デルフォニックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デルフォニックスThe Delfonics)はフィラデルフィア・ソウルのヴォーカル・グループ。1960年代後半と1970年代前半に活躍した。

ララは愛の言葉英語版』『Didn't I (Blow Your Mind This Time)』『Break Your Promise』『I'm Sorry』『Ready or Not Here I Come (Can't Hide from Love)』などが代表作である。トム・ベルと、グループのリーダーWilliam Hartがすべての楽曲を作曲した。

彼らの楽曲は映画でよく使用される。クエンティン・タランティーノの1997年映画『ジャッキー・ブラウン』では『ララは愛の言葉英語版』と『Didn't I Blow Your Mind』が使用され、パム・グリア演じる主人公たちの関係性を表すモチーフとなっている。

彼らの楽曲は、アレサ・フランクリン, ジャクソン5, パティ・ラベル, ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック, フージーズ, トッド・ラングレン, プリンス, スウィング・アウト・シスターマンハッタン・トランスファーといったミュージシャンにカバーされてきており、ヒップホップの分野でも広くサンプリングという形で広く親しまれている。

仕事[編集]

1960年代にフィラデルフィアの高校で出会った、WilliamとWilbertのHart兄弟, Ritchie Daniels, Randy Cainで結成。最初の録音は『He Don't Really Love You』で、Moon Shotレーベルで、1966年だった。Danielsはドラフトされ、脱退(1968年)。

カメオ(Cameo)・レーベルでプロデューサーのStan Watsonから若き天才トム・ベルを紹介された。ベルはそのころチャビー・チェッカーの曲を製作していた。カメオで"You've Been Untrue"を録音、小ヒットした。

デビュー・アルバム『La La Means I Love You』はWatsonのレーベルPhilly Grooveレコードから発売され『ララは愛の言葉』が1968年にスマッシュ・ヒット。100万枚以上売れ、ゴールド・アルバムとなる。[1] 以降数年間でベル制作アルバムをさらに四枚出した。『The Sound of Sexy Soul』『The Delfonics Super Hits』『The Delfonics』『Tell Me This Is a Dream』。"Didn't I (Blow Your Mind This Time)"はグラミー賞を受賞した。"(For The Love) I Gave To You", 後にジャクソン5フージーズがカバーした"Ready or Not Here I Come (Can't Hide from Love)","Hey Love"などもヒットした。

『ララは愛の言葉』以前に"He Don't Really Love You"を弱小レーベルMoonshotから1966年に出し、ヒットしていた。

トム・ベルは「最初に彼らとやったときはストリングスとかオーケストラを入れる金なんてまったくなくてさ、ほとんどの楽器を僕自身が演奏していたよ!!!」と振り返っている。

1968年以降の、フル・オーケストラを使った時代とは大変な違いである。[2]

"Didn't I (Blow Your Mind This Time)"もミリオンで、1970年にR.I.A.A.が「ゴールド・ディスク」認定。[1]

Randy Cainが1971年に脱退、1973年にBlue Magicを結成し、"Sideshow"がヒットした。替わりにMajor Harris が参加。

ベルはスタイリスティックススピナーズの制作に移り、デルフォニックスはアルバム『Alive & Kicking』をStan Watson製作で発表したが売れず、"Hey Love"、"When You Get Right Down to It", "I Don't Want To Make You Wait"、"I Told You So"などがわずかにヒットしたのち1975年以降は下降。"(For The Love) I Gave To You"という曲がラジオで人気だったが、シングル発売はなかった。ベル以降の曲を書いたのはWilliam Hart。

分裂[編集]

1975年前後にふたつのグループに分裂。

片方はMajorとWilbert,元FuturesのFrank Washingtonのグループ。(Major Harrisはソロで"Love Won't Let Me Wait"がヒット)。

他方はWilliamと新メンバーだった。

一時期は複数の「デルフォニックス」がツアーしていた。

Major HarrisはWilliamの「デルフォニックス」に引っ越し(1980)。Randy Cainが戻ってきたりまでした。[3] [4]

1980年代以降[編集]

1980年代、1990年代も演奏を続けた。

ウータン・クラン一派のラッパーゴーストフェイス・キラーの1996年のアルバム『Ironman』の"After the Smoke has Cleared"という曲に参加した。

ノトーリアスBIGは"Hey Love"を"Playa Hata"でサンプル(1997)。

1996年、ナズは"Walk Right Up To the Sun"のサビのメロディーを"If I Ruled the World"で使い、当時人気絶頂のフージーズローリン・ヒルが歌った。

ミッシー・エリオットティンバランドは"Ready Or Not Here I Come"をヒット曲"Sock it 2 Me"でサンプル。

ゴーストフェイス・キラーは"La La Means I Love You"を"Holla"で使用。

イージー・イー, ギャング・スター, Ed OGが"Trying To Make a Fool of Me"を使用。

2001年の映画『天使のくれた時間』の結婚式のシーンでニコラス・ケイジ扮する主人公が"La La Means I Love You"を歌った。

オリジナル・メンバー[編集]

1965年結成。the Four Gentsという名前だった。:

  • William Hart (1945年1月17日, ワシントン D.C.生まれ)
  • Wilbert Hart (1947年10月19日,フィラデルフィア生まれ)
  • Randy Cain (1945年5月22日~2009年4月9日)[5][6]

盤歴[編集]

スタジオ収録アルバム[編集]

題名 チャート[7] Record label
US US
R&B
1968 La La Means I Love You 100 15 Philly Groove
1969 en:Sound of Sexy Soul 155 8
1970 The Delfonics 61 4
1972 Tell Me This Is a Dream 123 15
1974 Alive & Kicking 205 34
1999 Forever New Volt
2013 Adrian Younge Presents the Delfonics Wax Poetics Records
"—" denotes the album failed to chart

編纂盤[編集]

題名 チャート[7] レーベル
US US
R&B
1969 Super Hits 111 7 Philly Groove
1990 Golden Classics Collectables
1997 La-La Means I Love You: The Definitive Collection Arista
1999 The Very Best of the Delfonics Audiophile
2003 Platinum & Gold Collection Arista
2005 Love Songs Legacy
"—" denotes the album failed to chart

シングル[編集]

題名 チャート[8][9]
US US
R&B
UK
1966 "He Don't Really Love You"/"Without You" Moon Shot 6703
1967 "You've Been Untrue"/"I Was There" Cameo-Parkway 472
1968 ララは愛の言葉英語版 "La-La (Means I Love You)"/"Can't Get Over Losing You" Philly Groove 150 4 2 19
"I'm Sorry"/"You're Gone" Philly Groove 151 42 15
"He Don't Really Love You" (re-release) 92 33
"Break Your Promise"/"Alfie" Philly Groove 152 35 12
"Ready or Not Here I Come (Can't Hide from Love)" (A-side) 35 14 41
1969 "Somebody Loves You" (B-side) 72 41
"Funny Feeling"/"My New Love" Philly Groove 156 94 48
"You Got Yours and I'll Get Mine"/"Loving Him" Philly Groove 157 40 6
1970 "Didn't I (Blow Your Mind This Time)"/"Down Is Up, Up Is Down" Philly Groove 161 10 3 22
"Trying to Make a Fool of Me"/"Baby I Love You" Philly Groove 162 40 8
"When You Get Right Down to It"/"I Gave To You" Philly Groove 163 53 12
1971 "Hey! Love" (A-side) 52 17
"Over and Over" (B-side) 58 9
"Walk Right Up To the Sun"/"Round And Round" Philly Groove 169 81 13
1972 "Tell Me This Is A Dream"/"I'm A Man" Philly Groove 172 86 15
1973 "Think It Over" 101 47
"I Don't Want to Make You Wait"/"Baby I Miss You" Philly Groove 176 91 22
"Alfie"/"Start All Over Again" Philly Groove 177 88
1974 "I Told You So" 101 26
"Lying to Myself"/"Hey Baby" Philly Groove 184 60
"—" チャートインできなかった

参照[編集]

  1. ^ a b Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. p. 238 & 278. ISBN 0-214-20512-6. 
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2009年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月25日閲覧。
  3. ^ Soulful Detroit: The Delfonics”. Faac.us. 2012年11月14日閲覧。
  4. ^ 【La】The Delfonics デルフォニクス【La】”. Music8.2ch.net. 2012年11月14日閲覧。
  5. ^ Gross, Dan (2009年4月11日). “Delfonics singer Randy Cain Dies at 63”. Philadelphia Daily News. p. 1. オリジナル2009年4月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090415122029/http://www.philly.com/philly/blogs/phillygossip/Delfonics_singer_Randy_Cain_dies_at_63.html 2009年4月11日閲覧。 
  6. ^ Doc Rock. “The Dead Rock Stars Club 2009 January to June”. Thedeadrockstarsclub.com. 2012年11月13日閲覧。
  7. ^ a b US Albums Charts > The Delfonics”. Allmusic. 2010年1月14日閲覧。
  8. ^ US Singles Charts > The Delfonics”. Allmusic. 2010年1月14日閲覧。
  9. ^ UK Charts > The Delfonics”. The Official Charts Company. 2010年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]