エレクトラ・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エレクトラ・レコードElektra Records)は、アメリカレコード会社。設立者はジャック・ホルツマンおよびポール・リックホールトで、両名が300ドルずつ出資して1950年に設立された。

概要[編集]

1950年代から60年代にかけて、フォークの名門レーベルのひとつとして活動。ジュディ・コリンズらを輩出した。この時期に後に独立プロデューサーとなるポール・ロスチャイルドが入社している。60年代中盤からはロックにも進出し、ドアーズラヴストゥージズなどを輩出した。

1973年にジャック・ホルツマンが同社を離れると当時の親会社であり、元々は葬儀屋を経営していたキニー社からレコード産業に進出したワーナー・コミュニケーションズが、同社とアサイラム・レコードを合併させた。これにより同社はエレクトラ・アサイラムと改名(後にエレクトラ・エンタテインメントと再改名)。さらにアトランティックとも合併し、WEAという巨大企業になってしまう。エレクトラ担当を外れたホルツマンはディスカバリー・レコードを始めた。

エレクトラはワーナー・ミュージック・グループの一部として三十年間続けられ、2004年2月にタイム・ワーナーワーナー・ミュージック・グループをトーマス・リー・パートナーズ、ベイン・アンド・カンパニー、エドガー・ブロンフマン・ジュニアによって設立された投資家グループに売却した。4月にWMGの新オーナーは多くのスタッフを解雇し、エレクトラ・レーベルを休止した。多くのアーティストが契約解除されたが、幾らかはWMG傘下の別レーベルと契約した。

2009年6月1日、レーベルの活動再開が発表された。手始めにフランスのエレクトロニックデュオジャスティスナールズ・バークレイの片割れであるMCシー・ロー、英国のエレクトロポップミュージシャンリトル・ブーツの3組と契約している。[1]

沿革[編集]

現在のアーティスト[編集]

過去の主なアーティスト[編集]

※ここではいったん活動を休止する2004年以前に在籍していたアーティストを紹介する。

エレクトラ・レーベルの邦楽アーティスト[編集]

1970年代、エレクトラの配給権を保持していたワーナー・パイオニア(現・ワーナーミュージック・ジャパン)が、同レーベルで発売した邦楽アーティスト。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cee-Lo, Justice, Little Boots Signed To Reborn Elektra Label”. ビルボード (2009年6月1日). 2009年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]