ジョー・ザヴィヌル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョー・ザヴィヌル
Joe zawinul 2007-03-28 live in freiburg.jpg
2007年、ドイツフライブルクでのライブ
基本情報
出生名 Josef Erich Zawinul
生誕 1932年7月7日
 オーストリア ウィーン
死没 (2007-09-11) 2007年9月11日(75歳没)
 オーストリア ウィーン
ジャンル ジャズ・フュージョン
担当楽器 キーボード
活動期間 1949年 - 2007年
共同作業者 キャノンボール・アダレイ
マイルス・デイビス
ウェザー・リポート
公式サイト Official website

ヨーゼフ・エーリッヒ・ツァヴィヌル[注釈 1](Josef Erich "Joe" Zawinul、1932年7月7日 - 2007年9月11日)は、オーストリアウィーン生まれのジャズフュージョンピアノシンセサイザー奏者。

1970年代よりシンセサイザーを駆使してきた彼がその発展に貢献したものは大きく、現代のミュージシャンにも多大な影響を与えている。

バイオグラフィ[編集]

アドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツの支配下にあったウィーンで育つが、その才能を見出され奨学生としてウィーン音楽院に入学する。 まもなく自分の求めるものがクラシック音楽ではない事を悟ると、すぐにジャズに心惹かれるようになる。 1959年ダウンビート紙上のバークリー音楽院の奨学生募集の記事を見つけ、これを利用してボストンへ渡る。 しかし学業もそこそこに3週間後にはメイナード・ファーガソンのバンドオーデションに合格しボストンを後にした。

1961年にはアルトサックス奏者キャノンボール・アダレイのバンドメンバーとなり、およそ9年間在籍した。自身が作曲した「マーシー・マーシー・マーシー」はアルバムからシングル・カットされ、1967年2月25日から3月4日にかけてビルボード・Hot 100の11位を記録[1][2]。ソウル・チャートでも2位までのぼりつめ、大ヒットとなった。この曲でのエレクトリック・ピアノを使用した彼のプレイに目を付けたマイルス・デイヴィスに声を掛けられて、1969年に『イン・ア・サイレント・ウェイ』や『ビッチェズ・ブリュー』といった作品に参加し大きな貢献を果たす。

1970年になるとウェイン・ショーターミロスラフ・ヴィトウスアイアート・モレイラらとともにウェザー・リポートを結成し大きな評判を呼ぶ。最強のエレクトリック・ジャズバンドと謳われたウェザーリポートは、1976年に天才ベーシストジャコ・パストリアスが加わり黄金期を迎えマイルス不在のジャズ界を牽引した。彼はここでも「バードランド」を作曲しポップヒットさせたが、次第にウィントン・マルサリスが提唱する新伝承派台頭によるアコースティックジャズへの傾倒といったシーンの時流もあり1986年ついにウェイン・ショーターとの共同プロジェクトであったウェザー・リポートを解散させる事となる。その後はレコード会社との関係悪化やシンセサイザーを使い続けた事による当時の時代とのミスマッチにより、シーンの中央からは遠ざかっていく。

しかしおよそ1995年にはかねてより積極的に取り入れていたワールドミュージックの要素が実を結び、彼のワーキングバンドであるザウィヌル・シンジケートに人気ベーシストリチャード・ボナを見出したこともあり再び大きな話題を呼ぶ事に成功する。メンバーは流動的ながらこのバンドでツアーを続け、日本のブルーノートに来日する機会も多かった。

1996年の一時期には「ウェザー・リポートの再結成」という噂があったが、当人はレコード会社からそのような話もあったことを認めつつも、結局実現には至らなかった。

2004年には祖国ウィーンに、世界中の音楽を発信する場としてクラブ「ジョー・ザヴィヌルズ・バードランド」をオープンさせている。また2006年に創刊された日本のファッション誌Z(ジー)において、コンセプトである粋Z(粋な爺)の象徴として毎号の表紙を飾っていた。

2007年7月7日スイスルガーノにてバースデイ・コンサートが行われる。このライヴの模様はアルバム『75』として発売されることとなるが、2ヵ月後の9月11日皮膚癌のため故郷ウィーンにて75歳で死去。『75』が彼の遺作となる。ウィーン中央墓地に埋葬されている。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ名義[編集]

  • 『トゥ・ユー・ウィズ・ラブ 』 - To You with Love (Strand 1959年)
  • 『マネー・イン・ザ・ポケット』 - Money in the Pocket (Atlantic 1966年)
  • 『サード・ストリームの興亡』 - The Rise and Fall of the Third Stream (Vortex 1968年)
  • 『ザヴィヌル』 - Zawinul (Atlantic 1971年)
  • 『ダイアレクツ』 - Di-a-lects (Columbia 1986年)
  • 『マイ・ピープル』 - My People (ESC-Records 1996年)
  • Stories of the Danube (Polygram 1996年)
  • Mauthausen - Vom großen Sterben hören (ESC-Records 2000年)
  • Faces & Place (ESC-Records 2002年)
  • Brown Street (Intuition 2006年)

共同名義[編集]

  • Music for Two Pianos (Capriccio 1988年) ※フリードリヒ・グルダと共同名義
  • 『アブソリュート・ザヴィヌル』 - Absolute Zawinul (intuition 2009年) ※アブソリュート・アンサンブル フィーチュアリング ジョー・ザヴィヌル名義

ウェザー・リポート[編集]

ザヴィヌル・シンジケート[編集]

  • 『イミグランツ』 - The Immigrants (Columbia 1988年)
  • 『ブラック・ウォーター』 - Black Water (Columbia 1989年)
  • 『ロスト・トライブス』 - Lost Tribes (Columbia 1992年)
  • 『ワールド・ツアー』 - World Tour (Zebra 1997年) ※2CD ベルリントリーアニューヨークにおけるライブ
  • 『ウィーンの夜:ライヴ・アット・バードランド』 - Vienna Nights: Live at Joe Zawinul's Birdland (BirdJAM 2005年)
  • 『75:ラスト・バースデイ・ライヴ!』 - 75 (JVC 2008年)

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドイツ語ではこの通り「ツァヴィヌル」と読むが、本稿では日本における慣用に従い、英語圏での呼称にもとづく「ザヴィヌル」表記を用いる。「ジョー」は英語圏における通称。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]