11月のアンクレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
11月のアンクレット
AKB48シングル
初出アルバム『僕たちは、あの日の夜明けを知っている
A面 11月のアンクレット
B面 サヨナラで終わるわけじゃない
思い出せてよかった
生きることに熱狂を!
微笑みの瞬間
野蛮な求愛
法定速度と優越感
予想外のストーリー
リリース
規格 シングル
音楽配信
ジャンル J-POP
時間
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
丸谷マナブ(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[2]
  • 2017年度年間3位(オリコン)[3]
  • 週間1位(Billboard Japan Hot 100
  • 2017年度年間39位(Billboard Japan Hot 100[4]
  • AKB48 シングル 年表
    #好きなんだ
    (2017年)
    11月のアンクレット
    (2017年)
    ジャーバージャ
    (2018年)
    ミュージックビデオ
    11月のアンクレット
    テンプレートを表示

    11月のアンクレット」(じゅういちがつのアンクレット)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。作詞は秋元康、作曲は丸谷マナブが担当した。2017年11月22日にAKB48のメジャー50作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1]。楽曲のセンターポジションは渡辺麻友が務めた。

    背景とリリース[編集]

    前作『#好きなんだ』から3か月ぶりで2017年4作目のシングル。Type A、Type B、Type C、Type D、Type Eのそれぞれ通常盤と初回限定盤のほか、劇場盤の計11形態で発売された。

    2017年末でのAKB48の卒業を控えた渡辺麻友が、シングル表題曲としては2014年の「希望的リフレイン」以来、3年ぶり6回目のセンターを務める[注 2]

    選抜メンバーの人数は、前作から12人多い28人であり、岡部麟小畑優奈SKE48)、田中美久HKT48)、瀧野由美子STU48)の4人がAKB48のシングル表題曲としては初めての選抜入りとなった。前作のメンバーからは惣田紗莉渚(SKE48)、高柳明音(SKE48)、古畑奈和(SKE48)、本間日陽(NGT48)の4人が選抜から外れた。入山杏奈小栗有以柏木由紀加藤玲奈小嶋真子峯岸みなみ向井地美音山本彩加(NMB48)、山本彩(NMB48)、兒玉遥(HKT48)、松岡はな(HKT48)、中井りか(NGT48)の12人が前々作『願いごとの持ち腐れ』以来の選抜復帰となった。

    北原里英、兒玉遥、渡辺麻友にとっては、本作が最後のAKB48の選抜入りシングル表題曲となった。

    楽曲のパフォーマンスの際には、山口百恵のオマージュである[6]、曲の最後にマイクを置いて客席に背を向ける演出がある[7]。『ミュージックステーション』(テレビ朝日)の通常放送回では、渡辺は同番組へのグループとしての出演が最後ではなかったことから、周りのメンバーにマイクを置くのを引き止められるという演出がなされた[8]

    2017年10月8日に幕張メッセで行われた『AKB48グループ感謝祭〜ランクインコンサート〜』で初披露され[7]、10月25日の生放送番組『CDTVスペシャル! ハロウィン音楽祭2017』(TBS)において初めてテレビで披露された[9]

    第68回NHK紅白歌合戦の歌唱曲目投票企画において本曲が1位となり、「視聴者が選んだ夢の紅白SPメドレー」3曲のうちの1曲として歌唱された[10]

    作曲は、渡辺がセンターポジションを務めた2014年の36thシングル表題曲「ラブラドール・レトリバー」と同じ丸谷マナブが担当している。曲のラストに卒業っぽい振り付けがあったり、シングル表題曲としては初めてソロパートをもらったり、「本当に最後のご褒美みたいな曲なので、すごく寂しいけどうれしかった」と渡辺は語る[11]

    カップリング曲として全タイプに、渡辺の卒業ソング「サヨナラで終わるわけじゃない」が収録されている。

    アートワーク[編集]

    ジャケット写真のメンバー[12]
    Type A・初回限定盤 柏木由紀・北原里英・指原莉乃・峯岸みなみ・渡辺麻友
    Type A・通常盤 渡辺麻友
    Type B・初回限定盤 岡田奈々・小栗有以・松岡はな・横山由依・吉田朱里
    Type B・通常盤 岡田奈々・柏木由紀・加藤玲奈・宮脇咲良
    Type C・初回限定盤 荻野由佳・小畑優奈・加藤玲奈・小嶋真子・兒玉遥・山本彩
    Type C・通常盤 荻野由佳・指原莉乃・峯岸みなみ・吉田朱里
    Type D・初回限定盤 入山杏奈・須田亜香里・高橋朱里・中井りか・宮脇咲良・山本彩加
    Type D・通常盤 白間美瑠・須田亜香里・高橋朱里・横山由依
    Type E・初回限定盤 岡部麟・白間美瑠・瀧野由美子・田中美久・松井珠理奈・向井地美音
    Type E・通常盤 北原里英・松井珠理奈・向井地美音・山本彩
    劇場盤 『11月のアンクレット』選抜メンバー28名

    アートワークは平野文子が手がけた[13]。初回限定盤ジャケットでは、黒の衣装に一人ひとり色の異なるカラータイツとヒールを着用しており、アーティスト写真および劇場盤ジャケットではそのタイツの色で虹のグラデーションを表現している[13]。通常盤ジャケットではメンバーの顔をクローズアップし、瞳に虹がかかる構図になっている[13]。虹の表現について平野は「この先の人生に虹色のすばらしいことが待っているように」との願いを込めたとしている[13]

    チャート成績[編集]

    2017年12月4日付のオリコン週間CDシングルランキングで初週109万5000枚を売り上げ、初登場1位となり、「シングルミリオン達成作品数」記録を31作連続、通算32作にそれぞれ更新した[2]。2017年のオリコン年間シングルランキングでは、3位となった[3]

    ミュージック・ビデオ[編集]

    11月のアンクレット
    「11月のアンクレット」のミュージック・ビデオ (MV) は2017年9月中旬の台風が接近するなかで撮影された[14]。渡辺の本来の姿ともいわれる天真爛漫さが発揮されており[15]、ペンキで鮮やかな虹を描いていく[14]。ラストシーンは、土砂降りの雨のなか先頭を走る渡辺を追いかけるようにメンバーが疾走する[14][16]。MV限定でコンドルズの振付によるダンスが披露されている[14]。監督はアートワークと同様に平野文子が担当した[16]
    サヨナラで終わるわけじゃない
    「サヨナラで終わるわけじゃない」のMVのテーマは「ゴシックホラー」で、由緒正しい洋館で撮影された[17]。箱庭的な世界観で生きる少女が大人に成長し、外の世界に旅立つという、渡辺の境遇と重ねた内容になっている[17]。監督は渡辺本人による指名により、高橋栄樹が担当した[17]

    メディアでの使用[編集]

    11月のアンクレット
    グリーGREE AKB48 ステージファイター』「AKB48に興味のない男 VS AKB48」のCMソング[18]
    イントロが『STU48のちりめんパーティー』(RCCラジオ)のジングルとして使用されている。

    シングル収録トラック[編集]

    Type A[編集]

    初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

    CD[19]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「11月のアンクレット」秋元康丸谷マナブAPAZZI
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない」(渡辺麻友 卒業ソング)秋元康岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    3.「思い出せてよかった」(STU48)秋元康Hiro HoashiHiro Hoashi
    4.「11月のアンクレット(off vocal ver.)」 丸谷マナブAPAZZI
    5.「サヨナラで終わるわけじゃない( off vocal ver.)」 岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    6.「思い出せてよかった(off vocal ver.)」 Hiro HoashiHiro Hoashi
    合計時間:
    DVD[19]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「11月のアンクレット Music Video」  平野文子
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない Music Video」  高橋栄樹
    3.「思い出せてよかった Music Video」  大野敏嗣

    Type B[編集]

    初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

    CD[20]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「11月のアンクレット」秋元康丸谷マナブAPAZZI
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない」(渡辺麻友 卒業ソング)秋元康岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    3.「生きることに熱狂を!」(Team 8)秋元康HiBiKiHiBiKi
    4.「11月のアンクレット(off vocal ver.)」 丸谷マナブAPAZZI
    5.「サヨナラで終わるわけじゃない(off vocal ver.)」 岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    6.「生きることに熱狂を!(off vocal ver.)」 HiBiKiHiBiKi
    合計時間:
    DVD[20]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「11月のアンクレット Music Video」  平野文子
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない Music Video」  高橋栄樹
    3.「生きることに熱狂を! Music Video」  瀬里義治

    Type C[編集]

    初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

    CD[21]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「11月のアンクレット」秋元康丸谷マナブAPAZZI
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない」(渡辺麻友 卒業ソング)秋元康岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    3.「微笑みの瞬間」(7秒後、君が好きになる。)秋元康中村泰輔中村泰輔
    4.「11月のアンクレット(off vocal ver.)」 丸谷マナブAPAZZI
    5.「サヨナラで終わるわけじゃない(off vocal ver.)」 岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    6.「微笑みの瞬間(off vocal ver.)」 中村泰輔中村泰輔
    合計時間:
    DVD[21]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「11月のアンクレット Music Video」  平野文子
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない Music Video」  高橋栄樹
    3.「微笑みの瞬間 Music Video」  野田智雄

    Type D[編集]

    初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

    CD[22]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「11月のアンクレット」秋元康丸谷マナブAPAZZI
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない」(渡辺麻友 卒業ソング)秋元康岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    3.「野蛮な求愛」(ダンス選抜)秋元康YASUSHI WATANABEYASUSHI WATANABE
    4.「11月のアンクレット(off vocal ver.)」 丸谷マナブAPAZZI
    5.「サヨナラで終わるわけじゃない(off vocal ver.)」 岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    6.「野蛮な求愛(off vocal ver.)」 YASUSHI WATANABEYASUSHI WATANABE
    合計時間:
    DVD[22]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「11月のアンクレット Music Video」  平野文子
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない Music Video」  高橋栄樹
    3.「野蛮な求愛 Music Video」  三石直和

    Type E[編集]

    初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

    CD[23]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「11月のアンクレット」秋元康丸谷マナブAPAZZI
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない」(渡辺麻友 卒業ソング)秋元康岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    3.「法定速度と優越感」(U-17選抜)秋元康横健介横健介
    4.「11月のアンクレット(off vocal ver.)」 丸谷マナブAPAZZI
    5.「サヨナラで終わるわけじゃない(off vocal ver.)」 岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    6.「法定速度と優越感(off vocal ver.)」 横健介横健介
    合計時間:
    DVD[23]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「11月のアンクレット Music Video」  平野文子
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない Music Video」  高橋栄樹
    3.「法定速度と優越感 Music Video」  ZUMI

    劇場盤[編集]

    CD[24]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「11月のアンクレット」秋元康丸谷マナブAPAZZI
    2.「サヨナラで終わるわけじゃない」(渡辺麻友 卒業ソング)秋元康岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    3.「予想外のストーリー」(ボーカル選抜)秋元康SHAKEY、わたなべしゅうじSHAKEY
    4.「11月のアンクレット(off vocal ver.)」 丸谷マナブAPAZZI
    5.「サヨナラで終わるわけじゃない(off vocal ver.)」 岩崎哲也Yasutaka.Ishio
    6.「予想外のストーリー(off vocal ver.)」 SHAKEY、わたなべしゅうじSHAKEY
    合計時間:

    選抜メンバー[編集]

    括弧内の数字は、選抜回数[注 3]。☆は、メディア選抜[25]

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 配信限定シングル『Baby! Baby! Baby!』を含む。インディーズシングルを含めると通算52作目。いずれの数字も、配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」と「掌が語ること」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
    2. ^ 単独としては「心のプラカード」以来4回目[5]
    3. ^ インディーズ・シングルは除く。
    4. ^ 姉妹グループ・STU48を兼任。
    5. ^ a b c 姉妹グループ・NGT48から選抜。
    6. ^ a b c 姉妹グループ・SKE48から選抜。
    7. ^ 姉妹グループ・NGT48を兼任。
    8. ^ a b 姉妹グループ・HKT48から選抜。AKB48を兼任。
    9. ^ 姉妹グループ・HKT48から選抜。STU48を兼任。
    10. ^ 姉妹グループ・NMB48から選抜。AKB48を兼任。
    11. ^ 姉妹グループ・STU48から選抜。
    12. ^ a b 姉妹グループ・HKT48から選抜。
    13. ^ a b c 姉妹グループ・NMB48から選抜。

    出典[編集]

    1. ^ ゴールドディスク認定 2017年12月”. 日本レコード協会. 2018年10月10日閲覧。
    2. ^ a b “【オリコン】AKB48、女性1位タイの通算37作首位 ミリオン記録更新でまゆゆ有終美”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2101326/full/ 2017年11月28日閲覧。 
    3. ^ a b 【第50回 オリコン年間ランキング 2017】嵐が総合売上5年連続首位、AKB48がシングル年間V8達成!”. ORICON NEWS (2017年12月23日). 2017年12月24日閲覧。
    4. ^ 【ビルボード】Charts, Billboard Japan Hot 100 Year End”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media (2017年). 2018年9月23日閲覧。
    5. ^ “まゆゆ「集大成を」AKB48卒業曲でセンター 11・22に50thシングル”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2097030/full/ 2017年9月19日閲覧。 
    6. ^ 渡辺麻友; 柏木由紀; 向井地美音; 小栗有以 (2017年11月22日). AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー. インタビュアー:犬飼華. Billboard JAPAN.. https://www.billboard-japan.com/special/detail/2154 2017年12月19日閲覧。 
    7. ^ a b “AKB48、まゆゆラストセンター曲初披露 マイクを置く演出に「緊張で動揺した」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2098647/full/ 2017年10月8日閲覧。 
    8. ^ 真紀和泉 (2017年11月25日). “【エンタがビタミン♪】渡辺麻友『Mステ』レギュラー放送最後の出演も“マイク”置けず 年末に向けて「頑張りたい」”. TechinsightJapan (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2017/11/maki11251526.html 2017年12月19日閲覧。 
    9. ^ 真紀和泉 (2017年10月28日). “【エンタがビタミン♪】渡辺麻友 AKB48卒業前に“さしまゆゆきりん”でアイドル誌の表紙飾る”. TechinsightJapan (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2017/10/maki10281723.html 2017年12月19日閲覧。 
    10. ^ “渡辺麻友、AKB48卒業で有終の美の涙 センター曲が視聴者投票1位<紅白本番/1位〜10位>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年12月31日). https://mdpr.jp/music/detail/1738031 2018年1月1日閲覧。 
    11. ^ 渡辺麻友; 柏木由紀; 指原莉乃 (2017年11月4日). あがいた時期を経てグループの顔に…盟友と振り返るAKB48の11年. (インタビュー). pp. 32-35. 『日経エンタティメント!』2017年12月号増刊. 2019年3月31日閲覧。
    12. ^ AKB48 2017aAKB48 2017bAKB48 2017cAKB48 2017dAKB48 2017eAKB48 2017f
    13. ^ a b c d “AKB48、カラフルな脚で虹を表現 50thシングル新ビジュアル公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2099785/full/ 2017年10月30日閲覧。 
    14. ^ a b c d “まゆゆ ラスト曲MVで天真爛漫さ全開 涙雨の中を全力疾走”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2099783/full/ 2017年10月30日閲覧。 
    15. ^ “”さよならまゆゆ” 渡辺麻友AKB48ラストシングルついにMVが解禁”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2017年10月30日). https://news.dwango.jp/idol/24773-1710 2017年10月30日閲覧。 
    16. ^ a b “渡辺麻友が豪雨すら楽しんだ、AKB48「11月のアンクレット」MV”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年10月30日). https://natalie.mu/music/news/254645 2017年10月30日閲覧。 
    17. ^ a b c “まゆゆの気品に目を奪われる…洋館撮影の卒業曲MV公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2099784/full/ 2017年10月30日閲覧。 
    18. ^ “AKB48川本紗矢が初センター AKB48ステージファイター選抜16名の特別劇場公演開催”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月24日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2099464 2017年10月30日閲覧。 
    19. ^ a b AKB48 2017a
    20. ^ a b AKB48 2017b
    21. ^ a b AKB48 2017c
    22. ^ a b AKB48 2017d
    23. ^ a b AKB48 2017e
    24. ^ AKB48 2017f
    25. ^ “AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」発売記念コラボ本日スタート! 〜 渡辺麻友 最後のセンター曲の「神の手」限定グッズが登場 〜” (プレスリリース), バリュープレス, (2017年11月22日), https://www.value-press.com/pressrelease/193301 2017年11月28日閲覧。 

    参考文献[編集]

    • AKB48 『11月のアンクレット』 Type A、キングレコード、2017年11月22日。KIZM-511/2。 
    • AKB48 『11月のアンクレット』 Type B、キングレコード、2017年11月22日。KIZM-513/4。 
    • AKB48 『11月のアンクレット』 Type C、キングレコード、2017年11月22日。KIZM-515/6。 
    • AKB48 『11月のアンクレット』 Type D、キングレコード、2017年11月22日。KIZM-517/8。 
    • AKB48 『11月のアンクレット』 Type E、キングレコード、2017年11月22日。KIZM-519-520。 
    • AKB48 『11月のアンクレット』 劇場盤、キングレコード、2017年11月22日。NMAX-1286。 

    外部リンク[編集]