さよならクロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さよならクロール
AKB48シングル
B面 バラの果実
イキルコト(Type A)
How come ?(Type K)
ロマンス拳銃(Type B)
ハステとワステ(Type B)
LOVE修行(劇場盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
渡辺和紀(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン[2]
  • 2013年5月度月間1位(オリコン)
  • 2013年度年間1位(オリコン)
  • 登場回数27回(オリコン)
AKB48 シングル 年表
So long !
(2013年)

【配信限定】
掌が語ること
(2013年)
さよならクロール
(2013年)
恋するフォーチュンクッキー
(2013年)
テンプレートを表示

さよならクロール」は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、渡辺和紀により作曲されている。2013年5月22日にAKB48のメジャー31作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1][3]。楽曲のセンターポジションは大島優子渡辺麻友板野友美島崎遥香の4人が務めた。

背景とリリース[ソースを編集]

楽曲のシングル盤は一般流通するType A・Type K・Type B[3]、および劇場盤が存在する。劇場盤以外にはそれぞれに初回限定盤と通常盤の2種があり、計7種類がリリースされている。特典として、劇場盤を含む7種類すべてに「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」の投票用シリアルナンバーカードが期間限定で封入されているほか、Type A、K、Bの6種類には蜷川実花撮影によるミニ写真集(Type-A・Type-K・Type-Bで各1種ずつ、計3種類)が封入されている。また、Type A、K、Bそれぞれの初回限定盤は通常盤とジャケットが異なり、週刊ヤングジャンプ2013年25号にもこれらとは別のジャケットが付録として付いている。劇場盤には総選挙投票シリアルナンバーのほかに特典として「劇場盤発売記念大握手会参加券+各メンバー個別生写真1枚」「各メンバー個別生写真2枚」のうちいずれかが封入されている。

キャッチコピーは「クロールできますか? あなたまで泳ぎたい」。

楽曲は2013年4月28日に日本武道館で開催された『AKB48グループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜』昼公演のアンコールで初披露された。テレビ番組では、同年4月30日に『火曜曲!』(TBS系列)で初披露された。

ミュージック・ビデオの監督およびジャケットの撮影は蜷川実花。また、「GIVE ME FIVE!」以来となるメイキング映像が収録される。ロケは2013年3月中旬に沖縄県で行われ、石垣市、アムスホテルズ カンナリゾートヴィラ(宜野座村)、沖縄美ら海水族館などで撮影された。

楽曲は「姉妹」がテーマの一つとなっている、MVに出てくる9組の姉妹は以下の通り。( )内はそれぞれの2人が考えた名前。

9組の姉妹

  • 大島優子×渡辺麻友(ぷりシス)
  • 板野友美×島崎遥香(ちんぱる)
  • 柏木由紀×矢倉楓子(フラワーズ)
  • 篠田麻里子×松井珠理奈(じゅりまり)
  • 高橋みなみ×山本彩(東西ハイセンサー)
  • 小嶋陽菜×入山杏奈(2回目シスターズ)
  • 横山由依×川栄李奈(横栄)
  • 松井玲奈×加藤玲奈(W玲奈ちゃん)
  • 指原莉乃×朝長美桜(ん〜はははシスターズ)

楽曲は江崎グリコ PaPiCO「相性診断パピコ」篇、「ホントにパピコを半分こ」篇のCMソングに起用された。

チャート成績[ソースを編集]

「さよならクロール」のシングルCDは、発売前日(集計初日)の2013年5月21日付オリコンデイリーシングルチャートで推定売上枚数約145万1000枚を記録し、初登場1位を記録した。これにより、集計初日のみでミリオンセラーを達成したほか、自身の「真夏のSounds good !」が2012年5月22日付で記録した約117万1000枚を抜き、集計初日における推定売上枚数の最高記録を更新した。シングルCDの初日のみでのミリオンセラー達成はAKB48にとって「真夏のSounds good !」以来5作ぶり、通算4作目となった[4]。初日での達成に限らない場合、AKB48のシングルのミリオンセラー達成は「桜の木になろう」から12作連続、通算では13作目となった[5]

その後、同年6月3日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。AKB48のシングルの1位獲得は「RIVER」から18作連続・通算18作目である。最終的な初動売上は約176万3000枚に達し、自身の「真夏のSounds good !」が記録していた週間シングルチャートにおける初動売上の歴代最高記録(約161万7000枚)を更新した。また、この売上によりAKB48のシングルの総売上は約2185万2000枚となり、浜崎あゆみが記録していた約2141万6000枚を抜き、女性アーティストにおけるシングルの総売上の最高記録を更新した[5]

翌週の6月10日付同チャートでは3位にランクインし、2週目の売上は約10万9000枚を記録した。これにより累積売上は約187万2000枚となり、「真夏のSounds good !」が記録した約182万2000枚を抜き、AKB48自身のシングルにおける最高売上枚数を更新した。さらに、SPEEDWhite Love」が記録していた約184万5000枚を抜き、女性グループのシングルにおける売上枚数の最高記録もまた更新した[6]。2016年10月現在、売り上げは195.5万枚に達しており、オリコン集計上では現時点でシングル・アルバム通してAKB48最大の売上を記録している。

オリコン年間シングルチャートでも1位を獲得し、AKB48は史上初のオリコン年間シングルチャート4連覇を達成した。

シングル収録トラック[ソースを編集]

Type A[ソースを編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「さよならクロール」 秋元康 渡辺和紀 武藤星児
2. 「バラの果実」(アンダーガールズ) 秋元康 和泉一弥 佐々木裕
3. 「イキルコト」(Team A) 秋元康 石井亮輔 野中“まさ”雄一
4. 「さよならクロール (off vocal ver.)」      
5. 「バラの果実 (off vocal ver.)」      
6. 「イキルコト (off vocal ver.)」      
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「さよならクロール」    
2. 「さよならクロール 〜水着ver.〜」    
3. 「バラの果実」    
4. 「イキルコト」    
5. 「Making of さよならクロール(前編)」    
6. 「特典映像 Type A『鉄拳パラパラ漫画 〜So long !〜』」    

Type K[ソースを編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「さよならクロール」 秋元康 渡辺和紀 武藤星児  
2. 「バラの果実」(アンダーガールズ) 秋元康 和泉一弥 佐々木裕  
3. 「How come ?」(Team K) 秋元康 バグベア バグベア
4. 「さよならクロール (off vocal ver.)」        
5. 「バラの果実 (off vocal ver.)」        
6. 「How come ? (off vocal ver.)」      
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「さよならクロール」    
2. 「さよならクロール 〜水着ver.〜」    
3. 「バラの果実」    
4. 「How come ?」    
5. 「Making of さよならクロール(後編)」    
6. 「特典映像 Type K『鉄拳パラパラ漫画 〜夢の河〜』」    

Type B[ソースを編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「さよならクロール」 秋元康 渡辺和紀 武藤星児  
2. 「バラの果実」(アンダーガールズ) 秋元康 和泉一弥 佐々木裕  
3. 「ロマンス拳銃」(Team B) 秋元康 藤末樹 藤末樹
4. 「ハステとワステ」(BKA48) 秋元康 福田貴訓 原田ナオ
5. 「さよならクロール (off vocal ver.)」        
6. 「バラの果実 (off vocal ver.)」        
7. 「ロマンス拳銃 (off vocal ver.)」      
8. 「ハステとワステ (off vocal ver.)」      
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「さよならクロール」    
2. 「さよならクロール 〜水着ver.〜」    
3. 「バラの果実」    
4. 「ロマンス拳銃」    
5. 「ハステとワステ」    
6. 「特典映像 Type B『鉄拳パラパラ漫画 〜ファースト・ラビット〜』」    

劇場盤[ソースを編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「さよならクロール」 秋元康 渡辺和紀 武藤星児  
2. 「バラの果実」(アンダーガールズ) 秋元康 和泉一弥 佐々木裕  
3. 「LOVE修行」(研究生) 秋元康 石井亮輔 野中“まさ”雄一
4. 「さよならクロール (off vocal ver.)」        
5. 「バラの果実 (off vocal ver.)」        
6. 「LOVE修行 (off vocal ver.)」      

選抜メンバー[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算33作目。いずれの数字も、配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
  2. ^ 発売当時、AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。
  3. ^ a b AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。
  4. ^ AKB48の姉妹グループ・HKT48とAKB48を兼任。
  5. ^ a b c d AKB48の姉妹グループ・HKT48から選抜。
  6. ^ 発売当時、AKB48の姉妹グループ・JKT48とAKB48を兼任。
  7. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48とAKB48を兼任。
  8. ^ 発売当時、AKB48の姉妹グループ・SNH48とAKB48を兼任。
  9. ^ 発売当時、AKB48の姉妹グループ・NMB48とAKB48を兼任。
  10. ^ a b AKB48の姉妹グループ・NMB48から選抜。
  11. ^ AKB48の姉妹グループ・NMB48とAKB48を兼任。

出典[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]