スプリームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スプリームス
The Supremes 1966.JPG
基本情報
別名 ザ・プライメッツ
ダイアナ・ロス&スプリームス
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト
ジャンル ポップR&Bソウルサイケデリック・ソウルモータウンドゥーワップディスコ
活動期間 1959年 - 1977年
レーベル Lu Pine(プライメッツ)
モータウン(スプリームス)
共同作業者 テンプテーションズフォー・トップスマーヴェレッツ
旧メンバー フローレンス・バラード
ダイアナ・ロス
メアリー・ウィルソン
ベティ・マグロウン
バーバラ・マーティン
シンディ・バードソング
ジーン・テレル
リンダ・ロウレンス
シェリー・ペイン
スーゼイ・グリーン

ザ・スプリームス(The Supremes)は、アメリカ黒人系女性ボーカル・グループ1959年結成、1977年解散。長い活動期間の中で所属レコード会社や音楽性は何度か変わっているが、その全盛期は1964年から1969年までである。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第96位。

日本では従来、 supreme (「最高位の、最大級の」の意)の英音 [s(j)ʊpɹíːmz, s(j)uː-] から“シュープリームス”と表記されていた。近年[いつ?]米音 [səpɹíːmz, sʊ-] に近づけて“スプリームス”と表記する例が多いが、より正確には“ザ・スプリームズ ”である。

歴史[編集]

1959年ザ・プライメッツ(The Primettes)として結成。オリジナルメンバーは、ダイアナ・ロスメアリー・ウィルソンフローレンス・バラードベティ・マグロウンの4人。ベディはすぐバーバラ・マーティンに替わり、そのバーバラも抜けて1961年ザ・スプリームスと改名してモータウンと契約した頃には3人組となっていた。

スプリームスは、モータウンの社長ベリー・ゴーディ・ジュニアの強力なプッシュを受け、ホーランド=ドジャー=ホーランドの作曲・プロデュースの下でヒットを連発した。そして、1964年の「Where Did Our Love Go? (邦題:愛はどこへ行ったの)」が、初の全米No.1となったのを皮切りに、シングルが5作連続全米No.1を記録、スプリームスは一躍全米のアイドルグループとなる。

その後、1969年のダイアナ脱退前の最後のシングルとなった「Someday We'll Be Together (邦題:またいつの日にか)」まで、合計12作の全米No.1ヒットを生み出した。

1967年、ベリーのダイアナだけを前面に押し出した売り方に不満を募らせ、アルコール中毒に陥ったフローレンスが解雇され、シンディ・バードソングが加入。グループ名も、ダイアナ・ロス&ザ・スプリームス(Diana Ross & the Supremes)となった。フローレンスは、その後ソロ歌手として2枚のシングルを出したがヒットせず、1976年に亡くなっている(この悲劇を脚色して描いたのが、ミュージカルドリームガールズ」である)。1969年には、ダイアナが独立し、ソロに転向・替わりのリード歌手としてジーン・テレルが加わる。

ダイアナの抜けた70年代以後のザ・スプリームスは、ベリーの強力な後ろ盾を失ったことで次第にヒット・チャートからは遠ざかったものの、メアリーをリーダーとしてメンバーを入れ替えながら活動を続けた。1972年には、シンディの代わりにリンダ・ロウレンスが参加。1973年、ジーンとリンダが脱退し、再参加となるシンディとシェリー・ペインが加入。1976年には、再びシンディが抜け、代わりにスーゼイ・グリーンが参加した。

1977年、最後のオリジナルメンバーであったメアリーが独立を決意し、ロンドンでフェアウェル・コンサートが行われた。一般的には、この時点でスプリームスの歴史は幕を閉じたとされている。

1986年、元メンバーであるジーンとシェリー、リンダの3人が集まり、新たにスプリームスとして活動を再開する。オリジナルメンバーのいないこのスプリームスは、The FLOS(The Former Ladies of the Supremes 、「元・スプリームスの淑女たち」の略)と呼ばれて、オリジナルとは区別されている。ジーンの引退など、若干のメンバーチェンジを経て、このグループは現在も活動を続けている。

一方、全盛期のメンバーであるダイアナとメアリー、シンディの3人での再結成の動きもなくはなかったが、1983年、NBCテレビの特番での騒動をきっかけに、ダイアナとメアリーの不仲が表面化し、マスコミで報じられた。

1988年ロックの殿堂入りを果たす。

2000年、ダイアナは、スプリームス再結成ツアーの計画にメアリーとシンディを誘ったが、プロモーターの提示するダイアナとの待遇の違いから2人は固辞、代わりにFLOSからリンダとシェリーが加わったが、高価なチケット代金に加えて全盛期のメンバーでない2人への風当たりは強く、この中途半端な再結成プロジェクトは、ツアー半ばで打ち切られた。

メンバーの変遷[編集]

ミュージカル化と映画化[編集]

彼女達をモデルとしたミュージカルドリームガールズ』が、1981年に初演。2006年には、映画版『ドリームガールズ』が公開された。ダイアナをモデルとしたディーナ・ジョーンズ役に、ビヨンセ・ノウルズフローレンス・バラードをモデルとしたエフィ・ホワイト役にジェニファー・ハドソンメアリー・ウィルソンをモデルとしたローレル・ロビンソン役にアニカ・ノニ・ローズシンディ・バードソングをモデルとしたミシェル・モリス役にシャロン・リールが配役。 なお、スプリームスを売り出した、モータウンの創設者ベリー・ゴーディ・ジュニアをモデルとしたカーティス・テイラー・ジュニア役にジェイミー・フォックスが配役されている。

他にも、スプリームスから着想を得た作品としては1976年の音楽映画『スパークル英語版』がある(2012年に『ホイットニー・ヒューストン/スパークル』としてリメイクされている)。ただし、こちらは「1950年代から1960年代にかけてのデトロイトを舞台にした黒人女性ボーカル3人グループの物語」というだけで、スプリームスの実話とは無関係の完全なフィクションである。

主なヒット曲[編集]

ディスコグラフィー[編集]

Studio albums[編集]

Year Title Peak chart positions
US US
R&B
UK
The Supremes
1962 Meet The Supremes 8
1964 Where Did Our Love Go 2 1
A Bit of Liverpool 21 5
1965 The Supremes Sing Country, Western and Pop 79
We Remember Sam Cooke 75 5
More Hits by The Supremes 6 2
Merry Christmas 1
1966 I Hear a Symphony 8 1
The Supremes A' Go-Go 1 1 15
1967 The Supremes Sing Holland–Dozier–Holland 6 1 15
The Supremes Sing Rodgers & Hart 20 3 25
Diana Ross & the Supremes
1968 Reflections 18 3 30
Diana Ross & the Supremes Sing and Perform "Funny Girl" 150 45
Diana Ross & the Supremes Join The Temptations 2 2 1 1
Love Child 14 3 13
1969 Let the Sunshine In 24 7
Together 2 28 6 28
Cream of the Crop 33 3
The Supremes
1970 Right On 25 4
The Magnificent 7 3 113 18 6
New Ways but Love Stays 68 12
1971 The Return of the Magnificent Seven 3 154 18
Touch 85 6 40
Dynamite 3 160 21
1972 Floy Joy 54 12
The Supremes Produced and Arranged by Jimmy Webb 129 27
1975 The Supremes 152 25
1976 High Energy 42 24
Mary, Scherrie & Susaye
"—" denotes the album failed to chart or was not released

Live albums[編集]

Year Title Peak chart positions
US US
R&B
UK
1965 The Supremes at the Copa 11 6
1968 Live at London's Talk of the Town 57 6 6
1970 Farewell 46 31
1973 The Supremes Live! In Japan 1
"—" denotes the album failed to chart or was not released
  • 1 Japan-only; released in the US by Motown in 2004

Compilation albums[編集]

Year Title Peak chart positions
US US
R&B
UK
1967 Greatest Hits 1 1 1
1969 Greatest Hits Vol. 3 31 5
1974 Diana Ross & the Supremes Anthology (version one) 66 24
1977 20 Golden Greats 1 1
1978 At Their Best
1984 20 Greatest Hits – Compact Command Performances
1985 Diana Ross & the Supremes: 25th Anniversary Collection 112 61
1986 Diana Ross & the Supremes Anthology (version two)
1987 The Never-Before-Released Masters 2
1988 Love Supreme 1 10
1991 The Supremes ('70s): Greatest Hits and Rare Classics 1
1995 The Best of Diana Ross & the Supremes: Anthology (version three)
1997 The Ultimate Collection
1998 40 Golden Motown Greats 1 35
2000 The Supremes 3
20th Century Masters: The Best of Diana Ross & the Supremes, Vol. 1
20th Century Masters: The Best of Diana Ross & the Supremes, Vol. 2
2001 Diana Ross & the Supremes Anthology (version four)
2002 The '70s Anthology
2003 Diana Ross & the Supremes: The No. 1's 72 63 15
2004 Joined Together: The Complete Studio Duets 4
There's a Place for Us 5
2005 The Supremes: Gold 6
2006 This Is the Story: The '70s Albums, Vol. 1 – 1970–1973: The Jean Terrell Years 7
2007 Diana Ross & the Supremes Remixes 8
2008 Let the Music Play: Supreme Rarities 9
The Definitive Collection
2009 Magnificent: The Complete Studio Duets 10
2010 Icon: Diana Ross & the Supremes
2011 Let Yourself Go: The '70s Albums, Vol 2 – 1974–1977: The Final Sessions 11
50th Anniversary: The Singles Collection 1961–1969
"—" denotes the album failed to chart or was not released
  • 1 UK-release.
  • 2 A compilation of previously unreleased songs including a majority of songs from the unreleased Disney Classics sessions.
  • 3 A four-disc box-set.
  • 4 A compilation of all recordings from Diana Ross & The Supremes & The Temptations made during the 1960s.
  • 5 Originally scheduled for release in 1965 as a studio album.
  • 6 A compilation of Greatest Hits, Greatest Hits Vol. 3 and At Their Best.
  • 7 A compilation of Right On, New Ways but Love Stays, Floy Joy, Produced and Arranged by Jimmy Webb and the previously unreleased Promises Kept sessions, together with three non-album tracks.
  • 8 Japanese collection containing remixes of Supremes and solo Diana Ross recordings.
  • 9 A compilation of unreleased recordings and rarities.
  • 10 A compilation of all recordings from The Supremes & the Four Tops made during the 1970s.
  • 11 A compilation of The Supremes, High Energy and Mary Scherrie & Susaye with several unreleased and alternate versions.

Soundtracks[編集]

Year Title Peak chart positions
US US
R&B
UK
1968 TCB 1 1 1 11
1969 G.I.T. on Broadway 1 38 4
"—" denotes the album failed to chart or was not released
  • 1 Diana Ross & the Supremes with The Temptations.