君はメロディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
君はメロディー
AKB48シングル
初出アルバム『サムネイル
B面 LALALAメッセージ
Gonna Jump(Type A)
しがみついた青春(Type B)
Make noise(Type C)
Maxとき315号(Type D)
混ざり合うもの(Type E)
M.T.に捧ぐ(劇場盤)
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
ジャンル J-POP
時間
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
you-me(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
AKB48 シングル 年表
唇にBe My Baby
(2015年)
君はメロディー
(2016年)
翼はいらない
(2016年)
ミュージックビデオ
君はメロディー
テンプレートを表示

君はメロディー」(きみはメロディー)は、日本女性アイドルグループAKB48の楽曲。作詞は秋元康、作曲はyou-me[12]、編曲は野中“まさ”雄一2016年3月9日にAKB48のメジャー43作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1]。楽曲のセンターポジションは宮脇咲良が務めた[13]

背景とリリース[編集]

前作「唇にBe My Baby」から約3か月ぶりのシングルで、AKB48の10周年記念シングル[5]。Type Aの初回限定盤と通常盤、Type Bの初回限定盤と通常盤、Type Cの初回限定盤と通常盤、Type Dの初回限定盤と通常盤、Type Eの初回限定盤と通常盤、劇場盤の11形態で発売された。キャッチコピーは「あの歌を口ずさんでしまうのは、まだ、君のことが好きだからだ」[14]。コンセプトは「あのレジェンドメンバーが、もし卒業していなかったら…」[15]

表題曲「君はメロディー」には、卒業メンバーの中から板野友美前田敦子篠田麻里子大島優子が参加している[16]。選抜メンバーは2015年12月15日に開催された『第5回AKB48紅白対抗歌合戦』にて発表された[17]。前作同様初選抜メンバー入りはなく、本作の(現役としての)選抜メンバーの前作からの変動は、向井地美音が「僕たちは戦わない」以来約10か月ぶりの選抜復帰に留まっている。高橋みなみ宮澤佐江はこのシングルが最後の選抜入りとなった。

「君はメロディー」は、2016年1月24日に開催された『AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト100 2016』最終日公演においてセンターが宮脇咲良であることが発表され、その場で前田・大島らOGメンバーおよび高橋が参加しない「現役バージョン」で初披露された[18]

2016年2月22日にNHK総合で放送された『MUSIC JAPAN』で「現役バージョン」で歌番組初披露[19]。3月11日にテレビ朝日で放送された『ミュージックステーション』でOGメンバーおよび高橋を加えた選抜メンバー全員が揃って初めて披露された[20]。同月25日に放送された『ミュージックステーション春の3時間スペシャル』では、選抜メンバー21名とOGメンバーである秋元才加河西智美川栄李奈を加えた24名で披露された[21]。なお、同月12日にNHK BSプレミアムで放送された『AKB48 SHOW!』ではフルコーラス披露されたが、現役メンバーのみの出演でOGメンバーおよび高橋は不参加だった[22]

2016年12月31日、『第67回NHK紅白歌合戦』では、番組内企画として視聴者の事前投票で国内AKB48グループ全メンバーから上位48名を選ぶ「AKB48 夢の紅白選抜」を実施、1位になった山本彩センターで同曲を披露した[23]

「LALALAメッセージ」はパッヘルベルカノンを思わせるメッセージ・ソング[24]

永遠プレッシャー」、「鈴懸なんちゃら」、「Green Flash」に続き、Type A・B・C・Dのカップリングには日本国内の各姉妹グループの楽曲が収録されている[25]。Type Dに収録された「Maxとき315号」は、NGT48にとって初のオリジナル曲である(替え歌を除く)[26]

Type Eには、カップリング曲として「混ざり合うもの」が乃木坂46とのコラボユニット「乃木坂AKB」名義で収録されている。同楽曲のセンターは小嶋陽菜[27]。楽曲公開後しばらく披露されることがなかったが、ともに2017年2月21日に開催されたAKB48『こじまつり〜前夜祭〜』(国立代々木競技場第一体育館)および乃木坂46『乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE』2日目公演(さいたまスーパーアリーナ)における同時中継でライブ初歌唱となった[28]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバーの割り振りは、下表のとおりである[25]。本作では、通常盤では裏面にメンバーは描かれていない。

初回限定盤 Type A・E 表 「君はメロディー」選抜メンバー21名
初回限定盤 Type A 裏 柏木由紀・指原莉乃・篠田麻里子・松井珠理奈
通常盤 Type A 表 大島優子・島崎遥香・前田敦子・松井珠理奈・宮脇咲良
初回限定盤 Type B 表 入山杏奈・柏木由紀・加藤玲奈・木﨑ゆりあ・北原里英・小嶋陽菜・指原莉乃・島崎遥香・松井珠理奈・峯岸みなみ・宮澤佐江・宮脇咲良・向井地美音・山本彩・横山由依・渡辺麻友
初回限定盤 Type B 裏 大島優子・宮澤佐江・向井地美音・山本彩
通常盤 Type B 表 高橋みなみ・向井地美音・山本彩・横山由依
初回限定盤 Type C 表 宮脇咲良
初回限定盤 Type C 裏 入山杏奈・前田敦子・宮脇咲良・渡辺麻友
通常盤 Type C 表 板野友美・木﨑ゆりあ・宮澤佐江・峯岸みなみ
初回限定盤 Type D 表 大島優子・前田敦子・宮脇咲良
初回限定盤 Type D 裏 板野友美・加藤玲奈・木﨑ゆりあ・北原里英・島崎遥香
通常盤 Type D 表 柏木由紀・北原里英・指原莉乃・渡辺麻友
初回限定盤 Type E 裏 小嶋陽菜・高橋みなみ・峯岸みなみ・横山由依
通常盤 Type E 表 入山杏奈・加藤玲奈・小嶋陽菜・篠田麻里子

チャート成績[編集]

「君はメロディー」のシングルCDは、2016年3月21日付のオリコン週間CDシングルランキング[5]、Billboard Japan Hot 100[3]、Billboard Japan Top Singles Sales[4]、2016年3月23日付のSUPER HITS SINGLE RANKINGで初登場1位を獲得した[6]。オリコン週間シングルランキングにおけるAKB48の1位獲得は30作連続、通算30作目となった[5]。初日推定売上は113万3179枚[29]、初週推定売上は123万7891枚を記録し[30]、初動のみでミリオンセラーを達成した[5]。AKB48のシングルのミリオンセラー達成は24作連続、通算25作目となった[5]。その後、2016年3月度のオリコン月間CDシングルランキングで推定売上127万6652枚を記録し、月間1位を獲得した[7]

ミュージック・ビデオ[編集]

君はメロディー
表題曲「君はメロディー」のミュージック・ビデオ(MV)は、『大奥』をテーマとし、メンバーが色鮮やかな着物姿を披露している[31]。ミュージック・ビデオには、AKB48のOGメンバーである板野友美・大島優子・篠田麻里子・前田敦子が出演している[32]。監督とビジュアルプロデュースは、蜷川実花が担当した[25]。同じく蜷川が手がけた「ヘビーローテーション」のMVのオマージュが取り入れられており、同曲MVを彷彿とさせる大島と前田のキスシーンがある[33]

メディアでの使用[編集]

君はメロディー
GYAO プレミアムGYAO!「『祝 高橋みなみ卒業“148.5cmの見た夢”in 横浜スタジアム』配信」のCMソング[34]
しがみついた青春
シーアールエヌ クラスモ「NMB48・理想のお部屋2016」篇、「NMB48がいるお部屋2016」篇CMソング[35]
Make noise
イオン九州「一の市」CMソング[36]
Maxとき315号
東日本旅客鉄道(JR東日本)新潟支社 TYO「ときめき、TYO」篇CMソング[37][38]
一正蒲鉾『減塩商品』CMソング[39]

シングル収録トラック[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

Type A[編集]

CD[40]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「君はメロディー」 秋元康 you-me 野中“まさ”雄一
2. 「LALALAメッセージ」(AKB48次世代選抜) 秋元康 近藤圭一 近藤圭一
3. 「Gonna Jump」(SKE48) 秋元康 シマダユウキ 野中“まさ”雄一
4. 「君はメロディー off vocal ver.」   you-me 野中“まさ”雄一
5. 「LALALAメッセージ off vocal ver.」   近藤圭一 近藤圭一
6. 「Gonna Jump off vocal ver.」   シマダユウキ 野中“まさ”雄一
合計時間:
DVD[40]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「君はメロディー Music Video」     蜷川実花
2. 「LALALAメッセージ Music Video」     後藤匠平
3. 「Gonna Jump Music Video」     瀬里義治
合計時間:

Type B[編集]

CD[41]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「君はメロディー」 秋元康 you-me 野中“まさ”雄一
2. 「LALALAメッセージ」(AKB48次世代選抜) 秋元康 近藤圭一 近藤圭一
3. 「しがみついた青春」(NMB48) 秋元康 外山大輔 武藤星児
4. 「君はメロディー off vocal ver.」   you-me 野中“まさ”雄一
5. 「LALALAメッセージ off vocal ver.」   近藤圭一 近藤圭一
6. 「しがみついた青春 off vocal ver.」   外山大輔 武藤星児
合計時間:
DVD[41]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「君はメロディー Music Video」     蜷川実花
2. 「LALALAメッセージ Music Video」     後藤匠平
3. 「しがみついた青春 Music Video」     大久保拓朗
合計時間:

Type C[編集]

CD[42]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「君はメロディー」 秋元康 you-me 野中“まさ”雄一
2. 「LALALAメッセージ」(AKB48次世代選抜) 秋元康 近藤圭一 近藤圭一
3. 「Make noise」(HKT48) 秋元康 外山大輔 佐々木裕
4. 「君はメロディー off vocal ver.」   you-me 野中“まさ”雄一
5. 「LALALAメッセージ off vocal ver.」   近藤圭一 近藤圭一
6. 「Make noise off vocal ver.」   外山大輔 佐々木裕
合計時間:
DVD[42]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「君はメロディー Music Video」     蜷川実花
2. 「LALALAメッセージ Music Video」     後藤匠平
3. 「Make noise Music Video」     Yu-ya Hara
合計時間:

Type D[編集]

CD[43]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「君はメロディー」 秋元康 you-me 野中“まさ”雄一
2. 「LALALAメッセージ」(AKB48次世代選抜) 秋元康 近藤圭一 近藤圭一
3. 「Maxとき315号」(NGT48) 秋元康 松本一也 松本一也
4. 「君はメロディー off vocal ver.」   you-me 野中“まさ”雄一
5. 「LALALAメッセージ off vocal ver.」   近藤圭一 近藤圭一
6. 「Maxとき315号 off vocal ver.」   松本一也 松本一也
合計時間:
DVD[43]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「君はメロディー Music Video」     蜷川実花
2. 「LALALAメッセージ Music Video」     後藤匠平
3. 「Maxとき315号 Music Video」     中村太洸
合計時間:

Type E[編集]

CD[44]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「君はメロディー」 秋元康 you-me 野中“まさ”雄一
2. 「LALALAメッセージ」(AKB48次世代選抜) 秋元康 近藤圭一 近藤圭一
3. 「混ざり合うもの」(乃木坂AKB) 秋元康 外山大輔、谷村庸平 若田部誠
4. 「君はメロディー off vocal ver.」   you-me 野中“まさ”雄一
5. 「LALALAメッセージ off vocal ver.」   近藤圭一 近藤圭一
6. 「混ざり合うもの off vocal ver.」   外山大輔、谷村庸平 若田部誠
合計時間:
DVD[44]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「君はメロディー Music Video」     蜷川実花
2. 「LALALAメッセージ Music Video」     後藤匠平
3. 「混ざり合うもの Music Video」     丸山健志
合計時間:

劇場盤[編集]

CD[45]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「君はメロディー」 秋元康 you-me 野中“まさ”雄一
2. 「LALALAメッセージ」(AKB48次世代選抜) 秋元康 近藤圭一 近藤圭一
3. 「M.T.に捧ぐ」(Team A) 秋元康 吉田博 吉田博  
4. 「君はメロディー off vocal ver.」   you-me 野中“まさ”雄一
5. 「LALALAメッセージ off vocal ver.」   近藤圭一 近藤圭一
6. 「M.T.に捧ぐ off vocal ver.」   吉田博 吉田博  

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算45作目。いずれの数字も、配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」と「掌が語ること」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
  2. ^ a b c d AKB48 卒業メンバーより参加。
  3. ^ 姉妹グループ・NGT48を兼任。
  4. ^ 姉妹グループ・NGT48から選抜。
  5. ^ 姉妹グループ・HKT48から選抜。HKT48劇場支配人を兼務。
  6. ^ 姉妹グループ・SKE48から選抜。
  7. ^ 姉妹グループ・SNH48から選抜。SKE48を兼任。
  8. ^ 姉妹グループ・HKT48から選抜。AKB48を兼任。
  9. ^ 姉妹グループ・NMB48から選抜。AKB48を兼任。

出典[編集]

  1. ^ 日本レコード協会 認定作品 2016年3月度認定作品を閲覧。 2016年3月10日閲覧。
  2. ^ J-POP最強カウントダウン50 2016/3/13(日) オンエア”. MUSIC ON! TV. エムオン・エンタテインメント (2016年3月13日). 2016年12月24日閲覧。
  3. ^ a b “AKB48「君はメロディー」、141.8万枚を売り上げ、ビルボード総合首位”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2016年3月). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/36168/2 2016年3月21日閲覧。 
  4. ^ a b “Billboard Japan Top Singles Sales 2016/03/21 付け”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2016年3月). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=sales&year=2016&month=03&day=21 2016年3月21日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f “【オリコン】AKB48、OG参加10周年記念曲1位 24作連続25作目ミリオン”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2068475/full/ 2016年3月15日閲覧。 
  6. ^ a b SUPER HITS SINGLE RANKING”. スペースシャワーTV. スペースシャワーネットワーク (2016年3月23日). 2016年3月23日閲覧。
  7. ^ a b 月間 CDシングルランキング 2016年03月度”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年4月). 2016年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  8. ^ 月間 CDシングルランキング 2016年04月度”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年5月). 2016年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  9. ^ “【ビルボード年間Hot100】大きく潮目の変わった2016年、AKB48「翼はいらない」が「前前前世」「恋」を抑え、辛くも首位獲得、AKB48からコメント到着”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年12月8日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/45080/2 2016年12月18日閲覧。 
  10. ^ “【ビルボード年間シングルセールス】女性アイドル強し、AKB48が上位4位を占めるほか乃木坂46もトップ10内に3曲チャートイン”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年12月8日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/45065/2 2016年12月24日閲覧。 
  11. ^ “【オリコン年間】AKB48、シングルV7達成 6年連続でTOP4独占”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2083531/full/ 2016年12月24日閲覧。 
  12. ^ Hideki Naruse Official Web Site 2016年8月22日閲覧。
  13. ^ “宮脇咲良(HKT48/AKB48)『Metamorphose -羽化-』”. 週プレNEWS (集英社). (2016年3月13日). http://wpb.shueisha.co.jp/2016/03/13/62252/?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter 2016年3月14日閲覧。 
  14. ^ AKB48 (2016年2月12日). “【MV】君はメロディー Short ver. / AKB48[公式]”. YouTube. 2016年3月12日閲覧。
  15. ^ “レジェンドメンバー参加のAKB48新曲 センターに宮脇咲良を抜擢”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年1月24日). http://news.dwango.jp/2016/01/24/73594/idol/ 2016年8月6日閲覧。 
  16. ^ “AKB48卒業生が「Mステ」集結! 現役メンバーと新曲コラボ”. ナタリー (ナターシャ). (2016年3月10日). http://natalie.mu/music/news/179393 2016年3月11日閲覧。 
  17. ^ “AKB48“ドリームチーム”結成 来春10周年シングルに前田・大島ら参加”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年12月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2063929/full/ 2016年4月26日閲覧。 
  18. ^ “AKB10周年記念曲センターは宮脇咲良 単独初に「緊張で死んじゃいそう」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年1月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2065816/full/ 2016年4月26日閲覧。 
  19. ^ 向井地美音 Google+(2016年2月21日)
  20. ^ “AKB48卒業生 前田・大島・篠田・板野が「Mステ」に集結”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2068306/full/ 2016年4月26日閲覧。 
  21. ^ “AKB卒業生がMステSPで再集結 秋元・河西・川栄も10周年記念曲に初参加”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2068964/full/ 2016年4月26日閲覧。 
  22. ^ NHK「AKB48 SHOW!」|これまでの放送|2016.03.12 OA #106”. 日本放送協会. 2016年3月28日閲覧。 ソング1の出演者を参照。
  23. ^ “AKB48、紅白選抜の"センター"披露 涙で歌唱<上位16名>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月31日). https://mdpr.jp/music/detail/1651132 2016年12月31日閲覧。 
  24. ^ AKB48 / 君はメロディー(Type A) [CD+DVD] [限定]”. CDJournal. 音楽出版社. 2017年2月21日閲覧。
  25. ^ a b c “AKB新曲アートワークも“ポップな大奥” 蜷川実花ワールド満開”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2066702/full/ 2016年2月22日閲覧。 
  26. ^ “NGT48×JR東日本の新CMが放映中!初のオリジナル楽曲がタイアップ”. TV LIFE (学研プラス). (2016年3月7日). http://www.tvlife.jp/entame/56963 2016年12月24日閲覧。 
  27. ^ 真紀和泉 (2016年2月22日). “【エンタがビタミン♪】こじはるセンター曲 乃木坂AKB『混ざり合うもの』MVが意味深”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2016/02/kojiharucenter-nogiakb-mazariaumono-21.html 2016年3月31日閲覧。 
  28. ^ ““乃木坂AKB”がライブ初歌唱 代々木とさいたまで生中継”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2086304/full/ 2017年2月21日閲覧。 
  29. ^ オリコンデイリー CDシングルランキング 2016年03月09日付”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年3月). 2016年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月9日閲覧。
  30. ^ オリコン週間 CDシングルランキング 2016年03月07日〜2016年03月13日”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年3月). 2016年3月20日閲覧。
  31. ^ “「君はメロディー」、初週売り上げ123万枚=ミリオン達成は25作目-AKB48”. 時事通信ニュース (時事通信社). (2016年3月15日). http://www.jiji.com/jc/ak?s=news&k=2016031400827 2016年3月20日閲覧。 
  32. ^ 松田涼花 (2016年2月25日). “【君はメロディー 発売!】MVにはAKB48・OGが登場 1年越しの「世代交代」は叶うか?”. T-SITEニュース (T-MEDIAホールディングス). http://top.tsite.jp/entertainment/idol/i/27744927/ 2016年3月25日閲覧。 
  33. ^ “AKB48 前田&大島ら参加“大奥風”MV公開 「ヘビロテ」彷彿キスシーンも”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2066700/full/ 2016年8月6日閲覧。 
  34. ^ 日本音楽著作権協会 J-WID 作品データベース検索サービス 作品コード:714-4139-5 君はメロディー
  35. ^ 2016年2月 - 新着情報”. 不動産仲介フランチャイズ「クラスモ」. シーアールエヌ (2016年2月). 2016年3月1日閲覧。
  36. ^ 日本音楽著作権協会 J-WID 作品データベース検索サービス 作品コード:714-5150-1 MAKE NOISE
  37. ^ “NGT48が春の上越新幹線CMに!東京へ旅立つ「ときめき感」瑞々しく演じる”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年3月4日). http://news.dwango.jp/2016/03/04/79971/idol/ 2016年3月4日閲覧。 
  38. ^ “NGT48とJR東日本がコラボレーション 上越新幹線の旅を応援します!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2016年3月4日), http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/20160304ngt48.pdf 2016年3月30日閲覧。 
  39. ^ TV CM ギャラリー”. 一正蒲鉾. 2016年12月24日閲覧。
  40. ^ a b AKB48 2016a
  41. ^ a b AKB48 2016b
  42. ^ a b AKB48 2016c
  43. ^ a b AKB48 2016d
  44. ^ a b AKB48 2016e
  45. ^ AKB48 2016f

参考文献[編集]

  • AKB48 『君はメロディー』Type A、キングレコード、2016年3月9日。KIZM-90413/4。ASIN B019EWU2J8
  • AKB48 『君はメロディー』Type B、キングレコード、2016年3月9日。KIZM-90415/6。ASIN B019EWU2MU
  • AKB48 『君はメロディー』Type C、キングレコード、2016年3月9日。KIZM-90417/8。ASIN B019EWU2KC
  • AKB48 『君はメロディー』Type D、キングレコード、2016年3月9日。KIZM-90419/20。ASIN B019EWU2QQ
  • AKB48 『君はメロディー』Type E、キングレコード、2016年3月9日。KIZM-90421/2。ASIN B019EWU3SS
  • AKB48 『君はメロディー』劇場盤、キングレコード、2016年3月9日。NMAX-1222。ASIN B01COJ6ASA

外部リンク[編集]

「君はメロディー」の調
A-flat-major f-minor.svg 変イ長調
(A)