天使のくれた時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天使のくれた時間
The Family Man
監督 ブレット・ラトナー
脚本 デヴィッド・ダイアモンド
デヴィッド・ウェイスマン
製作 マーク・エイブラハム
トニー・ルドウィグ
アラン・リッシュ
製作総指揮 アーミアン・バーンスタイン
トーマス・A・ブリス
アンドリュー・Z・デイヴィス
出演者 ニコラス・ケイジ
ティア・レオーニ
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 ダンテ・スピノッティ
編集 マーク・ヘルフリッチ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年12月12日
日本の旗 2001年4月28日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $124,745,083[1]
テンプレートを表示

天使のくれた時間』(てんしのくれたじかん、原題:The Family Man)は、2000年製作のアメリカ映画ブレット・ラトナー監督が、『素晴らしき哉、人生!』をモチーフに「もしあの時、違う道を選んでいたら?」をテーマに描いたファンタジー映画。2000年度のサターンファンタジー映画賞にノミネートされ、ケイト・レイノルズ役のティア・レオーニサターン主演女優賞を受賞している。

ストーリー[編集]

13年前(1987年)の空港にて、何かの予感を感じ「ロンドン行きは考え直して」と引き留める恋人のケイトを振り切って、仕事で成功するためにロンドン研修に旅立ったジャック。その結果2人は別れてしまい、現在(2000年)のジャックは、ニューヨークウォール街で成功し、大手金融会社社長として優雅な独身生活を満喫し、女性とも浮名を流す人物となっていた。クリスマスイヴも幹部を招集し企業合併の会議をし、家族もなく夜も一人で過ごす彼は、ふと立ち寄ったスーパーで強盗まがいのことをしていた不思議な黒人青年キャッシュと出会う。ジャックは命からがらその場はおさめ、そしてキャッシュにも優しい言葉をかけた。その夜、豪華な高層マンションの自宅で眠りに入った彼は、翌朝起きると、自分が見知らぬ庶民的な家のベッドにいることに気付く。隣には13年前に別れたはずのケイトが寝ており、そして2人の子供までがいた。慌ててニューヨークの高級マンション・会社のオフィスに向かうが、ジャックの形跡は完全に消えていた。頭を抱えるジャックに再びキャッシュが現れ「煌きを見せている、答えは自分で探せ」と告げる、キャッシュは天使だった。ここはジャックが海外研修を中止して、そのままケイトと結婚して片田舎の街で庶民的な暮らしを続けている「もしもの世界」だった。唯一ジャックの異変に気が付いた娘のアニーの協力のもと「もしもの世界」に馴染もうとするが、今の勤め先のタイヤ店で、元の世界で務めていた金融会社の会長に再会したのことをキッカケに、ニューヨークの大手金融会社に転職しょうとする。これはジャックが家族にリッチな都会暮らしを送らせたい為だったが、ケイトはそれを望んではいなかった。ケイトのジャックに対する気持ちを理解して、愛する家族とこのまま暮らしていくことを決めた日、三度キャッシュが現れ「煌きは永遠には続かない」と告げる。 元の世界に戻ってしまい、家族を失ったジャックは、企業買収のトラブルのなか、元の世界のケイトを訪ねる。ケイトは未婚のやり手弁護士としてパリの支店に移住する寸前だった。もしもの記憶を共有せずそっけないケイトを空港の搭乗口で引き留める、13年前と逆の状況になったジャックは「もしもの世界」でのケイトと子供たちのことを語った。ケイトは飛行機に乗るのを辞めた。そして雪の降るクリスマスイヴの空港のカフェに、楽し気に会話をするジャックとケイトがいた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジャック・キャンベル ニコラス・ケイジ 大塚明夫
ケイト・レイノルズ ティア・レオーニ 田中敦子
キャッシュ・マネー ドン・チードル 高木渉
アーニー ジェレミー・ピヴェン 坂東尚樹
アニー・キャンベル マッケンジー・ヴェガ 川田妙子
アラン・ミンツ ソウル・ルビネック 神谷和夫
ピーター・ラシッター ジョセフ・ソマー 北村弘一

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Family Man”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]