ティム・バックリィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ティム・バックリィ
出生名 Timothy Charles Buckley III
生誕 1947年2月14日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
死没 1975年6月29日
ジャンル フォーク
サイケデリック・ロック
ジャズ・ロック
ファンク
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター12弦ギターカリンバ
活動期間 1966年-1975年
レーベル エレクトラ・レコード
ストレイト・レコード
DiscReet Records
公式サイト www.timbuckley.net

ティム・バックリィ(Tim Buckley、1947年2月14日-1975年6月29日)とは、アメリカ合衆国シンガーソングライターフォーク歌手としてデビューした後、先進的な音楽に挑戦し続けるが、オーバードースにより早世。息子は、やはりシンガーソングライターとして成功を収めたジェフ・バックリィ

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第58位[1]

来歴[編集]

ワシントンD.C.生まれ。一家は、様々な場所を転々とした末、1956年にカリフォルニア州に移る。

1965年10月に結婚。この頃はバーやナイトクラブで歌っていたが、1966年2月5日にマザーズ・オブ・インヴェンションのドラマー、ジミー・カール・ブラックと出会う[2]。ジミーを介して、マザーズのマネージャーのハーブ・コーエンと出会い、ハーブがティムのマネージャーとなる。8月にはエレクトラ・レコードとの契約を得る。1966年10月に離婚。この時妻が身ごもっていた子が、ジェフ・バックリィであった。

1966年12月、デビュー・アルバム『Tim Buckley』発表。同作にはヴァン・ダイク・パークス等が参加。1967年のセカンド・アルバム『Goodbye and Hello』は、ビルボード誌アルバム・チャートへのチャート・インを果たす。『Goodbye and Hello』収録曲「Morning Glory」は、ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズのデビュー作『子供は人類の父である』(1968年)や、フェアポート・コンヴェンションイアン・マシューズにカヴァーされた。1968年、TVシリーズ『ザ・モンキーズ』にゲスト出演[3]1969年発表のサード・アルバム『Happy Sad』は、全米81位に達し、ティム最大のヒット作となった。

1970年、ストレイト・レコードに移籍。アルバム『Greetings from L.A.』(1972年)では、大編成のバック・バンドを従えてファンク色を強める。同作発表後、マネージャーのハーブ・コーエンが設立したレーベル、DiscReetに移る。

アルバム『Sefronia』(1973年)では、当時まだデビューしたばかりだったトム・ウェイツの楽曲「マーサ」をカヴァー(トムもハーブ・コーエンとマネージメント契約を結んでいた)。生前最後のアルバムとなった『Look at the Fool』(1974年)発表後、ハーブとの契約を解消し、以後はライヴを中心に活動。1975年3月には、当時8歳だった息子ジェフと会っている[4]

1975年6月29日、サンタモニカで没。死因はヘロインオーバードース。 バックリィ主演で予定されていた映画ウディ・ガスリー/わが心のふるさと (1976)は、代役にデヴィッド・キャラダインを配し制作された。

没後[編集]

  • 1978年の映画『帰郷』のサウンドトラックで、アルバム『Goodbye and Hello』からの楽曲「Once I Was」が使用された。2006年には、映画『キャンディ』で『Starsailor』からの楽曲「Song to the Siren」が使用された[5]
  • 1983年ディス・モータル・コイル[6]がシングル「This Mortal Coil」で「Song to the Siren(邦題:警告の歌)」をカバー。この曲は翌年発売されたアルバム「It'll End in Tears(邦題:涙の終結)」にも収録されている。さらに1986年、同じくディス・モータル・コイルがアルバム「Filigree and Shadow(邦題:銀細工とシャドー)」で、アルバム『Goodbye and Hello』からの楽曲「Morning Glory」をカバーしている。
  • 1990年以降、多くの未発表ライヴ音源が発表された。
  • 1992年4月、ブルックリンでティムのトリビュート・コンサートが行われる。この時、デビュー前のジェフ・バックリィがシークレット・ゲストとして登場し、「I Never Wanted to be Your Mountain」「Once I Was」を歌った[7]
  • イギリスのバンド、スターセイラーは、ティムからの影響を公言し、バンド名の由来もティムのアルバム『Starsailor』[8]

ディスコグラフィー[編集]

生前発表の作品[編集]

  • Tim Buckley(1966年)
  • Goodbye and Hello(1967年)
  • Happy Sad(1969年)
  • Blue Afternoon(1970年)
  • Lorca(1970年)
  • Starsailor(1970年)
  • Greetings from L.A.(1972年)
  • Sefronia(1973年)
  • Look at the Fool(1974年)

ライヴ・アルバム[編集]

  • Dream Letter: Live in London 1968(1990年)
  • Peel Sessions(1991年)
  • Live at the Troubadour 1969(1994年)
  • Honeyman: Live 1973(1995年)
  • Once I Was(1999年)
  • Copenhagen Tapes(2000年)

脚注[編集]

  1. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ Tim Buckley - A Chronology, 1947-1966 by Robert Niemi (www.timbuckley.net)
  3. ^ "The Monkees" Mijacogeo(IMDb)
  4. ^ Tim Buckley - A Chronology, 1974-1979 by Robert Niemi (www.timbuckley.net)
  5. ^ Candy (2006)-Soundtracks- (IMDb)
  6. ^ 4ADレコードが企画したプロジェクトで、コクトー・ツインズのメンバー等が参加
  7. ^ ジェフ・バックリィ『グレース』日本盤CD(SRCS 7455)、ライナーノーツ(中川五郎、1994年)
  8. ^ Starsailor> Biography (almusic.com)

外部リンク[編集]