田名部生来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たなべ みく
田名部 生来
プロフィール
愛称 たなみん
生年月日 1992年12月2日
現年齢 25歳
出身地 日本の旗 日本滋賀県近江八幡市
血液型 O型
公称サイズ(2016年[1]時点)
身長 / 体重 164 cm / kg
活動
デビュー 2007年4月8日
所属グループ AKB48
(チームB→チームK→チームB)
活動期間 2007年 - 2017年
アイドル: テンプレート - カテゴリ

田名部 生来(たなべ みく、1992年12月2日 - )は、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

滋賀県近江八幡市出身[2]。元AKS所属。元Mousa所属。

略歴[編集]

2006年

2007年

2009年

  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームKに異動することが発表され、2010年3月12日にチームKに異動した。

2010年

  • 3月25日に開催された『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演において、AKSからMousaへの移籍打診が発表され、4月22日に同社所属となったことがホームページにて発表された。
  • 9月21日に開催された『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』では12位で、メディア選抜入りを果たした。これが初の選抜入りとなる。

2011年

2012年

  • 3月2日、Google+秋元康の投稿においてぐぐたす選抜が発表され、ぐぐたす選抜入りを果たす。
  • 4月2日、自身初の冠番組となる『タナブ倶楽部deどうでしょう』が地元のびわ湖放送で放送開始される。
  • 8月6日、「滋賀県交通安全ふるさと大使」の任期が延長された(任期未定)[6]
  • 8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームBに異動することが発表された[7]
  • 11月1日、チームBに異動[8]

2013年

  • 5月24日、宝島社より『別冊タナブ島 田名部生来のオタクカルチャー大全 DVD付き』を出版[9]

2014年

  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では71位で、アップカミングガールズに選出された[10]。6回目の総選挙で初めて入選し、スピーチでは「ドッキリでしょうか」と土下座で感謝を伝えた[11]

2015年

  • 4月30日をもってMousaとの契約を終了し退社[12][13]
  • 5月2日、Google+の投稿においてAKSへの移籍を発表[14]

2016年

2017年

  • 4月8日にAKB48劇場で行われた『3期生10周年公演』で卒業を発表[16]。6月26日に卒業公演を行い[17]、7月23日の握手会が最後のイベントとなり、AKB48メンバーとしての活動を終了[18][19]

人物[編集]

AKB48[編集]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

神曲たち』に収録

  • 君と虹と太陽と

ここにいたこと』に収録

  • 僕にできること - 「チームK」名義
  • ここにいたこと

1830m』に収録

  • 家出の夜 - 「チームK」名義
  • 青空よ 寂しくないか?

次の足跡』に収録

  • 悲しき近距離恋愛 - 「Team B」名義

ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録

  • To goで - 「倉持TeamB」名義

0と1の間」に収録

  • ミュージックジャンキー - 「Team B」名義

その他参加曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

チームB 1st Stage「青春ガールズ」公演

  • ふしだらな夏

チームB 2nd Stage「会いたかった」公演

  • 渚のCHERRY

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演

  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 愛しきナターシャ

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームK 6th Stage「RESET」公演

梅田チームB ウェイティング公演

チームB 6th Stage「パジャマドライブ」公演

  • 鏡の中のジャンヌダルク(高城亜樹、橋本耀のアンダー)

田原総一朗「ド〜なる?!ド〜する?!AKB48」公演

チームB 7th Stage「ただいま 恋愛中」公演

  • 純愛のクレッシェンド

リバイバル公演「僕の太陽」公演

  • 僕とジュリエットとジェットコースター(阿部マリアのスタンバイ)

チーム4 4th Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 記憶のジレンマ(伊豆田莉奈のアンダー)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • AKB歌劇団「∞・Infinity」(2009年10月30日 - 11月8日、THEATRE G-ROSSO) - メイド 役
  • 時空警察ヴェッカーサイト(2011年2月24日 - 27日、渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール) - ナースミク役
  • エムキチビート第十廻公演「I was Light」(2012年4月18日 - 22日、シアターサンモール
  • 鉄道員 ぽっぽや(2013年2月7日 - 10日、日本橋公会堂) - 佳代 役
  • ユーキース・エンタテインメント第8回プロデュース作品『第1回園田英樹演劇祭』「五色ロケットえんぴつ」(2013年3月27日 - 4月4日、小劇場「楽園」)
  • 劇団コラソン第25回公演「オーマイガッ!」(2013年5月16日・18日・19日、タイニイアリス)
  • 独りぼっちの地球人 feat.ULTRASEVEN(2013年9月12 - 16日、SPACE107) - 市原ゆり子 役
  • エムキチビート第十二廻公演「黎明浪漫譚-れいめいロマンティック-」(2014年1月8日 - 12日、吉祥寺シアター) - 片岡ちひろとのダブルキャスト
  • UMANプロデュース公演 ブラックコメディSF「スタア」(2014年2月27日 - 3月2日、六行会ホール)
  • UMANプロデュース 小劇場シリーズ「やわらかい服を着て」(2014年7月10日 - 13日、TACCS1179
  • projectDREAMER2014 Vol.5「バディ・バディ・バディ・バディ」(2014年10月22日 - 26日、相鉄本多劇場) - 主演
  • projectDREAMER2014 Vol.6「LACK.」(2014年11月18日 - 20日・24日、小劇場 楽園)
  • projectDREAMER2015 vol.1「繋ぐ!」(2015年2月19日 - 22日、戸野廣浩司記念劇場) - 主演
  • FPadvance produce「バンクバンバンレッスンスン」(2015年9月2日 - 6日、千本桜ホール)
  • 劇団岸野組「伝六捕物帖 KOI/KATAKI」(2015年10月18日 - 25日、下北沢・本多劇場)

ラジオ[編集]

ゲーム[編集]

ネット配信[編集]

  • たなぶ捜査官、潜入せよ!(2012年4月6日 - 、東映MOBILE)[64]
  • 田名部生来の今週の一杯(2014年4月3日 - 、毎日スポニチ TAP-i AKB別冊)[65]
  • ヒデはフルスロットル!?(2014年6月6日 - 、グローブ・エンターブレインズ) - アシスタント[66]

イベント[編集]

  • 第1回「コジマPresents デジタルまんが祭りinうつのみや」(2011年5月28日、宇都宮市オリオンスクエア
  • 田名部生来の胸熱Night☆(2012年3月7日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
  • YATSUI FESTIVAL! 2014(2014年6月21日、TSUTAYA O-nest、DJ mnks(みんくそ)として出演)
  • AKB48 37thシングル選抜総選挙 71位記念イベント「田名部生来 大感謝祭〜感動! カンゲキ!! 乾杯!!!〜」(2014年6月23日 clubasia、7月3日 OSAKA MUSE)
  • 田名部生来 公式オフ会(仮)(2015年2月25日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターカフェ)

書籍[編集]

雑誌・新聞連載[編集]

カレンダー[編集]

  • 田名部生来 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 田名部生来 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 田名部生来 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

ムック[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ このインタビューでAKB48の一員としての夢として語っているびわ湖ホールでのコンサートは、同ホールで2011年8月29日に開催された「AKBがいっぱい〜SummerTour2011〜」(チームK公演)で実現している。
  2. ^ このうち京阪石山坂本線で運行されている編成についてはPLATZからNゲージスケールの組み立てキットとして模型化されている。 - 1/150 京阪600形「パト電」 ラッピング電車 田名部生来 (AKB48) 2輌セット - プラッツ
  3. ^ 2011年12月5日付の自身のブログでのファンからの質問への回答にて「165あるんではなかろーうかw公式どうりじゃないのは確か」と答えている。
  4. ^ 中田ちさと内田眞由美とともに出演。

出典[編集]

  1. ^ 酔っ払いオヤジ田名部生来が涙の女王!ビールかけだ - 日刊スポーツ(2016年10月11日)
  2. ^ a b 淡海の人 AKB48チームKメンバー 田名部生来さん - 滋賀県(2010年9月)2014年6月18日閲覧。[注 1]
  3. ^ 滋賀県交通安全ふるさと大使 田名部生来さん(AKB48 チームK) - 滋賀県 (2012年1月6日) 2012年9月12日閲覧。
  4. ^ AKB48 :仲谷と田名部が新ユニット「BABY GAMBA」を結成 「ガンバ」の衣装でダンスを披露 - まんたんウェブ(毎日新聞社)(2011年8月1日)
  5. ^ BABY GAMBA「ええじゃないか」2011年9月14日リリース決定!! - BABY GAMBA 公式サイト(エイベックス・マーケティング)(2011年8月1日)
  6. ^ ひゅーひゅー。 - 本人公式ブログ(2012年8月7日)2012年8月8日閲覧。
  7. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ(2012年8月24日)
  8. ^ AKB48新組閣発足は11月1日、ウェイティング公演も決定 - 音楽ナタリー(2012年10月8日)2015年8-30日閲覧。
  9. ^ a b c AKB48田名部生来「オタク大全」出版!「推しメンは殿馬」 - 音楽ナタリー(2013年5月25日)
  10. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  11. ^ 田名部生来71位「ドッキリでしょうか」 - 日刊スポーツ(2014年6月7日)
  12. ^ 田名部生来 契約終了のお知らせ - mousa-net 2015年5月5日閲覧。
  13. ^ AKB田名部生来 所属事務所を退社も芸能活動続行 - 東京スポーツ(2015年5月1日)
  14. ^ 今後の田名部ですが - 本人Google+ (2015年5月2日)
  15. ^ 田名部生来7代目女王「AKBやってきてよかった」 - 日刊スポーツ(2016年10月10日)
  16. ^ “AKB48田名部生来が3期生10周年を機に卒業「私らしく突き進みたい」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年4月8日). http://natalie.mu/music/news/228036 2017年4月9日閲覧。 
  17. ^ “田名部生来“AKB48卒業公演”に柏木由紀が感慨「3期はわたしが守る」”. エキサイトニュース. TechinsightJapan (エキサイト). (2017年6月27日). http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170627/Techinsight_20170627_397980.html 2017年8月6日閲覧。 
  18. ^ “田名部生来、6・26卒業公演「残り少ないAKB生活ですが、存分に楽しませていただきます」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年6月7日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170607-OHT1T50229.html 2017年6月7日閲覧。 
  19. ^ 田名部生来の卒業公演と伊豆田莉奈の壮行会公演につきまして”. AKB48オフィシャルブログ (2017年6月7日). 2017年8月6日閲覧。
  20. ^ メンバー情報 田名部 生来”. AKB48公式サイト. 2014年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月1日閲覧。
  21. ^ 最高の下見。 - 本人公式ブログ(2012年5月23日)
  22. ^ 4さいのふぁん - 本人Google+ (2013年5月25日)
    よりぬきみんくそ。 - 本人公式ブログ(2014年7月23日)
  23. ^ 田名部生来 AKB48名鑑”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2015年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月1日閲覧。
  24. ^ a b AKB48総選挙71位でファンに感謝の土下座を披露した田名部生来は、“アイドル界のあぶさん”だった!! - リアルライブ(2014年6月13日)
  25. ^ a b c AKB48「田名部生来」インタビュー「14歳になったらエヴァに乗ると思っていました」 - ダヴィンチNEWS(2014年8月26日)
  26. ^ AKB48・田名部生来さんの“オタク的”スマホ活用術=前編= - R25スマホ情報局(2014年3月21日)
  27. ^ クリスチーネ剛田。 - 本人公式ブログ(2011年4月25日)
  28. ^ 屋根の上のマンガ読み 第13回 田名部生来 - eBookJapan(2012年)2014年8月30日閲覧。
  29. ^ 大作家の心をつかんだAKB田名部 - 東京スポーツ(2012年9月25日)
  30. ^ AKB48・田名部生来、あえてお色気なしのガチコスプレを披露 - オリコン(2014年2月28日)
  31. ^ 松本零士、あこがれのヒロイン像は「怒らせれば世にも恐ろしい女」 - 映画.com(2013年8月31日)
  32. ^ 「誰が描いたか!?」 - ちばてつや公式ブログ(2011年5月28日)
  33. ^ 特撮大好きAKB48田名部、コスプレ姿で円谷プロ50周年をお祝い! - シネマトゥデイ(2013年4月13日)
  34. ^ 田名部生来(AKB48)の「タナミクラス」が、 AppBank Store 新宿でイベント&握手会開催! - AppBank(2013年10月12日)
    カプセル怪獣ミクラスとAKB48田名部生来さんのコラボキャラクター「タナミクラス」がアパレルブランド「HTML ZERO3」と大胆コラボレーション!オリジナルデザインTシャツ販売を開始! - 円谷ステーション(2014年6月26日)
  35. ^ AKB48田名部生来も潜入取材!「ショッカー人員募集」の適性検査を受けてみた - マイナビニュース(2013年5月28日)
    東映MOBILE - 東映 2014年9月1日閲覧。
  36. ^ AKBでは異例の仕事 田名部生来 5・7・5に思い乗せて - スポーツニッポン(2013年8月4日)
  37. ^ 神社萌え、寺萌え! - 本人Google+ (2012年2月5日)
  38. ^ 初DJ!。 - 本人公式ブログ(2013年9月10日)
  39. ^ 「やついフェス」にAKB田名部ら5組追加&タイムテーブル - 音楽ナタリー(2014年6月17日)
  40. ^ 【エンタがビタミン♪】AKB48・田名部生来が“ヴィレヴァン”の辞令でバイト見習いに。「これぞバイトAKB」 - Techinsight(2014年8月29日)
    ヴィレヴァン店内DJw - 本人Google+ (2014年8月25日)
  41. ^ AKB田名部なりたい「飲むドル」お酒を仕事にした~い - スポーツニッポン(2014年4月6日)
  42. ^ AKB48田名部生来がファンとランクインを祝って乾杯 - エンタメNEXT(2014年6月24日)
  43. ^ 「酒ドル」でブレーク狙うAKB田名部 - 東京スポーツ(2014年6月25日)
  44. ^ 「Topic Photos 近江鉄道「パトカー電車」運行」、『鉄道ピクトリアル』第864号、電気車研究会2012年7月、 112頁。
  45. ^ 「パト電」のラッピング電車の運行”. 京阪電気鉄道 大津鉄道部. 2013年6月13日閲覧。
  46. ^ タナブ倶楽部#6 銀座 - Mousa(2011年6月29日)
    協会案内 2013 - 2014 - 日本スポーツ吹矢協会(2013年7月)
  47. ^ わーい肉糞わーい。 - 本人公式ブログ(2011年8月26日)
  48. ^ 弟千代鳳の推しメンはAKB田名部生来 - 日刊スポーツ(2014年4月1日)
  49. ^ 全部もって~♪。 - 本人公式ブログ(2014年2月17日)
  50. ^ 九重部屋。 - 本人公式ブログ(2014年7月28日)
  51. ^ ロックお知らせお姉さんロック。 - 本人公式ブログ(2014年1月18日)
  52. ^ 髪型いっそきのこにしたい。 - 本人公式ブログ(2010年9月14日)
  53. ^ スーツにオールスターのスニーカー。 - 本人公式ブログ(2011年10月24日)
  54. ^ 髪形が愛しの水樹奈々さまみたいだと言われましたwはあはあ - 本人Google+ (2012年3月24日)
  55. ^ 6月9日ROCKみん! - 本人公式ブログ(2010年6月15日)
  56. ^ ヲタ4会\(^o^)/まゆゆ - 渡辺麻友公式ブログ(2011年1月5日)
  57. ^ ヲタ4\(^ o^)/まゆゆ - 渡辺麻友公式ブログ(2010年10月10日)
    なんてたってアニヲタモンスター。 - 本人公式ブログ(2010年10月10日)
  58. ^ 荊沢サラ(ばらざわ・さら)の幼馴染の姉および変身ヒロインのタナミンCの役でゲスト出演。甲州戦記サクライザー2014年4月アーカイブ
  59. ^ その他、第7回のじゃんけん大会の優勝記念として、冠番組となる特別企画の「たなみんSHOW!」が、2017年4月8日に放送(翌9日再放送)。
  60. ^ Angel - KuriharaLab
  61. ^ AEON LakeTown presents 中田ちさと(AKB48)のちさトーク 2014年6月5日、おに魂のブログ
  62. ^ AEON LakeTown presents 中田ちさと(AKB48)のちさトーク 2014年7月10日、おに魂のブログ
  63. ^ 田名部生来、2017年12月6日 13:19(JST)のツイート2017年12月6日閲覧。
  64. ^ たなぶ捜査官、潜入せよ!”. 東映MOBILE. 2014年6月13日閲覧。
  65. ^ スポニチtap-iさんで今週の一杯という連載が始まりました。”. 本人Google+ (2014年4月3日). 2014年8月22日閲覧。
    田名部生来の今週の一杯”. 毎日スポニチ TAP-i AKB別冊 (2014年4月3日). 2014年8月22日閲覧。
  66. ^ ヒデはフルスロットル!?”. グローブ・エンターブレインズ. 2014年6月13日閲覧。

外部リンク[編集]