Hi-STANDARD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hi-STANDARD
出身地 日本の旗 日本
ジャンル
活動期間
レーベル
事務所
公式サイト Hi-STANDARD | ハイスタンダード
メンバー
旧メンバー 松本敦彦(ボーカル)

Hi-STANDARD(ハイスタンダード)は、日本パンク・ロックバンドPIZZA OF DEATH RECORDS所属。略称はハイスタ

10-FEETMONGOL800SiMWANIMA04 Limited SazabysHEY-SMITH、SR622、等を始めとした現在のメロコアバンドへの影響を与えた。Hi-STANDARD主催の野外フェスAIR JAMはバンドが野外フェスを主催するきっかけとなり、10-FEETの京都大作戦、SiMのDEAD POP FESTIVAL、04 Limited SazabysのYON FES等に受け継がれている。

メンバー[編集]

難波章浩(なんば あきひろ、1970年6月9日 -)
ボーカル / ベース担当。TYÜNKなんばあきひろ&宇宙船地球号ULTRA BRAiN難波章浩-AKIHIRO NAMBA-NAMBA69
恒岡章(つねおか あきら、1971年6月1日 -)
ドラムス / コーラス担当。CUBISMO GRAFICO FIVELOW IQ & THE BEAT BREAKER磯部正文BANDチャットモンチー
横山健(よこやま けん、1969年10月1日 -)
ギター / コーラス担当。BBQ CHICKENSKen Yokoyama

来歴[編集]

1991年

結成時は別にボーカリスト松本敦彦がおり4人で活動していたが脱退。松本敦彦は脱退後SLIME FISHERというバンドに加入。いくつかのバンドを渡り歩き現在も精力的に活動中。

1994年

1995年

  • 11月1日、アルバム『GROWING UP』をリリース。海外盤を含めると70万枚を超えるセールスを記録。

1997年

1998年

1999年

ノータイアップ、最小限のメディア露出でありながらのミリオンヒットは当時としては異例の出来事だった。

2000年

2003年

2004年

  • 2月、横山が「Ken Yokoyama」としてバンド活動を開始。
  • 12月11日、スペースシャワーTVにて『祝15祭 スペシャプレミアムライブ15連発!Hi-STANDARD LIVE from AIR JAM 2000』が放送。4年ぶりに3人が顔を揃えてライヴを見た感想VTRが流れた。

2005年

  • 難波は音楽雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」のインタビューで、Hi-STANDARDの活動再開を示唆するも8月に「TYÜNK」「なんばあきひろ&宇宙船地球号」名義で2枚のソロ作品を発表し、翌年には「ULTRA BRAiN」を結成している。

2007年

  • 5月、難波はブログ「TYUNBLOG」にてPIZZA OF DEATH RECORDSへの警告文を記載。「Hi-STANDARDの原盤権を3等分しないなら、『MAKING THE ROAD』は廃盤にすべきだ。これは金の話ではなく、作品にこめた魂の話だ。」という内容であった。最終的には訴訟にならず話し合いにより原版権やグッズ販売の分配が行われている。

2008年

  • 難波と恒岡はwomb、翌年の大阪STUDIO PARTITAにてライブを行っている。

2009年

  • 横山と恒岡が難波の新作のレコーディングにギターとドラムでそれぞれ参加。

2010年

  • FUJI ROCK FESTIVAL 2010」に「Ken Yokoyama」と「難波章浩」が出演、それぞれのステージにて「STAY GOLD」を演奏する。

2011年

  • 3月、難波がライヴにて9月に横浜スタジアムでのフェス開催を発表する。
  • 4月26日、横山、難波、恒岡の3人がそれぞれのツイッターでほぼ同時に『9.18 ハイ・スタンダード AIR JAM。届け!!!』とつぶやき、3人揃った写真を掲載[3]
  • 5月13日、「AIR JAM 2011」の開催を正式に発表。
  • 9月18日、横浜スタジアムにて「AIR JAM 2011」を開催し活動再開。3万枚のチケットに22万の応募が殺到した。

2012年

2013年

  • 7月7日、10-FEET主催のフェス・京都大作戦に「NAMBA69」と「Ken Yokoyama」が出演。ラストの10-FEETのステージのアンコールで「Stay Gold」を10-FEETがカバーしていたが、演奏中に出番を終えていた難波と横山が乱入。2人はそれぞれ楽器をNAOKIとTAKUMAから受け取り、KOUICHIのドラムにのせて「Stay Gold」の続きを生演奏した。ステージ上で全員が大はしゃぎしTAKUMAはその後号泣していた。

2015年

  • 11月14日、BRAHMAN 20TH ANNIVERSARY LIVE「尽未来際」(幕張メッセ)に出演。
  • 11月23日、FAT WRECKED FOR 25 YEARS(幕張メッセ)に出演。
  • 12月6日、SLANG主催「POWER STOCK」(Zepp SAPPORO)に出演。

2016年

  • 10月5日、16年半ぶりとなるシングル『Another Starting Line』をリリース。一切の事前告知無しでのゲリラCDリリースであったにも関わらず、オリコンシングルチャートでは1位を獲得。事前告知なしの1位は史上初の事件となった。
  • 12月3日、1999年の『MAKING THE ROAD TOUR』以来17年ぶりとなる東北+新潟を回るショートツアー『GOOD JOB! RYAN TOUR 2016』もスタート予定。
  • 12月7日、カバー曲で構成された最新シングル『Vintage & New, Gift Shits』のリリース[4]
  • 12月23日、福岡 ヤフオク!ドームにて「AIR JAM 2016」を開催。

2017年

  • 5月7日、COMING KOBEにサプライズ出演。
  • 7月13日、東京・名古屋・大阪・福岡・仙台・札幌の街頭看板にて『MAKING THE ROAD』以来18年ぶりとなるNEWアルバム『THE GIFT』の発売が突如告知される。
  • 7月20日、公式アナウンスにて『THE GIFT TOUR』が発表される。ライブハウス公演に加え、Hi-STANDARD初となるアリーナ公演でのツアーの予定。
  • 10月4日、アルバム『THE GIFT』発売。同日に「AIR JAM2000」のハイスタのステージをノーカット収録したライブDVD『Live at AIR JAM 2000』を事前告知無しでゲリラリリース。アルバム・DVDともにオリコンチャート1位を獲得。

2018年

  • 3月〜7月 全国7都市にて写真展『TEPPEI KISHIDA × Hi-STANDARD 写真展 “SUNNY DAYS”』開催。
  • 4月10日 AIR JAM 2018開催を発表[5]
  • 6月6日 スプリットCD『Ken Yokoyama vs NAMBA69』リリース。これは難波のバンド(NAMBA69)と横山のバンド(Ken Yokoyama)がそれぞれ録り下ろした楽曲3曲ずつ計6曲が1枚のCDに録音されているというもの[6]
  • 7月19日 写真集『"SUNNY DAYS" Hi-STANDARD Photographs of TEPPEI KISHIDA』発売[7]
  • 9月4日 AIR JAM 2018に先駆けて『PRE-AIR JAM SHOW 18』と題したショウを新木場STUDIO COASTにて開催[8]。サポートアクトはSHADOWS
  • 9月9日 ZOZOマリンスタジアムにてAIR JAM 2018開催。同地でのAIR JAM開催はAIR JAM2000以来18年振り。
  • 9月19日 "THE GIFT EXTRA TOUR 2018"開催発表。12月に西日本を中心に6府県7公演の予定[9]
  • 11月10日 ドキュメンタリー映画『SOUNDS LIKE SHIT : the story of Hi-STANDARD』公開[10]

2020年

  • 4月22日 ドキュメンタリー映画『SOUNDS LIKE SHIT : the story of Hi-STANDARD』DVDを発売と同時にサブスクリプションサービスにて全音源の配信を開始。またサブスクリプションサービスのみで聴けるライブ音源、「Live at YOKOHAMA ARENA 20181222」をサプライズ配信。Spotifyのバイラルチャートでは「Stay Gold」が1位を獲得し、同チャートではトップ10には4曲がランクイン、50位以内に14曲がランクインするなどバイラルチャートを席巻。

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1996年9月1日 THE KIDS ARE ALRIGHT TFCC-88082
2nd 2000年4月5日 Love Is A Battlefield PZCA-2
3rd 2016年10月5日 Another Starting Line PZCA-79
4th 2016年12月7日 Vintage & New, Gift Shits PZCA-80 CDでゴールド認定[11]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 1994年6月30日
1997年2月21日
LAST OF SUNNY DAY PDCA-011
POD-001
2nd 1995年11月1日 GROWING UP TFCC-88067
3rd 1997年5月14日 ANGRY FIST TFCC-88096
4th 1999年6月30日 MAKING THE ROAD PZCA-1
5th 2017年10月4日 THE GIFT PZCA-81

レコード[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考
1994年9月 IN THE BRIGHTLY MOONLIGHT - アルバムとは別テイク
1995年11月1日 GROWING UP アルバムに同じ POD-003
1996年9月1日 THE KIDS ARE ALRIGHT シングルに同じ POD-005
1997年1月21日 I DON'T NEED TROUBLE BECAUSE OF...MONEY POD-008 (*)はアルバムとは別テイク
1997年5月14日 ANGRY FIST アルバムに同じ POD-009
2000年7月5日 MAKING THE ROAD アルバムに同じ PZJA-1
2000年8月2日 Love Is A Battlefield シングルに同じ PZJA-2

オムニバス[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考
1992年11月1日 TICKET COCA-10386 4人編成時のライブ音源を収録
アルバムと別テイク
1993年11月25日 BQ JAP UKCD-1054 ライブ音源を収録
1994年5月 底引重圧八割 PULL UP FROM THE UNDER GROUND 80% PULL-001 ライブ音源を収録
1995年4月 SOMEHOW IT DON'T BOTHER ME
-A TRIBUTE TO SNUFF II
SNUFF-012 英・SNUFFのトリビュート・コンピレーションEP
1995年4月21日 Hi-STANDARD / Legitime Defonce HG-027 仏・Legitime DefonceとのスプリットEP
1997年12月5日 WEIHNACHTEN STINKT! - 独・WIZOとのスプリットEP
1999年6月1日 SHORT MUSIC FOR SHORT PEOPLE FAT-591-1,2
1999年6月18日 WE LOVE BUTCHERS ZIKS-095
1999年11月26日 LONDON NITE 2 WINE-82018
2003年2月19日 HUNGRY FOR CARNAGE TFCC-86123
2006年6月14日 ROCK is LOFT
〜SHINJUKU LOFT 30th ANNIVERSARY〜
-Blue Disc-「日本語ロックの浸透と新しい波」
COCP-50925-6

Video/DVD[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 1996年8月1日
2002年5月22日
ATTACK FROM THE FAR EAST VHS
DVD
TFBQ-18027
2nd 1997年11月11日
2002年5月22日
ATTACK FROM THE FAR EAST 2 VHS
DVD
TFBQ-18028
3rd 2000年12月24日 AIR JAM 2000 VHS PZVA-1
4th 2012年2月22日 LIVE at AIR JAM 2011 DVD PZBA-6
5th 2013年9月11日 LIVE at AIR JAM 2012 DVD PZBA-8
6th 2017年10月04日 LIVE at AIR JAM 2000 DVD PZBA-11

その他[編集]

  • LIVE OPENING SE
GO FOR IT / STIFF LITTLE FINGERS
  • 1st DEMO TAPE(全日本語詞、1993年、カセットテープ)
  1. MAXIMUM OVERDRIVE
  2. HEAD OVER HEELS
  3. FACE TO FACE
  4. HEART & SOUL
  5. NO WAY
  6. FIND ME OUT
  7. FEEL SO GOOD
  8. SMILE
GROOVY CREW(short ver.)
  • 1995 SPECIAL EP... THIS IS NOT FOR SALE(非売品、1995年)
  1. KISS ME AGAIN
  2. WAIT FOR THE SUN

カバーした曲[編集]

タイアップ一覧[編集]

[注 1] 曲名 タイアップ 起用時期
1995年 GROWING UP フジテレビ系ドラマ『ガールズplus1』オープニング・テーマ 1996年
1999年 STAY GOLD ニッポン放送和田正人・五十嵐隼士のオールナイトニッポン0(ZERO)』オープニング・テーマ 2012年 - 2013年
WOWOW 連続ドラマWコールドケース 〜真実の扉〜』第8話 挿入歌 2016年

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 楽曲が起用された年ではなく、音源化された年で記載

出典[編集]

  1. ^ a b c Cornelius, David. Hi-Standard | Biography & History - オールミュージック. 2002年12月17日閲覧。
  2. ^ http://www.pizzaofdeath.com/column/ken/2014/01/vol84.html
  3. ^ 難波は、「AIR JAM2011」「自家発電の電源車での爆音保障」「ハイスタのコピーの練習しなきゃ」と発言、それに対する横山もツイッターで返信している
  4. ^ http://www.pizzaofdeath.com/news/2016/10/hi-standard_16_127_17/
  5. ^ 「Hi-STANDARD主催「AIR JAM 2018」、18年ぶりに千葉で開催決定」https://rockinon.com/news/detail/175075
  6. ^ https://www.pizzaofdeath.com/kenvsnamba/
  7. ^ https://tower.jp/article/feature_item/2018/07/17/3001
  8. ^ 「PRE-AIR JAM SHOW開催決定!」http://fan.pia.jp/pitpress/news/detail/78/
  9. ^ http://hi-standard.jp/news/595
  10. ^ 「Hi-STANDARD、11/10よりドキュメンタリー映画公開決定」https://rockinon.com/news/detail/179945
  11. ^ RIAJ 2017年1月度

外部リンク[編集]