第43回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第43回グラミー賞(43rd Grammy Awards)は2001年2月21日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

概要[編集]

ベテランのU2が最優秀レコード賞など3部門、再結成したスティーリー・ダンが最優秀アルバム賞など3部門を受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
  • "She Walks This Earth (Soberana Rosa)" - スティング(various artists『イヴァン・リンス・トリビュート(A Love Affair: The Music Of Ivan Lins)』所収)
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ポップ・コラボレーション
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ダンス録音
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム

トラディッショナル・ポップ[編集]

最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ロック・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ハードロック・パフォーマンス
"Guerrilla Radio" - レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(『バトル・オブ・ロサンゼルス(The Battle Of Los Angeles)』所収)
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀R&Bパフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀R&Bソング
最優秀R&Bアルバム
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・アルバム

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス
最優秀ラップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ラップ・アルバム

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス
最優秀カントリー・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀カントリー・コラボレーション
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀カントリー・ソング
最優秀カントリー・アルバム
最優秀ブルーグラス・アルバム

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀ジャズ・インストゥメンタル(ソロ)
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム(個人もしくはグループ)
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム

ゴスペル[編集]

最優秀ポップ/コンテンポラリー・ゴスペル・アルバム
  • Jars of Clay『If I Left the Zoo』 - Dennis Herring(プロデューサー兼エンジニア/ミキサー)。Rich Hasal(エンジニア/ミキサー)。
最優秀ロック・ゴスペル・アルバム
最優秀トラディショナル・ソウル・ゴスペル・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ソウル・ゴスペル・アルバム

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム
最優秀テハーノ・アルバム
最優秀サルサ・アルバム
最優秀メレンゲ・アルバム

ブルース[編集]

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム
  • 『Shoutin' In Key』 - The Phantom Blues Band

フォーク[編集]

最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム
  • 『Public Domain - Songs from the Wild Land』 - Mark Linett(エンジニア)。Dave Alvin(プロデューサー、アーティスト)。
最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム
最優秀ネイティブ・アメリカン・ミュージック・アルバム
  • 『Gathering of Nations Pow Wow』 - Tom Bee(プロデューサー)。Douglas Spotted Eagle(プロデューサー、エンジニア、ミキサー)。performed by various artists。

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム

ワールドミュージック[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ[編集]

最優秀ミュージカル・アルバム(子供向け)
最優秀スポークン・ワード・アルバム(子供向け)

スポークン[編集]

最優秀 スポークン・ワード・アルバム
最優秀スポークン・コメディ・アルバム

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム
  • ルイ・アームストロング『Louis Armstrong: The Complete Hot Five and Hot Seven Recordings』 - Steve Berkowitz、Seth Rothstein(プロデューサー)。Phil Schaap(プロデューサー兼エンジニア)。Michael Brooks、Seth Foster、Andreas Meyer、Woody Pornpitaksuk、Ken Robertson、Tom Ruff、Mark Wilder(エンジニア)。

制作・エンジニアリング[編集]

最優秀エンジニアド録音(非クラシカル)
最優秀エンジニアド録音(クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
リミキサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ(短編)
最優秀ミュージック・ビデオ(長編)
  • ジョン・レノン『ギミ・サム・トゥルース:ザ・メイキング・オブ・ジョン・レノンズ“イマジン”アルバム(Gimme Some Truth - The Making of John Lennon's Imagine Album)』 - Andrew Solt(ビデオ・ディレクター、ビデオ・プロデューサー)。Greg Vines、Leslie Tong、オノ・ヨーコ(ビデオ・プロデューサー)。

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー
生涯業績アワード

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ John Swenson (2002年10月8日). “Rock News: Music's high and low notes”. UPI.com. 2011年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]