リトル・ビッグ・タウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リトル・ビッグ・タウン
Little Big Town
LittleBigTown.JPG
2008年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アラバマ州ジェファーソン郡ホームウッド
ジャンル カントリー・ミュージック
活動期間 1998年 -
レーベル Capitol Records Nashville / Universal Music Group Nashville (Universal Music Group)
公式サイト littlebigtown.com
メンバー カレン・フェアチャイルド
キンバリー・シュラプマン
フィリップ・スウィート
ジミ・ウェストブルック

リトル・ビッグ・タウン(Little Big Town ) はアメリカ合衆国カントリー・ミュージック・ヴォーカル・グループ。1998年、カレン・フェアチャイルド、キンバリー・シュラプマン、ジミ・ウエストブルック、フィリップ・スウィートの4名で結成された。カルテット形式で、4パートに分かれてハーモニーを形成し、4人が交互にリード・シンガーを担当する[1]。ウエストブルックとスウィートはリズムギターも演奏する。

マーキュリー・ナッシュビル・レコードとレコーディング契約を結んだがシングルもアルバムも発表されず、2002年、モニュメント・レコードからセルフタイトル・アルバム『[[::en:Little Big Town (album)|Little Big Town]] 』を発表した。このアルバムから2枚のシングルが発表されたが、あまりヒットせずにレーベルを離れた。2005年頃、クリント・ブラック所有のレーベルであるエクイティ・ミュージック・グループと契約し、同年、彼らにとって2枚目のアルバム『[[::en:The Road to Here|The Road to Here]] 』を発表した。このアルバムからのシングル『[[::en:Boondocks (song)|Boondocks]] 』、『[[::en:Bring It On Home (Little Big Town song)|Bring It On Home]] 』はカントリー・チャートで10位以内に入り、プラチナ認定された。2007年、3枚目のアルバム『[[::en:A Place to Land (Little Big Town album)|A Place to Land]] 』が発表され、このアルバムからの最初のシングル『I'm with the Band 』はカントリー・チャートで40位以内に入った。その後間もなく、『A Place to Land 』の権利と共にキャピトル・レコード・ナッシュビルに移籍し、シングル『Fine Line 』、『Good Lord Willing 』を発表した。2010年、アルバム『[[::en:The Reason Why|The Reason Why]] 』が発表され、このアルバムからのシングル『[[::en:Little White Church|Little White Church]] 』は10位以内に入り、2012年のアルバム『[[::en:Tornado (album)|Tornado]] 』からのシングル『[[::en:Pontoon (song)|Pontoon]] 』で初めて第1位となった。

これまで『ビルボード』誌のカントリー・チャートで14曲がランクインしている。これにはダウンロードのみのクリスマスの曲や2008年にシュガーランドとジェイク・オーウェンと共演したドリーム・アカデミーの『[[::en:Life in a Northern Town|Life in a Northern Town]] 』のカヴァー曲も含まれている。

経歴[編集]

初期[編集]

1990年代中期、カレンはクリスチャン・ヴォーカル・グループのトゥルースでリード・シンガーとして活動していた。またポイント・オブ・グレイスのリー・カピリノとのデュオであるカレンリーでも活動しており、シングル『Save it For a Rainy Day 』と『This Love Has 』を発表した。1987年、アラバマ州のサムフォード大学に在学中、キンバリー・ローズとカレン・フェアチャイルドが出会った。その後2人はテネシー州ナッシュビルに転居し、共に音楽活動を始めた[2]。1998年、フェアチャイルドの当時の夫の友人ジミ・ウエストブルックが彼女達の活動に参加した[3]。3人はトリオとして活動を始め、後にカントリー・ポップ・グループのラスカル・フラッツを結成することとなるゲイリー・ラヴォックス、ジョン・ダン・ルーニーと演奏していた[2]。1999年頃、フィリップ・スウィートが4人目のメンバーとして参加し、グループにリトル・ビッグ・タウンという名が付けられた。

プライベート[編集]

2006年5月31日、カレン・フェアチャイルドとジミ・ウエストブルックが結婚したが、2ヶ月間公表されなかった。2010年3月5日、ナッシュビルで息子イライジャ・ディラン・ウエストブルックをもうけた。

2006年11月28日、キンバリー・ローズとスティーブン・シュラプマンが結婚し[4]、2007年7月27日、娘デイジー・パール・シュラプマンをもうけた[5]。現在キンバリーは夫のシュラプマンの姓を名乗っている[6]。これ以前にキンバリーはバンドの弁護士であったスティーヴン・ローズと結婚していたが、2005年にローズは心臓発作で亡くなっている[7]

2007年3月30日、フィリップ・スウィートと自営のスタイリストであるレベッカ・アーサーが結婚した。2007年12月27日、ナッシュビルのバプティスト病院で娘ペネロピ・ジェーン・スウィートが生まれた[8]

音楽スタイル[編集]

4パートの音声ハーモニーで構成されている。他の多くのヴォーカル・グループと違い、特定のリード・シンガーを設けていない[3]。しかし曲によって4人のうち誰かがシード・シンガーを務めたり、『Boondocks 』や『Life in a Northern Town 』のように4人の組み合わせを変えたりしている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[9]
CAN
[10]
2002 Little Big Town
  • 発売日: 2002年5月21日
  • レーベル: Monument Nashville
  • フォーマット: CD
2005 The Road to Here
  • 発売日: 2005年10月4日
  • レーベル: Equity
  • フォーマット: CD, digital download
51
2007 A Place to Land
  • 発売日: 2007年11月6日
  • レーベル: Equity
  • フォーマット: CD, digital download
24
2010 The Reason Why
  • 発売日: 2010年8月24日
  • レーベル: Capitol Nashville
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 15万枚[12]
5
2012 Tornado
  • 発売日: 2012年9月11日
  • レーベル: Capitol Nashville
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 102.5万枚[13]
2 16
  • US: プラチナ[14]
  • CAN: ゴールド[15]
2014 Pain Killer
  • 発売日: 2014年10月21日
  • レーベル: Capitol Nashville
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 51.1万枚[16]
7 49
2016 Wanderlust
  • 発売日: 2016年6月10日
  • レーベル: Capitol Nashville
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 0.8万枚[17]
103
2017 The Breaker
  • 発売日: 2017年2月24日
  • レーベル: Capitol Nashville
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 4.4万枚[18]
4 15
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル[編集]

  • Don't Waste My Time (2002年)
  • Everything Changes (2002年)
  • Boondocks (2005年)
  • Bring It On Home (2006年)
  • Good as Gone (2006年)
  • A Little More You (2007年)
  • I'm with the Band (2007年)
  • Fine Line (2008年)
  • Good Lord Willing (2008年)
  • Little White Church (2010年)
  • Kiss Goodbye (2010年)
  • The Reason Why (2011年)
  • Pontoon (2012年)
  • Tornado (2012年)
  • Your Side of the Bed (2013年)
  • Sober (2013年)
  • Day Drinking (2014年)
  • Girl Crush (2014年)
  • Pain Killer (2015年)
  • One of Those Days (2016年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Little Big Town - Biography”. CMT. 2012年4月17日閲覧。
  2. ^ a b Mansfield, Brian (2006年10月22日). “Success no longer on Town's outskirts”. USA Today. 2007年12月16日閲覧。
  3. ^ a b Ruhlmann, William. “Little Big Town biography”. Allmusic. 2007年12月16日閲覧。
  4. ^ Little Big Town's Kimberly Roads Weds”. Great American Country (2006年12月7日). 2007年12月16日閲覧。
  5. ^ It's a Girl for LBT's Kimberly Roads!”. Great American Country (2007年7月30日). 2007年12月16日閲覧。
  6. ^ Little Big Town keeps sound from 'The Road to Here'
  7. ^ Cornelia native has No. 1 video with Little Big Town
  8. ^ Little Big Town's Phillip & Rebecca Sweet Have a Daughter - Little Big Town, Babies : People.com
  9. ^ Little Big Town Album & song Chart History: Billboard 200”. Billboard. 2010年8月20日閲覧。
  10. ^ Little Big Town Album & Song Chart History: Canadian Albums”. Billboard. 2012年9月20日閲覧。
  11. ^ American albums certifications – Little Big Town – The Road to Here”. Recording Industry Association of America. 2010年8月20日閲覧。
  12. ^ Final Holiday Sales #s of 2010 Are Huge for Country Artists”. Roughstock (2010年12月29日). 2010年12月29日閲覧。
  13. ^ Bjorke, Matt (2013年12月4日). “Country Album Chart News: The Week of December 4, 2013: Featuring Scotty McCreery, Garth Brooks, Carrie Underwood, Cassadee Pope, Duck Dynasty's Robertson Family”. Roughstock. http://www.roughstock.com/blog/country-album-chart-news-the-week-of-december-4-2013-featuring-scotty-mccreery-garth-brooks-carrie-underwood-cassadee-pope-duck-dynasty-s-robertson-family 2013年12月4日閲覧。 
  14. ^ "American albums certifications – Little Big Town – Tornado". Recording Industry Association of America.  If necessary, click Advanced, then click Format, then select ', then click SEARCH
  15. ^ "Canadian album certifications – Little Big Town – Tornado". Music Canada. 
  16. ^ Bjorke, Matt. “Top 10 Country Albums Chart: January 23, 2017”. Roughstock. http://roughstock.com/news/2017/01/41331-top-10-country-albums-chart-january-23-2016 2017年1月22日閲覧。 
  17. ^ Wanderlust Sales”. Hits Daily Double (2016年11月30日). 2016年12月8日閲覧。
  18. ^ Caulfield, Keith (2017年3月5日). “Future Makes History With Back-to-Back No. 1 Debuts on Billboard 200 Albums Chart”. Billboard. 2017年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]