ローラ・ニーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローラ・ニーロ
出生名 Laura Nigro
出生 1947年10月18日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨークブロンクス
死没 1997年4月8日(満49歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州ダンベリー
ジャンル ブルー・アイド・ソウル
ポップ・ミュージック
職業 歌手シンガーソングライター
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1966年 - 1993年
(レコード・リリース)
公式サイト Laura Nyro
Official Home Page

ローラ・ニーロLaura Nyro,本名 Laura Nigro1947年10月18日 - 1997年4月8日)は、アメリカ女性シンガーソングライターニューヨークブロンクス生まれ。

ローラはパフォーマー(歌手)という面よりも、ソングライターとして良く知られており、代表曲にはブラッド・スウェット・アンド・ティアーズによってヒットした “And When I Die”バーブラ・ストライサンドによってカヴァーされた “Stoney End”フィフス・ディメンションによってカヴァーされた“Wedding Bell Blues”“Stoned Soul Picnic”“Sweet Blindness”“Save the Country” 、そしてスリー・ドッグ・ナイトのヒットナンバー “Eli's Coming” 、さらには、フランク・シナトラがカヴァーした “Emmie” などがある。しかし皮肉なことに、ローラ自身の最大のヒット曲は、キャロル・キングジェリー・ゴフィンのカヴァーによる “Up on the Roof” である。

音楽性には、幼い頃から親しんだジャズゴスペルはもとより、カーティス・メイフィールドなどのソウルフルな黒人R&Bアーティスト達や、ダスティ・スプリングフィールドなどの影響を強く受けた、ブルー・アイド・ソウルである。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第94位[1]

2012年に、ロックの殿堂入りを果たした。

プロフィール[編集]

イタリアユダヤ人の家庭に生まれる。ジャズ・トランペッターの父とクラシック愛好家の母の影響で、幼い頃から音楽に親しむ。

14歳の時に近所のプエルトリコ人の少年達とドゥ・ワップのグループを結成し、ストリートで歌い始める。ハイスクール時代にはニーナ・シモンマーサ&ザ・ヴァンデラスなどの黒人音楽、ボブ・ディランなどのフォークに傾倒、この頃から作曲も始める。卒業後、自作曲を持ってレコード会社への売り込みを始め、1966年、ヴァーヴ・フォークウェイズからシングル“Wedding Bells Blues”でデビュー。大型新人として期待されたがセールスは伸びず、翌年発表した1stアルバム“More Than A New Discovery”も売れ行きは芳しくなかった。

1968年CBSへ移籍し、同年2ndアルバム『イーライと13番目の懺悔』“Eli and the Thirteenth Confession”)をリリース。ここからフィフス・ディメンションが“Stoned Soul Picnic”“Sweet Blindness”をカバーしてヒットしたことから、ソングライターとしての注目が集まり、アーティストとしての活動にも軌道が乗り始める。

1971年、24歳のときに音楽界からの引退を宣言するが、その5年後にはジャズ的な要素を取り入れたアルバム“Smile”で復帰し、1978年以後はおよそ5年に1枚のペースでアルバムを発表していった。

1997年4月8日、コネチカット州ダンベリーの自宅で、息子ジルと彼女の生活上のパートナー、マリア・デシデリオに見守られながら卵巣癌のため死去。49歳だった。

ディスコグラフィ[編集]

  • ファースト・ソングス More Than a New Discovery (1967年)
  • イーライと13番目の懺悔 Eli and the Thirteenth Confession (1968年)
  • ニューヨーク・テンダベリー New York Tendaberry (1969年)
  • 魂の叫び Christmas and the Beads of Sweat (1970年)
  • ゴナ・テイク・ア・ミラクル Gonna Take a Miracle (1971年)
  • スマイル Smile (1976年)
  • 光の季節 Season of Lights (1977年)
  • 愛の営み Nested (1978年)
  • マザース・スピリチュアル Mother's Spiritual (1984年)
  • ライヴ・アット・ザ・ボトム・ライン Laura: Live at the Bottom Line (1989年)
  • 抱擁〜犬の散歩はお願いね、そして明かりはつけておいて Walk the Dog and Light the Light (1993年)
  • Live From Mountain Stage (2000年)*1990年ライブ
  • エンジェル・イン・ザ・ダーク Angel in the Dark (2001年)
  • ライヴ:ザ・ルームズ・ディザイア Live: The Loom's Desire (2001年)*1993~4年ライブ
  • ローラ・ニーロ・ライヴ・イン・ジャパン 1994 An Evening With Laura Nyro: Live in Japan (2003年)*1994年ライブ
  • 飛翔 Spread Your Wings and Fly: Live at the Fillmore East May 30, 1971 (2001年)*1971年ライブ

脚注[編集]

  1. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]