第55回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第55回グラミー賞
受賞対象 2012年度の音楽作品
開催日 2013年2月10日 (2013-02-10)
会場 ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 NARAS
主催者 LL・クール・J
公式サイト www.grammy.com/nominees
テレビ/ラジオ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS日本の旗 WOWOW

第55回グラミー賞(だい55かいグラミーしょう、The 55th Annual Grammy Awards)は、2013年2月10日カリフォルニア州ロサンゼルス市ステイプルズ・センターにて授賞式が行われた。司会は前年に続きLL・クール・Jであった。公式ポスターはエリカ・アイリス・シモンズが制作した[1]

また日本人からは、MIDIを通じて電子楽器の世界を広げたとしてローランド創業者の梯郁太郎がグラミー技術賞を受賞した (シーケンシャル・サーキット創業者のデイヴ・スミス英語版との共同受賞)[2][3]

受賞者、受賞作品および候補[編集]

候補[編集]

候補は2012年12月6日ナッシュビルブリヂストン・アリーナで発表され、その模様はCBSで放送された[4]

受賞者、受賞作品[編集]

各賞受賞者、受賞作品は以下の通り[5][6]

主要部門[編集]

最優秀レコード賞
ゴティエ feat. キンブラ 『Somebody That I Used To Know』
最優秀アルバム賞
マムフォード・アンド・サンズ 『Babel』
最優秀楽曲賞
ファン. feat. ジャネール・モネイWe Are Young
最優秀新人賞
ファン.

その他部門[編集]

最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)
アデル 『Set Fire to the Rain (Live)』
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオ/グループ)
ゴティエ feat. キンブラ 『Somebody That I Used To Know』
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム
ケリー・クラークソン 『Stronger』
最優秀ダンス・レコーディング
スクリレックス feat. シラー 『Bangarang』
最優秀ダンス/エレクトロニカ・アルバム
スクリレックス 『Bangalang』
最優秀ロック・パフォーマンス
ザ・ブラック・キーズ 『Lonely Boy』
最優秀ハードロック/メタル・パフォーマンス
ヘイルストーム 『Love Bites (So Do I)』
最優秀ロック・ソング
ザ・ブラック・キーズ 『Lonely Boy』
最優秀ロック・アルバム
ザ・ブラック・キーズ 『El Camino』
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム
ゴティエ 『Making Mirrors』
最優秀R&Bパフォーマンス
アッシャー 『Climax』
最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス
ビヨンセ 『Love on Top』
最優秀R&Bソング
ミゲル 『Adorn』
最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム
フランク・オーシャン 『Channel Orange』
最優秀R&Bアルバム
ロバート・グラスパー・エクスペリメント 『Black Radio』
最優秀ラップ・パフォーマンス
ジェイ・Z & カニエ・ウェスト 『N****s In Paris』
最優秀ラップ/サング・コラボレーション
ジェイ・Z & カニエ・ウェスト feat. フランク・オーシャン & ザ・ドリーム 『No Church In The Wild』
最優秀ラップ・ソング
ジェイ・Z & カニエ・ウェスト 『N****s In Paris』
最優秀ラップ・アルバム
ドレイク 『Take Care』
最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)
キャリー・アンダーウッド 『Blown Away』
最優秀カントリー・ソング
キャリー・アンダーウッド 『Blown Away』
最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ
ゲイリー・バートンチック・コリア Hot House『ホット・ハウス(Hot House)』
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
エスペランサ・スポルディング 『ラジオ・ミュージック・ソサイエティ(Radio Music Society)』
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
パット・メセニー・ユニティ・バンド 『ユニティ・バンド(Unity Band)』
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
アルトゥーロ・サンドヴァルDear Diz (Every Day I Think of You)
最優秀ゴスペル/CCM・パフォーマンス
マット・レッドマン英語版 『10,000 Reasons (Bless The Lord)』
最優秀ゴスペル・ソング
メアリー・メアリー 『Go Get It』
最優秀ゴスペル・アルバム
レクレエ英語版 『Gravity』
最優秀アメリカーナ英語版・アルバム
ボニー・レイット 『Slipstream』
最優秀ブルース・アルバム
ドクター・ジョンLocked Down
最優秀レゲエ・アルバム
ジミー・クリフ 『Rebirth』
最優秀スコア・サウンドトラック(ビジュアルメディア向け)
トレント・レズナー & アッティカス・ロスドラゴン・タトゥーの女
最優秀レコーディング・パッケージ
ビョーク 『Biophilia』
年間最優秀プロデューサー(ノン・クラシック)
ダン・オーバック英語版 (ザ・ブラック・キーズ 『El Camino』、ドクター・ジョン 『Locked Down』など)
最優秀リミックス・レコーディング(ノン・クラシック)
スクリレックス, remixer (Nero英語版) 『Promises (Skrillex & Nero Remix)』
最優秀ミュージック・ビデオ(短編)
リアーナ feat. カルヴィン・ハリス 『We Found Love』
最優秀ミュージック・ビデオ(長編)
マムフォード・アンド・サンズ 『Big Easy Express』

特別賞[編集]

ミュージケア・パーソン・オブ・ザ・イヤー(慈善活動などを通して最も音楽業界に貢献したアーティストに対し贈られる)
ブルース・スプリングスティーン[7]
グラミー技術賞
梯郁太郎 & (デイヴ・スミス英語版)

出典[編集]

  1. ^ Artist Erika Iris Simmons Creates Official Artwork For 55th GRAMMY Awards”. The Recording Academy (2012年11月30日). 2013年3月3日閲覧。
  2. ^ ローランド創業者・梯郁太郎さんが受賞 米グラミー技術賞”. スポニチアネックス. スポーツニッポン (2013年2月10日). 2013年3月6日閲覧。
  3. ^ Technical GRAMMY Award”. The Recording Academy. 2013年3月6日閲覧。
  4. ^ 2013 Grammy Nominations”. MTV (2012年12月6日). 2012年12月6日閲覧。
  5. ^ “55th Grammy Awards Nominees”. http://www.grammy.com/nominees 2013年2月10日閲覧。 
  6. ^ 2013 Grammy Awards Winners: The Complete List”. E! (2013年2月10日). 2013年2月10日閲覧。
  7. ^ ブルース・スプリングスティーンがグラミー・ウィークに栄誉に輝く。”. グラミー賞授賞式. WOWOW (2013年2月10日). 2013年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]