テンプテーションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テンプテーションズ(1964年)

テンプテーションズThe Temptations)は、アメリカのソウル・コーラス・グループである。1960年代に「マイ・ガール[1]等のヒット曲を出した、モータウンを代表するグループの一つ。1989年ロックの殿堂入りを果たした。

テンプテーションズが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第68位にランクインしている。

リード・ヴォーカルのデヴィッド・ラフィンが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第65位にランクインしている。

略歴[編集]

結成当初、グループはキャバリアーズやプライムズを名乗っている。プライムズ当時でも、地元デトロイトでは、その綿密なパフォーマンスが評判になっていた[2]

1968年にデヴィッドが脱退し、デニス・エドワーズDennis Edwards)が加入。アルバム『クラウド・ナインCloud Nine)』(1969年)は、サイケ色を取り入れたサウンドと、社会派の歌詞を含む楽曲となった。1971年には「はかない想い」が全米1位となる。

1983年、デニス・エドワーズの後任としてアリ・オリー・ウッドソン(Ali Ollie Woodson、1951年9月12日- 2010年5月30日)がリード・シンガーに抜擢される。1984年発表のアルバム『トゥルーリー・フォー・ユー』から正式に参加し、ここに収録された「トリート・ハー・ライク・ア・レディー」を、共同作曲、共同プロデュースし、一躍注目される。1986年には、「レディー・ソウル」をソウル・チャートでヒットさせた。

  • 1990年代には、デヴィッド・ラフィン、エディ・ケンドリックスが死去した。
  • その後もメンバー・チェンジを繰り返し、1995年には、デビュー当時からのメンバーはオーティスだけとなってしまうが、現在もテンプテーションズの名前は引き継がれている。
  • 2013年第55回グラミー賞特別功労賞生涯業績賞を受けた。
  • 2018年2月1日、デニス・エドワーズが死去[3]

レガシーおよび影響[編集]

ベリー・ゴーディは自身の曲は全て白人、黒人共に等しく魅了することができると主張し、ゴーディが望む双方での成功を達成するためモータウンのアーティストを育てるのを助ける大規模な制作チームを雇った。モータウンの振付師チョリー・アトキンスはポール・ウィリアムズと共にテンプテーションズがステージで披露するトレードマークとなるべく明確で精力的な洗練されたダンス・ステップを考案した。最も有名な「テンプテーション・ウォーク」または「テンプテーション・ストラト」はフラミンゴスやヴァイブレーションズの類似したステップから採用され、アトキンスやウィリアムズが特徴的なステップを完成させた。

当時の他の類似したグループと同様、モータウンはアメリカレコード協会(RIAA)に加盟しておらず、独立して数千ものレコード店「マム&ポップ」や小さなラジオ局を通じて広く供給されていた。1977年にモータウンがRIAAに加盟するまで、テンプテーションズなどのモータウンのアーティストによるヒット・シングルはゴールドディスクおよびプラチナディスクに認定されなかった。

1960年代および1970年代、トランプス、トラベラーズ、マンハッタンズ、シャイライツ、パーラメンツドラマティックス、デルズ、スピナーズ、ソフトンズ、デルフォニックスダリル・ホール&ジョン・オーツ、モータウン所属のミラクルズ、フォー・トップス、モニターズ、グラディス・ナイト&ピップス、オリジナルズ、ジャクソン5、アンディスピューテッド・トゥルースなど数多くのソウル・グループがテンプテーションズから歌唱法、振付などで多大な影響を受けた。

テンプテーションズの楽曲は、リズム・アンド・ブルース歌手のオーティス・レディング("My Girl")、ボビー・ウーマック("I Wish It Would Rain")、ルーサー・ヴァンドロス("Since I Lost My Baby")から白人ソウル・レゲエ・バンドのレア・アース("Get Ready")、UB40("The Way You Do and The Things You Do")、ローリング・ストーンズ("My Girl", "Ain't Too Proud to Beg", "Just My Imagination")、ミック・ジャガーとレゲエ・アーティストピーター・トッシュのコラボ("Don't Look Back")まで、多くのミュージシャンからカバーされている。モータウンのファンク・ブラザーズは「"My Girl"」、「"Runnaway Child Running Wild"」、「"Papa Was a Rolling Stone"」をレコーディングした。ホール&オーツはデヴィッド・ラフィンおよびエディ・ケンドリックスとのライヴで「"My Girl"」、「"The Way You Do The Things You Do"」を演奏した。マーカス・ミラーは「"Papa Was a Rolling Stone"」をカバーした。イギリスのロック歌手ロッド・スチュワートは1971年に「"I'm Losing You"」をカバーし、1991年にシングル「"The Motown Song"」でテンプテーションズとコラボした。2017年、テンプテーションズとオーティス・ウィリアムズの当時の弟子とされたカイル・マックはマックのEP『Shaky Ground』に「"Treat Her Like a Lady"」のカバーを収録した他、2曲のテンプテーションズのカバーが収録された[4]

2004年、『ローリング・ストーン』誌は最高のアーティスト100組の67位にテンプテーションズをランクインさせた[5]。2005年、ミシガン州のロックンロール殿堂に投票により殿堂入りした[6]。2013年、グラミー賞特別功労賞を受賞した。2013年8月17日、テンプテーションズはクリーヴランド州立大学卒業式でR&B音楽の殿堂に殿堂入りした[7]

2018年、テンプテーションズのストーリーに着想を得たジュークボックス・ミュージカルエイント・トゥ・プラウド』が制作され、2019年3月にブロードウェイで開幕した。第73回トニー賞において11部門にノミネートされ、振付賞を受賞した。

代表曲[編集]

関連項目[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b http://www.songfacts.com/detail.php?id=1225
  2. ^ Williams and Romanowski (1988), pp. 26–30.
  3. ^ “Dennis Edwards, Former Temptations Lead Singer, Dies at 74”. ニューヨーク・タイムズ. (2018年2月2日). https://www.nytimes.com/2018/02/02/obituaries/dennis-edwards-former-temptations-lead-singer-dies-at-74.html 2018年2月3日閲覧。 
  4. ^ Roberts, Kimberly C.. “Sky's the limit for soul singer Kyle Maack” (英語). The Philadelphia Tribune. 2020年3月4日閲覧。
  5. ^ “The Immortals: The First Fifty”. Rolling Stone (946). オリジナルのMarch 16, 2006時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060316103016/http://www.rollingstone.com/news/story/5939214/the_immortals_the_first_fifty/ 2007年2月5日閲覧。. 
  6. ^ Michigan Rock and Roll Legends - TEMPTATIONS”. www.michiganrockandrolllegends.com. 2019年1月12日閲覧。
  7. ^ Inductees”. www.rbhof.com. 2021年10月30日閲覧。

外部リンク[編集]