第52回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第52回グラミー賞
Grammy-award-icon.png
受賞対象2009年度の音楽作品
開催日2010年1月31日 (2010-01-31)
会場ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者NARAS
主催者ジョン・グッドマン
テレビ/ラジオ放送
放送局アメリカ合衆国の旗 CBS
日本の旗 WOWOW, InterFM

第52回グラミー賞The 52nd Annual Grammy Awards)は、2010年1月31日ステイプルズ・センターで発表された(一部、部門はロサンゼルス・コンベンションセンター[1]。テレビは例年通りCBSで放送され、日本ではWOWOWInterFMで生中継、MUSIC BIRDでも放送された。ノミネートは2009年12月2日にL.A.ライブ内のクラブ・ノキアで発表された。

出演者[編集]

以下、パフォーマンスを披露するアーティストである[2]

マイケル・ジャクソン・トリビュート[編集]

全米レコード芸術科学アカデミーは今回のグラミー賞授賞式において、2009年に死去したマイケル・ジャクソンの功績を称える。それは、ツアー「ディス・イズ・イット」のロンドン公演で披露されるはずだった『アース・ソング』に合わせた3D映像を最大の特徴とする。授賞式では、マイケルの代わりにマイケルの子供であるプリンスとパリスが功労賞を受け取りにきた。

以下、トリビュートの出演者である[3]

プレゼンター[編集]

以下、プレゼンターとして出演する有名人である[4]

受賞・候補[編集]

受賞は各部門最上段に太字のもの[5]

総合(主要4部門)[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス
最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ポップ・コラボレーション(ボーカルあり)
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム

ダンス[編集]

最優秀ダンス録音
最優秀エレクトロニック/ダンス・アルバム

トラディッショナル・ポップ[編集]

最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

ロック[編集]

最優秀ソロ・ロック・ヴォーカル・パフォーマンス
最優秀ロック・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ハードロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム

オルタナティブ[編集]

最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀R&Bパフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀トラディショナルR&Bボーカル・パフォーマンス
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス
最優秀R&Bソング
最優秀R&Bアルバム
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム

ラップ[編集]

最優秀ラップ・パフォーマンス(ソロ)
最優秀ラップ・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀ラップ/サング・コラボレーション
最優秀ラップ・ソング
最優秀ラップ・アルバム

カントリー[編集]

最優秀カントリー・ボーカル・パフォーマンス(女性)
最優秀カントリーボーカル・パフォーマンス(男性)
最優秀カントリー・ボーカル・パフォーマンス(デュオもしくはグループ)
最優秀カントリー・コラボレーション(ボーカルあり)
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀カントリー・ソング
最優秀カントリー・アルバム

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリージャズ・インストゥルメンタル・アルバム
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・パフォーマンス
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
  • 『Book One』 - New Orleans Jazz Orchestra
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム

ゴスペル[編集]

最優秀ゴスペル・パフォーマンス
最優秀ゴスペル・ソング
最優秀ロックもしくはラップ・ゴスペル・アルバム
最優秀ポップ/コンテンポラリー・ゴスペル・アルバム
最優秀サザン、カントリーもしくはブルーグラス・ゴスペル・アルバム
最優秀トラディショナル・ゴスペル・アルバム
最優秀コンテンポラリーR&Bゴスペル・アルバム

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム
最優秀ラテン・ロック、オルタナティブもしくはアーバン・アルバム
最優秀トロピカル・ラテン・アルバム
最優秀リージョナル・メキシカン・アルバム
最優秀テハーノ・アルバム
最優秀ノルテーニョ・アルバム
最優秀バンダ・アルバム

アメリカン・ルーツ[編集]

最優秀アメリカーナ・アルバム
最優秀ブルーグラス・アルバム
最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム
最優秀トラディショナル・フォーク・アルバム
最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバム
最優秀ハワイアン・ミュージック・アルバム
  • 『Masters of Hawaiian Slack Key Guitar, Volume 2』 - Various Artists
最優秀ネイティブ・アメリカン・ミュージック・アルバム
最優秀ザディコもしくはケイジャン・ミュージック・アルバム

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

ワールドミュージック[編集]

最優秀トラディショナル・ワールドミュージック・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ[編集]

最優秀チルドレンズ・ミュージック・アルバム
最優秀チルドレンズ・スポークン・ワード・アルバム
  • 『Aaaaah! Spooky, Scary Stories & Songs』 - Buck Howdy

スポークン・ワード[編集]

最優秀スポークン・ワード・アルバム

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム

ミュージカル・ショー[編集]

最優秀ミュージカル・ショー・アルバム

映画、テレビ、その他ビジュアルメディア向け[編集]

最優秀コンピレーション・サウンドトラック・アルバム(映画、テレビ、その他ビジュアルメディア向け)
最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映画、テレビ、その他ビジュアルメディア向け)
最優秀楽曲(映画、テレビ、その他ビジュアルメディア向け)

作曲・編曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲
最優秀インストゥルメンタル編曲
最優秀インストゥルメンタル編曲(ボーカリストあり)

パッケージ[編集]

最優秀録音パッケージ
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ

アルバム・ノーツ[編集]

最優秀アルバム・ノーツ

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム
  • リトル・ウォルター『The Complete Chess Masters (1950–1967)』 - Andy McKaie(コンピレーション・プロデューサー)。Erick Labson(マスタリング・エンジニア)。

制作(非クラシカル)[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
最優秀リミックスド録音(非クラシカル)

制作(サラウンドサウンド)[編集]

最優秀サラウンドサウンド・アルバム
  • Robert Spanoアトランタ交響楽団&合唱団『Transmigration』 - Michael Bishop(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Michael Bishop(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。Elaine Martone(サラウンド・プロデューサー)。

制作(クラシカル)[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(クラシカル)

クラシック[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

最優秀短編ミュージック・ビデオ
最優秀長編ミュージック・ビデオ

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー
功労賞受賞者
トラスティーズ賞受賞者(アーティスト以外の音楽産業への貢献者に与えられる賞)
テクニカル・グラミー賞受賞者(音楽業界とレコーディング分野への貢献者に与えられる賞)
会長功労賞受賞者

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]