Punch」、デビューアルバムは“PINK PUNCH””. WoWKorea (エイアイエスイー). (2019年8月2日). https://kt.wowkorea.jp/news-read/33277.html 2019年8月2日閲覧。 
  3. ^ メンバー 高橋朱里”. AKB48公式サイト. 2019年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月9日閲覧。
  4. ^ ご報告 AKB48オフィシャルブログ(2012年3月24日)
  5. ^ 組閣後新体制 AKB48オフィシャルブログ(2012年8月24日)
  6. ^ “AKB48新組閣発足は11月1日、ウェイティング公演も決定”. ナタリー (ナターシャ). (2012年10月8日). http://natalie.mu/music/news/77879 2015年8月30日閲覧。 
  7. ^ “AKBたかみな総監督、チームA初日に「100点」 新キャプテン篠田も達成感”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年11月3日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2018373/full/ 2012年11月22日閲覧。 
  8. ^ “AKB48、新曲選抜メンバーは過去最多36人 まゆゆ筆頭に次世代エース候補が台頭”. ORICON STYLE (ORICON NEWS) (oricon ME). (2012年3月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2009075/full/ 2019年3月5日閲覧。 
  9. ^ “乃木坂・生駒がチームB兼任/大組閣祭り”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年2月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140224-1262248.html 2014年2月24日閲覧。 
  10. ^ “AKB48研究生・大和田南那、連ドラ主演に大抜てき「初体験の連続」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年2月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2034031/full/ 2016年2月27日閲覧。 
  11. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  12. ^ AKB48 第6回 AKB48総選挙 選抜メンバー80人 アンダーガールズ”. ORICON STYLE. oricon ME. 2016年6月20日閲覧。
  13. ^ “AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年3月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2050670/full/ 2015年9月4日閲覧。 
  14. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果 AKB48オフィシャルブログ(2015年6月6日)
  15. ^ “【第7回AKB総選挙】開票結果 全順位一覧”. ORICON SYTLE (oricon ME). (2015年6月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2053925/full/ 2015年6月20日閲覧。 
  16. ^ “【第8回AKB総選挙】高橋朱里が初の選抜入り 自己最高位の15位で涙”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2073624/full/ 2016年6月20日閲覧。 
  17. ^ “【第9回AKB総選挙】高橋朱里が11位 2年連続選抜入り”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2092618/full/ 2017年8月7日閲覧。 
  18. ^ “結婚発表に“勇気ある批判”も AKB48高橋朱里ら次世代4人のスピーチがファンの心を打った理由<第9回AKB48選抜総選挙>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年6月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1694625 2018年11月7日閲覧。 
  19. ^ “【第10回AKB総選挙】高橋朱里、12位で初“神7”入り逃す「これからも胸を張って活動していく」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2113725/full/ 2018年6月21日閲覧。 
  20. ^ “AKB48高橋朱里、3年連続選抜入りも悔しさ滲ませる「新しいグループ比べられて…」<第10回AKB48世界選抜総選挙>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年6月16日). https://mdpr.jp/music/detail/1773453 2018年6月21日閲覧。 
  21. ^ a b “AKB48高橋朱里、『雪のプリンセス』で初ミュージカル初主演「新たな一歩を踏み出せれば」”. Deview (oricon ME). (2017年1月17日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2084647 2017年1月20日閲覧。 
  22. ^ 「新☆雪のプリンセス」開幕、AKB48高橋朱里「成長した自分を観ていただけるよう」”. ステージナタリー. ナターシャ (Natasha) (2018年2月23日). 2018年5月5日閲覧。
  23. ^ 13年目の試練なのかチャンスなのか、AKB48組閣で兼任解除や新キャプテン”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年12月9日). 2018年5月3日閲覧。
  24. ^ a b “AKB48高橋朱里、美バストちらり 写真集タイトル&秋元康による帯コメント発表<曖昧な自分>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年7月7日). https://mdpr.jp/news/detail/1777976 2018年8月25日閲覧。 
  25. ^ “AKB48高橋朱里、交通事故のため生誕祭を延期”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年2月4日). https://natalie.mu/music/news/318721 2019年2月5日閲覧。 
  26. ^ “卒業のAKB高橋朱里が韓国デビュー発表「挑戦を」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年3月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201903040000859.html 2019年3月4日閲覧。 
  27. ^ “AKB48高橋朱里、グループ卒業発表 韓国デビューへ<コメント全文>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年3月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1825522 2019年3月5日閲覧。 
  28. ^ AKB高橋朱里が韓国芸能事務所と契約 今年グループでデビュー.聯合ニュース(2019年3月5日) 2019年3月5日閲覧。
  29. ^ “高橋朱里 AKB卒業公演でファンに感謝「何もない私を彩ってくれた」 今後は韓国進出”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2019年5月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/02/kiji/20190502s00041000361000c.html 2019年5月9日閲覧。 
  30. ^ 高橋朱里 卒業公演の日程につきまして”. AKB48オフィシャルブログ (2019年4月14日). 2019年5月9日閲覧。
  31. ^ “元AKB48高橋朱里、K-POPグループ「Rocket Punch」で再デビューへ”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年7月23日). https://mdpr.jp/k-enta/detail/1853664 2019年7月23日閲覧。 
  32. ^ “Rocket Punchがついにデビュー!元AKB48 高橋朱里が韓国で再始動「新たな挑戦」”. Kstyle (LINE). (2019年8月7日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2123238 2019年8月7日閲覧。 
  33. ^ a b AKB48 東京ドームコンサート オフィシャルムック AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜[要ページ番号]
  34. ^ 『AKB48 LIVE!! ON DEMAND』特典「12期研究生2分間自己紹介コメント映像」
  35. ^ 本人twitter 2014年5月24日投稿分
  36. ^ 『FREECELL 特別号28』(株式会社プレビジョン、2014年)9頁
  37. ^ “川栄李奈が「セーラーゾンビ」秘話暴露!『なーにゃはせりふを覚えてこなかった』”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA. (2014年12月21日). http://thetv.jp/news_detail/53653/ 2016年2月26日閲覧。 
  38. ^ BUBKA2015年5月号[要ページ番号]
  39. ^ a b 「AKB48 CATCH THE DREAM!! Vol.98『ヤングメンバーよ覚醒せよ!!』高橋朱里」『B.L.T.』2015年5月号、東京ニュース通信社、 132頁、2016年2月26日閲覧。
  40. ^ AKB48グループ新聞 2015年5月号[要ページ番号]
  41. ^ EX大衆 2019年2月号
  42. ^ a b 『週刊AKB』 Vol.17 特典映像
  43. ^ a b 『月刊ENTAME』2012年8月号(徳間書店) 62-65頁
  44. ^ 大組閣で、チームB!!!!! - 高橋朱里Google+(2014年2月24日)
  45. ^ じゅりが飛んできてくれました。びゅーん。 - 川栄李奈Google+(2014年2月19日)
  46. ^ 「卒業をネタにした商売曲」? 川栄李奈の卒業ソング、選抜メンバーにファンがっかり RBBTODAY(イード)(2015年4月8日)
  47. ^ セーラーゾンビ: 番組情報 : テレビ東京
  48. ^ “『マジすか学園4』HKT48宮脇咲良&AKB48島崎遥香のW主演!他キャスト・役柄も発表”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年1月3日). http://dogatch.jp/news/ntv/30559 2017年1月21日閲覧。 
  49. ^ “島崎遥香が単独主演『マジすか学園5』過激すぎて地上波は無理!?全話はHulu独占配信”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年7月17日). http://dogatch.jp/news/ntv/34112 2017年1月21日閲覧。 
  50. ^ a b キャスト”. マジすか学園5. 日本テレビ放送網 (2015年). 2017年1月21日閲覧。
  51. ^ 横山由依、入山杏奈らAKBグループ11名がヒロインに!『劇場霊』スピンオフドラマ放送決定”. マイナビニュース (2015年10月14日). 2015年10月26日閲覧。
  52. ^ 劇場霊からの招待状”. 「劇場霊」製作委員会. 2015年10月26日閲覧。
  53. ^ “高橋朱里が公園のトイレでキケンなかくれんぼ?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年2月24日). http://thetv.jp/news_detail/73051/ 2016年7月31日閲覧。 
  54. ^ AKBラブナイト 恋工場 第25話”. テレビ朝日. 2016年7月31日閲覧。
  55. ^ “原口あきまさ、芋洗坂係長、末吉くんが新AKB48ドラマ「キャバすか学園」出演”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2016年10月10日). http://natalie.mu/owarai/news/204852 2016年10月10日閲覧。 
  56. ^ 相関図”. キャバすか学園公式サイト. 日本テレビ放送網. 2016年11月13日閲覧。
  57. ^ 真紀和泉 (2017年4月11日). “【エンタがビタミン♪】AKB48高橋朱里、たかみながMC務める『ミライ☆モンスター』で新メンバーに”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2017/04/maki04102102.html 2017年10月30日閲覧。 
  58. ^ CBCラジオ番組サイト
  59. ^ “柏木由紀「“AKBの柏木由紀”をすべて捨てる」 『マジすか学園〜Lost In The SuperMarket〜』が開幕”. シアターガイド (モーニングデスク). (2016年7月26日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2016/07/26_06.php 2016年7月31日閲覧。 
  60. ^ “演出・衣装・振付を一新、AKB48高橋朱里主演「新☆雪のプリンセス」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年2月18日). https://natalie.mu/stage/news/269960 2018年2月18日閲覧。 
  61. ^ “AKB48高橋朱里、米原幸佑、小笠原健らで一新! 『新☆雪のプリンセス』開幕”. エンタステージ (ナノ・アソシエーション). (2018年2月21日). http://enterstage.jp/news/2018/02/009034.html 2018年2月22日閲覧。 

外部リンク[編集]