タミア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Tamia(タミア、Tamia Marilyn Hill、Tamia Washington、1975年5月9日 - )は、カナダオンタリオ州出身のR&B歌手

略歴[編集]

10歳の頃から歌と演技を学び地元の劇場コーラスで唄うようになる。

その後、様々な賞を獲得し活動の場を広げ、マネージャーが開いたLuther Vandross (ルーサー・ヴァンドロス)の為のパーティーで、ポップ・ミュージック界の大御所Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)と出会い、1995年クインシー・ジョーンズのアルバム『Q’s Jook Joint』に参加。

「Set It Off」などサントラへの参加を経て1998年にデビューアルバム「Tamia (タミア)」をリリースし、日本でもゴールド・ディスクを受賞。

The Emotions(エモーションズ)の「Best Of My Love (ベスト・オブ・マイ・ラヴ)」をサンプリングしたシングル「Falling For You (フォーリング・フォー・ユー)」が日本のFM局を中心に人気を博す。

1999年に人気ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」の最終回にEric Benét (エリック・ベネイ)と出演し、「Spend My Life With You (スペンド・マイ・ライフ・ウィズ・ユー)」をデュエット。この曲はチャートイン42週目で全米R&Bシングル・チャート1位に輝くロングラン・ヒットとなる。 2001年にはMissy Elliott (ミッシー・エリオット)やDallas Austin (ダラス・オースティン)というトップ・プロデューサーのバック・アップを得て「A Nu Day (ア・ニュー・デイ)」をリリースする。このアルバムには「Stranger In My House (ストレンジャー・イン・マイ・ハウス)」やHall & Oates (ホール&オーツ)の名曲をカバーした「Can’t Go For That (キャント・ゴー・フォー・ザット)」等が収録されている。

2003年にはFabolous (ファボラス)がTamiaのファーストアルバムに収録された「So Into You」をサンプリングした曲をヒットさせ、2004年にアルバム「More」を、2006年には「Between Friends」を発表した。

Personal life[編集]

1999年7月24日にNBAロサンゼルス・クリッパーズに所属するバスケットボール選手グラント・ヒルと結婚し、2002年1月23日にマイラ・グレイスを出産、2007年8月9日に第二子となるラエル・ローズを出産した。

2003年にテレビ番組Extraがタミアが多発性硬化症であると報道し、所属レコード会社からもこの病気を原因に契約を打ち切られ、2006年に南アフリカの独立系レーベルに移籍し、このレーベルの要職も兼ねる。雑誌Smoothのインタビューでは時折その症状はあるが制御されていると答えている。

2007年には横浜アリーナで開催された「東京ガールズコレクション」にゲスト出演するために来日し、多発性硬化症からの克服を見せた。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオアルバム[編集]

シングル[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト
公式ファンサイト
インタビュー