ローラ・ニーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローラ・ニーロ
出生名 Laura Nigro
生誕 1947年10月18日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨークブロンクス
死没 (1997-04-08) 1997年4月8日(49歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネチカット州ダンベリー
ジャンル ブルー・アイド・ソウル
ポップ・ミュージック
職業 歌手シンガーソングライター
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1966年 - 1993年
(レコード・リリース)
公式サイト Laura Nyro
Official Home Page

ローラ・ニーロLaura Nyro、本名 Laura Nigro1947年10月18日 - 1997年4月8日)は、アメリカ女性シンガーソングライター

1966年に10代でデビュー。1968年から1970年代初頭にかけて「ウェディング・ベル・ブルース」、「ストーンド・ソウル・ピクニック」、「スウィート・ブラインドネス」(以上、フィフス・ディメンション)、「And When I Die」(ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ)、「イーライがやって来る」(スリー・ドッグ・ナイト)、「ストーニィ・エンド」(バーブラ・ストライサンド)などがたて続けにカバーされ、それらはいずれもヒットした。しかし皮肉なことにニーロ自身の最大のヒット曲は、ドリフターズの「アップ・オン・ザ・ルーフ」のカバーであった。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において94位にランクインした[1]

2012年に、ロックの殿堂入りを果たした。

経歴[編集]

ニューヨークブロンクスに生まれる。父親のルイス・ニグロはピアノの調律師とジャズ・トランペッターを兼ねていた。母親のギルダ・ニグロは簿記係を務めていた。ニーロはロシア系ユダヤ人、ポーランド系ユダヤ人、イタリア系の血筋を引いている[2]。ジャズ・トランペッターの父とクラシック愛好家の母の影響で、幼い頃から音楽に親しむ。ジャズゴスペルはもとより、カーティス・メイフィールドなどの黒人R&Bアーティスト達や、ダスティ・スプリングフィールドなどの影響を強く受けた。

14歳の時に近所のプエルトリコ人の少年達とドゥ・ワップのグループを結成し、ストリートで歌い始める。ハイスクール時代にはニーナ・シモンマーサ&ザ・ヴァンデラスなどの黒人音楽、ボブ・ディランなどのフォークに傾倒、この頃から作曲も始める。卒業後、自作曲を持ってレコード会社への売り込みを始める。1966年、「And When I Die」をピーター・ポール&マリーに売ったのが最初の仕事となった(『The Peter, Paul and Mary Album』に収録)。

1966年9月17日、シングル「ウェディング・ベル・ブルース」でデビュー(レーベルはヴァーヴ・フォークウェイズ[3]。大型新人として期待されたがセールスは伸びず、翌年1967年1月に発表したファースト・アルバム『ファースト・ソングス(More Than a New Discovery)』も売れ行きは芳しくなかった。同年6月、モントレー・ポップ・フェスティバルに出演。

デヴィッド・ゲフィンがマネージャーとなる。ゲフィンはコロムビア・レコードクライヴ・デイヴィスと交渉、ニーロはコロムビアとレコーディング契約を結ぶ。

1968年3月にセカンド・アルバム『イーライと13番目の懺悔』をリリース。ここからフィフス・ディメンションが「ストーンド・ソウル・ピクニック」、「スウィート・ブラインドネス」をカバーしてヒットさせたことから、ソングライターとしての注目が集まり、アーティストとしての活動にも軌道が乗り始める。

1971年10月ベトナム戦争の退役軍人のデヴィッド・ビアンチーニと結婚[4]。同年11月17日、5作目のアルバムゴナ・テイク・ア・ミラクルを発表。まだ24歳であったが、まもなくして音楽界からの引退を宣言する。

5年後の1976年、ジャズ的な要素を取り入れたアルバム『スマイル』で復帰し、1978年以後はおよそ5年に1枚のペースでアルバムを発表していった。

ビアンチーニと離婚したのち、1980年代の初めから画家のマリア・デシデリオ(1954年 - 1999年)と暮らし始めた[5][6]。1997年4月8日、コネチカット州ダンベリーの自宅で、息子ジルとデシデリオに見守られながら卵巣癌のため死去。49歳没。

カバーされた主な作品[編集]

ディスコグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ The Divine Miss N – An Essay by Peter Rocheleau”. earthLink.net. 2005年2月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月29日閲覧。
  3. ^ 45cat - Laura Nyro - Wedding Bell Blues / Stoney End - Verve Folkways - USA - KF 5024
  4. ^ Lawson, Dawn. "Nyro, Laura", American National Biography Online June 2000 Update. Retrieved May 17, 2016.
  5. ^ Connecticut Department of Health. Connecticut Death Index, 1949–2001 database on-line. Provo, UT, USA: The Generations Network, Inc., 2003.
  6. ^ Sontag, Deborah (1997年10月26日). “POP/JAZZ; An Enigma Wrapped in Songs”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1997/10/26/arts/pop-jazz-an-enigma-wrapped-in-songs.html?mcubz=3 2017年9月26日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]