とんねるずのみなさんのおかげでした

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
とんねるずの
みなさんのおかげでした
Fuji TV headquarters and Aqua City Odaiba - 2006-05-03-2009-25-01.jpg
番組収録が行われていた
フジテレビ本社「FCGビル
ジャンル バラエティ番組 / お笑い番組
放送時間 木曜日 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1997年6月26日 - 2018年3月22日(全973回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 石橋貴明、木梨憲武
製作総指揮 石田弘(フジテレビ、EP
演出 マッコイ斎藤笑軍様
プロデューサー 太田一平・中川将史(フジテレビ)
安西義裕ガッツエンターテイメント
出演者 とんねるず
石橋貴明木梨憲武
出演者を参照)
ナレーター 服部潤
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送2005年 - )
データ放送 連動データ放送(「男気ジャンケン 大人買いの旅」のみ実施)
外部リンク とんねるずのみなさんのおかげでした

特記事項:
放送回数は終了時点。『とんねるずのみなさんのおかげです』も含めると、全1340回。
テンプレートを表示
一部のコーナーの収録が行われていたフジテレビ湾岸スタジオ

とんねるずのみなさんのおかげでした』は、フジテレビ系列1997年6月26日から2018年3月22日まで毎週木曜日 21:00 - 21:54(JST)に放送されていた日本お笑いバラエティ番組とんねるず石橋貴明木梨憲武)がメイン司会を務める長寿番組および冠番組である。ステレオ放送文字多重放送2005年 - )、ハイビジョン制作が実施されていた。

本番組の通称は『みなさん』『した』『とんねるずのした』など。新聞や雑誌の番組表には文字の制限上『とんねるずのみなさん』『とんねるずみなさん』と表記されていた。その他ではとんねるずの最も代表格となる番組なので『とんねるず』だったり、『みなさんのおかげ』『みなさんのおかげでした』などがある。『みなおか』はあくまでネットなどでの通称である。

概要[編集]

約10年にわたり放送されていた、とんねるず石橋貴明木梨憲武メイン司会の同局のバラエティ番組で冠番組でもあった『とんねるずのみなさんのおかげです』を1997年3月をもって放送終了させ、同年4月から『とんねるずの本汁でしょう!!』 を当番組が開始するまでつなぎ番組として放送。同年6月26日より始まったのが本番組である。メイン司会のとんねるず(石橋貴明・木梨憲武)は、本番組の企画構成にも携わっていた。

番組タイトルは『とんねるずのみなさんのおかげです』とはっきり区別するために「とんねるずのみなさんのおかげで」の下に大きく「した」(「し」が大きい)と筆で書かれた文字が並べられていた。番組のオープニングでのタイトルコールも「とんねるずのみなさんのおかげで」のテロップのあとに、とんねるずの2人で「した!」とコールする。この体裁は番組開始以来変わってなく、最終回まで一回も欠かさず行われていた。尚、最終回のみ番組のエンディングで締めとして行われた。また、拡大版のスペシャルではこのタイトルコールの直後にナレーターによる見どころをダイジェストで紹介されて、サブタイトルを交えた番組の放送タイトルを読み上げていた。

放送当初は『とんねるずのみなさんのおかげです』時代と同じくステレオ放送を実施していたが、音楽企画やドラマコントなどの休止に伴い、2005年頃からは、総集編スペシャルと音楽企画の回を除いてモノラル放送(モノステレオ放送)に変更されていた。しかし、音楽企画の復活(後述『とんねるず×DJ OZMA』の項を参照)に伴い、2008年6月5日放送分から通常回でもステレオ放送を実施している。2013年12月26日放送回からデータ放送(ただし、『前略、道の駅より(男気ジャンケン 大人買いの旅)』のみ)を実施。

の番組改編期年末年始)・の番組改編期(6月下旬又は7月上旬)[注 1]には必ず、2時間を超える拡大版が放送され、2週連続のスペシャル放送も増加傾向にあった。また2時間半の拡大版を放送する傾向があり、放送時間は21:00 - 23:18(23:24)[注 2]

2013年10月17日の放送で「おかげです」「ラスタとんねるず'94」「本汁でしょう!!」時代を含め放送開始25周年を迎えた。また、2017年6月には「おかげでした」単独でも放送開始20周年を迎えた。

フジテレビを代表する長寿番組[編集]

2018年現在、全テレビ局含めてフジテレビ系列でゴールデンタイムプライムタイムでのレギュラー放送のバラエティ番組では最長寿番組の記録を持つ(1988年10月レギュラー放送開始の『とんねるずのみなさんのおかげです』『ラスタとんねるず'94』『とんねるずの本汁でしょう!!』と合わせて28年半となる)[注 3]

放送終了[編集]

2017年11月2日、本番組が2018年3月22日をもって終了すると一部スポーツ誌で報じられ[1]、同年12月7日放送分の番組内において正式に放送が終了することが発表された[2]。これにより前身の『とんねるずのみなさんのおかげです』から始まるフジテレビ系列の木曜21時台のとんねるずの番組は通算29年の歴史に幕が下ろされた。

木梨は本番組終了後のとんねるずの活動について、「また新しい話があれば、企画できそうなことがあればやろうって」と石橋とも話していることを明かした[3]

2018年4月19日より本番組の後継番組として坂上忍がMCを務める『直撃!シンソウ坂上』が放送開始。一方、石橋のみのレギュラー番組は同年4月16日に『石橋貴明のたいむとんねる』が月曜23時枠に開始となった。

出演者[編集]

メイン司会[編集]

出演頻度が高い芸人[編集]

過去には、さまぁ〜ずやるせなすプリンプリンおさるアンタッチャブル有吉弘行次長課長TIMペナルティデンジャラスビビる大木ハライチ堀内健土田晃之タカアンドトシ勝俣州和原口あきまさずんYOUなども一時期出演。

進行アナウンサー[編集]

番組スタッフ[編集]

下記のスタッフは度々、番組に出演したり、メイン司会のとんねるずや共演者との話題にのぼる。

その他多数。

コーナー・企画[編集]

番組の歴史[編集]

  • 歴代最高平均視聴率は、1999年4月1日放送分の『とんねるずのみなさんのおかげでした 春の特大スペシャル』の回で24.8%[4](関東地区・世帯・リアルタイム、ビデオリサーチ調べ)を記録した。放送内容は「食わず嫌い王決定戦」(九代目松本幸四郎(現:二代目松本白鸚)vsナインティナイン[4]野猿初のコンサートドキュメントの特集を放送した。
  • 2007年12月20日放送分で放送回数500回を達成。
  • 2009年3月26日放送分で『とんねるずのみなさんのおかげです』(1988年10月13日放送開始。途中半年の休止期間を除く)から数えて累計20年となり、長寿番組の仲間入りをした。
  • 2009年10月1日放送分の19:00 - 23:24(JST)には当番組過去最長の264分(4時間24分)の拡大版が放送された。また、これまで放送される事がなかった19時台・20時台に初めて放送された。
  • 2009年上半期までは、基本的に番組前半は週替わり企画が放送され、番組後半には「新・食わず嫌い王決定戦」という構成となっていた。しかし、2009年7月16日放送分以降は、「新・食わず嫌い王決定戦」を含め、週替わり企画を1時間丸ごと放送されるようになった(回によっては、週替わり企画を2本放送することもある)。『とんねるずのみなさんのおかげです』時代のようなコント企画も2002年頃までは存在したが、「ギャラHigh&Low」や「石橋貴明のトーク・ダービー」のような出演者のトークを前面に出すコーナーが主となっているほか、2004年にスタートした若手芸人の演芸がメインの「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」も人気企画となっている。また、『とんねるずのみなさんのおかげです』時代の「モジモジくん」も継続中である。
  • 2013年10月で『とんねるずのみなさんのおかげです』と合わせて放送25周年を迎えた。とんねるずの憧れのアーティストである矢沢永吉が当番組に初のゲスト出演して、記念して「新・食わず嫌い王決定戦」で、とんねるずvs矢沢永吉の対決が実現した。また、これがとんねるずと矢沢永吉の初共演となった。
  • 2016年4月14日は放送途中に熊本地震が発生したため、途中でこれに関するFNN報道特別番組に切り替わった。そしてその翌週分は内容を変更してその続きを改めて放送した[注 4]
  • 番組の視聴率は番組開始時から2000年代前半頃までは20%前後を維持してキー局トップの視聴率を獲得していた。2000年代後半に入っても15%前後を維持して安定した視聴率を獲得していた。2010年代に入ると一桁台の視聴率も取る回が出るようになったがそれでも10〜13%を維持していた。2015年頃から一桁台後半に沈むことが多くなり、さらに同じ時間帯に放送されていた裏番組のテレビ朝日系ドラマ『ドクターX-外科医 大門未知子-』の影響により、視聴率が5〜8%と低迷してしまうこともあった。しかし、ドラマが終了しても視聴率が再び上昇することはなく、莫大な予算とその見返りとなる視聴率が比例していないとネットニュースで度々報じられた。また、コーナーやゲストによって視聴率の上下が激しい時期もあった。
  • 2017年9月28日には『とんねるずのみなさんのおかげです』時代から合わせて当番組の放送30周年を迎え、ビートたけしタモリなどをゲストに迎えた2時間半の特別番組が放送され、とんねるずが司会という形で約3年半ぶりに『笑っていいとも![注 5]が復活した[5]。また、この回の平均視聴率は10.0%だった。しかし石橋が保毛尾田保毛男のキャラで登場したことに関して、あるLGBT支援団体から「性的少数者への差別・偏見を助長するもの」との抗議申し入れ[6][7][8]があり、それを受け翌日の定例会見で宮内正喜社長が謝罪[9]する事態となった。またタレントで同性愛者のミッツ・マングローブは騒動に対して反論のコメントを出した[10]
  • 2017年12月7日の放送内にて、2018年3月をもって番組終了[11]する旨が発表された[4]。視聴率は5.9% (関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
  • 2018年3月22日の(通算1340回放送)最終回は通常通りの1時間放送で、8年ぶりに「うたばん」復活バージョンを放送し、野猿[注 6]松田聖子をゲストに迎え番組内での音楽ネタを中心に振り返った[12][13][14][15]。そして番組ラストはとんねるずが「情けねえ」の一部歌詞を替えたバージョンを歌唱[15]、バンドメンバーは後藤次利(B)の呼びかけにより藤井尚之(Sax)、山本恭司(Gt)とその息子の山本真央樹(Dr)、佐藤準松本圭司(共にKey)が参加した[16][17]。最終回の平均視聴率は9.7%、瞬間最高視聴率12.1%(関東地区・世帯・リアルタイム、ビデオリサーチ調べ)を記録した[15]
  • 番組全体の平均視聴率は13.9%(2017年11月30日放送分まで[4]。関東地区・世帯・リアルタイム、ビデオリサーチ調べ)。

番組から誕生した音楽ユニット[編集]

野猿[編集]

関東裸会[編集]

Will call[編集]

矢島美容室[編集]

関連商品[編集]

番組歴代主題歌・テーマ曲およびCD[編集]

DVD[編集]

  • とんねるずのみなさんのおかげでした 博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権vol.1 - 3(2010年12月3日発売、エイベックス・マーケティング
  • とんねるずのみなさんのおかげでした 博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権vol.4 - 6(2010年12月17日発売、エイベックス・マーケティング)
  • とんねるずのみなさんのおかげでした 博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権Season2 vol.1 - 2(2011年12月21日発売、エイベックス・マーケティング)
  • とんねるずのみなさんのおかげでした 全落・水落オープン各々1、2巻&DVD-BOX(2014年12月24日発売、ポニーキャニオン
  • とんねるずのみなさんのおかげでBOX【鑑賞用】&【保存用】(2018年3月21日発売、ポニーキャニオン)

書籍[編集]

  • きたな美味い店 KITANATAURANT (2011年10月6日発売、扶桑社

FNS27時間テレビ[編集]

同局で毎年1回放送されている夏の長時間特別番組『FNS27時間テレビ』内で1コーナーとして当番組が放送されていた(下記参照)。

FNS27時間テレビ めちゃ2デジッてるッ! 笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃ〜ん!!
FNS27時間テレビ 笑っていいとも! 真夏の超団結特大号 徹夜で頑張っちゃってもいいかな?
FNS27時間テレビ めちゃ2ピンチってるッ! 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ〜ん!!
  • 2015年7月26日放送(事前収録)。総合司会はナインティナイン、中居正広(SMAP)。

スタッフ[編集]

  • ナレーター:服部潤(メイン。2017年3月までは提供読みも担当)、坂口哲夫(「新・食わず嫌い王決定戦」時の「筆入れ」「先手(後手)○○披露!」「実食」の掛け声のみ)、バカボン鬼塚(「とんねるずを泊めよう!」)、立木文彦住友優子
  • 企画:石橋貴明、木梨憲武
  • 構成:秋元康 / 小川浩之、酒井健作、田中到、オークラ、佐藤俊明 / 遠藤察男[注 7]
  • TP(テクニカルプロデューサー):児玉洋(フジテレビ)
  • SW(スイッチャー):長瀬正人
  • カメラ:秋山勇人、斎藤佳久
  • 音声:小清水健治
  • 映像:石井利幸
  • 照明:紙透貴仁
  • PA:黒瀬知幸
  • カメラクレーン:明光セレクト、佐藤史郎
  • 美術制作・デザイン:棈木陽次(フジテレビ)
  • デザイン:越野幸栄(フジテレビ)
  • 美術プロデューサー:古川重人(フジテレビ)
  • 美術進行:内山高太郎[注 8]
  • 大道具:大原隆、楢崎善正
  • 装飾:乾川太志
  • 持道具:網野高久
  • 衣裳:成田咲良(とんねるず担当)
  • メイク:大高里絵(とんねるず担当)
  • かつら:俵木和美(とんねるず担当)
  • 視覚効果:飯塚生臣
  • 特殊装置:坂ノ下啓介(輔)
  • 電飾:石井誠
  • アートフレーム:鈴木綱敏
  • アクリル装飾:松本健、織田秀幸
  • 生花装飾:荒川直史
  • 植木装飾:広田明
  • タイトル:齋藤一広(フジテレビ)
  • CG:秋里直樹(フジテレビ)
  • オープニングタイトル:中島信也東北新社
  • 編集:小笠原一登・武藤洋徳・齊藤禎丈・山下大樹(いずれもIMAGICA
  • 編集アシスタント:笹木康司・多田涼(いずれもIMAGICA)
  • MA(マルチオーディオ):山岸慎一郎・小林由愛子(いずれもIMAGICA)
  • 音響効果:松下俊彦ラビットムーンオフィス
  • スチール:半田一道
  • スタイリスト:倉科裕子(石橋貴明担当)、大久保篤志(木梨憲武担当)
  • リサーチ:中原ハジメ、尻谷よしひろ
  • 広報:片山正康(フジテレビ)
  • 制作進行:内田和之(以前は制作スタッフ)
  • TK(タイムキーパー):江野澤郁子(TBG
  • キャスティングプロデューサー:松尾やす子(フジテレビ、以前はAP)
  • 制作スタッフ:小原秀哉、宮田綾子、江藤和也、藤井真浩、白岩大輔、須貝暢夫、眞田貴啓、大村兵大、橋本翔貴、山本俊哉、清水優司、三井知人、高橋大樹、松並潤治、三浦翔、大上賢治、山崎亮、石原大輔、丸谷敬典、櫻井悠貴、大村一平、川原奈央、上町修大、永野かおり(スペシャル放送のみ、フジテレビ)
  • ディレクター:鈴木靖広、石岡孝利(以前はディレクター→制作進行)、マイアミ・ケータ(萩原啓太、フジテレビ)
  • 演出:マッコイ斎藤(以前はディレクターを担当)
  • エグゼクティブプロデューサー:石田弘(フジテレビ、以前はゼネラルプロデューサー)
  • プロデューサー:太田一平(フジテレビ、以前はディレクター→演出) 、中川将史(フジテレビ、以前はディレクター)/安西義裕(ガッツエンターテイメント、クレジット表示なし、以前はAP)
  • 協力:服部栄養専門学校(新・食わず嫌い王担当)、三慶サービス
  • スタッフ協力:SHO-GUNガッツエンターテイメントD:COMPLEXK-ten(全社クレジット表示なし)
  • 技術協力:ニユーテレスfmt(旧八峯テレビ
  • 制作協力:Arrival
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室(旧バラエティ制作センター→バラエティ制作部→制作局第二制作センター)
  • 制作著作:フジテレビ

その他のスタッフ野猿を参照のこと

歴代スタッフ[編集]

  • ナレーター:赤坂泰彦(ノリタケーブルTV)、窪田等(笑熱大陸)、柴田秀勝(宜保タカ子)
  • 構成:吉野晃章浅野吉朗、板坂尚、石原道好、樋口卓治安達元一北本かつら安部裕之
  • TP(テクニカルプロデューサー):塩津英史(フジテレビ)
  • TD(テクニカルディレクター):馬場直幸(フジテレビ)
  • SW(スイッチャー):石田智男(フジテレビ)、藤江雅和
  • TD(テクニカルディレクター)・SW(スイッチャー):勝村信之(フジテレビ)
  • カメラ:前田正道・馬場義土(フジテレビ)、藤江雅和、大山浩文
  • 映像:高橋正直、平塚一典、立川勝
  • 音声:篠良一、荒井千佳、松本政利
  • 照明:小田原敬、吉川知孝
  • PA:唐松秀弥、秋野岳夫、本間清孝、渡眞利泰樹
  • CG:小幡英雄、小池秀樹、佐久間浩一、森本敦行
  • CGタイトル:椎谷晴夫
  • 編集:伊五澤守雄、里中恵美子(IMAGICA)
  • MA(マルチオーディオ):新野真(IMAGICA)
  • 音響効果:鈴木真
  • スキャニメイト:後藤和夫(IMAGICA)
  • ペイント:菊池大介(IMAGICA)
  • 美術制作:石鍋伸一朗(フジテレビ)
  • 美術制作・デザイン:井上幸夫(フジテレビ)
  • 美術進行:伊藤則緒
  • 大道具:成井一浩、東山優治、瀬名波康之、篠田直人、橋博史
  • 装飾:高野城二、藤間俊昭、望月富夫、小池長寿、菊池誠、占部真理子
  • 電飾:照喜名紀央、田中信太郎、大木謙二
  • アートフレーム:菅沼和海、津田忠直
  • 特殊装置:永島哲哉
  • 特殊効果:水尾一雄
  • アクリル装飾:平山晃哉、渋谷哲也、土屋祥太
  • 生花装飾:大澤由紀子
  • 植木装飾:須田信治
  • 楽器:磯元洋一
  • 衣裳:神波憲人、浅見彰、横田尊正、山田斉(とんねるず担当)
  • メイク:石井織恵、東まり子、福田裕子、佐野泰葉、大橋由美子(とんねるず担当)
  • かつら:矢津田一寛
  • タイトル:岩崎光明(フジテレビ)
  • スチール:新開雅哉、林寛
  • フードコーディネーター:結城摂子(マンダリン工房
  • デスク:鈴木桂子(フジテレビ)
  • 編成:高瀬敦也中島寛朗・熊谷剛・太田大・情野誠人・清水泰貴(全員共フジテレビ)
  • 広報:丸山修一・上野陽一・矢崎かおり・谷川有季(フジテレビ)
  • AP:正垣吉朗(イースト)、利光ともこ(智子)(K-ten)、児玉芳郎・双川正文(フジテレビ)
  • 制作進行:石橋鉄也、白坂亮介
  • ディレクター:神原孝、太田一矢、小寺尚、兼則英司、関卓也、稲村健、武島義之、岡村勝久、加藤雅之、遠藤達也、竹内誠、佐々木敦規鈴木剛 / 時宗大
  • プロデューサー:松村匠関卓也 / 石井正幸
  • プロデューサー・演出:港浩一(初代プロデューサー)、渡邊俊介(末期は編成を担当)
  • 協力:東北新社

ネット局と放送時間[編集]

『とんねるずのみなさんのおかげでした』ネット局と放送時間
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 木曜日 21:00 - 21:54 制作局
北海道 北海道文化放送(uhb) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ(TSK)
岡山県
香川県
岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
青森県 青森放送(RAB) 日本テレビ系列 木曜日 15:55 - 16:50[注 9] 遅れネット
山梨県 テレビ山梨(UTY) TBS系列 火曜日 0:40 - 1:35
月曜日深夜)
山口県 テレビ山口(tys) 土曜日 15:55 - 16:55

事故[編集]

  • 2003年10月2日 - 歌手・葛城ユキが、大砲の弾のようにダイビングする企画で落下した際、全身を強く打ち胸椎脱臼骨折の重傷を負った[18]
  • 2012年2月 - お笑いコンビずんやすが、新潟県内のスキー場のゲレンデを水上スキー用のゴムボートで走行、スピードが出過ぎていたため雪で作った停止点で止まることができず、その先のトタンに腰を強打、腰の骨を折るけがを負った[19]
  • 2017年6月4日 - 小木がロケ先のシンガポールで転倒し、右鎖骨を骨折した[20]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年以降。
  2. ^ 3時間・3時間半の場合は19:57から放送開始し、4時間・4時間半の場合は19:00から放送開始されていた。
  3. ^ 『とんねるずのみなさんのおかげです』『ラスタとんねるず'94』『とんねるずの本汁でしょう!!』を含めない場合の最長寿番組は『めちゃ2イケてるッ!』の21年である。
  4. ^ なお、とんねるず2人のレギュラー番組が報道特別番組により途中で中断するのは『おかげです』時代や他局を含めても史上初の出来事だった。
  5. ^ ただし、当番組内でのタイトルは『とんねるずアワー 祝っていいとも!』。
  6. ^ 高久誠司のみ出演しなかった。また一時加入の荒井千佳も出演した。
  7. ^ 矢島美容室作詞も担当。
  8. ^ 通称:美術番長清原
  9. ^ スペシャルは、週末の午後に放送。これは、レギュラー枠の前後が『情報ライブ ミヤネ屋』と『news every.・第2部』(両番組いずれも、日本テレビ系列の生放送番組)に挿まれているため。これにより、レギュラーとスペシャルの放送順が入れ替わる事がある。なお、スペシャルによる枠移動や休止の場合の当該時間帯は、『世界!ニッポン行きたい人応援団』(テレビ東京制作)に差し替え。

出典[編集]

  1. ^ “フジ「みなおか」&「めちゃイケ」来春終了 業績不振で大ナタ”. スポニチアネックス. (2017年11月3日4時20分). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/03/kiji/20171102s00041000433000c.html 2017年12月7日閲覧。 
  2. ^ “「とんねるずのみなさんのおかげでした」来年3月で終了 30年超の歴史に幕”. スポーツ報知. (2017年12月7日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171207-OHT1T50211.html 2017年12月7日閲覧。 
  3. ^ 木梨憲武、とんねるずの今後「やり方は変わらない」,日刊スポーツ,2018年1月26日
  4. ^ a b c d “『みなさんのおかげでした』来年3月終了 - 放送1300回超と30年の歴史”. マイナビニュース. (2017年12月7日). https://news.mynavi.jp/article/20171207-553550/ 2018年2月8日閲覧。 
  5. ^ フジ「みなさんのおかげ」30年 名物P・石田弘氏が語るとんねるずの魅力 スポニチアネックス 2017年9月25日
  6. ^ 「楽しくなければテレビじゃない」って言っても、わざわざ人を傷つけてはならない。保毛尾田保毛男への違和感。 秋元祥治・滋賀大学客員准教授 2017年9月29日
  7. ^ レインボー・アクションは、フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年SP」の放送内容に関し、断固抗議いたします。 特定非営利活動法人レインボー・アクション
  8. ^ 2017年9月28日放送 フジテレビ系列「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」の番組内容に関する抗議文 (PDF) 「なくそう!SOGIハラ」実行委員会 2017年10月16日
  9. ^ “「保毛尾田保毛男」批判に、フジ・宮内社長が謝罪”. ハフィントン・ポスト. (2017年9月29日19時28分). http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/29/fuji-tv_a_23227139/ 2017年11月3日閲覧。 
  10. ^ ミッツ・マングローブ「保毛尾田保毛男を狩る、分別できない人たち」 AERA dot. 2017年10月15日
  11. ^ “フジ「みなおか」&「めちゃイケ」来春終了 業績不振で大ナタ”. スポニチアネックス. (2017年11月3日4時20分). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/03/kiji/20171102s00041000433000c.html 2017年11月3日閲覧。 
  12. ^ “とんねるず熱唱!「みなさんのおかげでした」最終回に松田聖子と野猿が登場”. 音楽ナタリー. ナタリー (ナタリー). (2018年3月19日). https://natalie.mu/music/news/274283 2018年3月23日閲覧。 
  13. ^ “「みなさん」最終回でとんねるず熱唱、野猿も集う「さいごのうたばん」”. お笑いナタリー. ナタリー (ナタリー). (2018年3月20日). https://natalie.mu/owarai/news/274376 2018年3月20日閲覧。 
  14. ^ “「みなおか」最終回 ラストは石橋&木梨熱唱 深い愛情にじませ「フジテレビをおちょくるなよ」”. スポーツ報知. (2018年3月22日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000127-spnannex-ent 2018年3月23日閲覧。 
  15. ^ a b c “「みなさん」最終回は9.7% とんねるず熱唱「フジテレビをおちょくるなよ」で瞬間最高12.1%”. スポーツ報知. (2018年3月23日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180323-OHT1T50078.html 2018年3月23日閲覧。 
  16. ^ 最終回 後藤次利公式ブログより 2018年3月16日 2018年3月23日閲覧
  17. ^ Twitter @KyojiTWJ Kyoji Yamamoto(山本恭司)2018年3月20日
  18. ^ 葛城ユキ バラエティーでの“人間大砲”で胸椎骨折の重傷事故”. 日刊ゲンダイ (2012年11月26日). 2017年11月3日閲覧。
  19. ^ 腰椎破裂骨折から復活したお笑い芸人「ずん」のやすさん、最悪のケースでは後遺症が残ることも......”. ヘルスプレス/ (2015年8月2日). 2017年11月3日閲覧。
  20. ^ “おぎやはぎ・小木博明さんが骨折 フジ番組収録中に転倒”. 朝日新聞. (2017年6月5日17時40分). http://www.asahi.com/articles/ASK655HSPK65UCVL02Y.html 2017年11月3日閲覧。 

関連項目[編集]

男気ジャンケンコラボ対決や、石橋と木梨も出演。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 木曜21:00 - 21:54枠
前番組 番組名 次番組
とんねるずの本汁でしょう!!
(1997年4月17日 - 6月19日)
とんねるずのみなさんのおかげでした
(1997年6月26日 - 2018年3月22日)
直撃!シンソウ坂上
(2018年4月19日 - )