オマー・ハキム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オマー・ハキムOmar Hakim1959年2月12日 -)は、アメリカドラマーである。

ニューヨーク生まれ。父親は、デューク・エリントンカウント・ベイシーなどのスウィングバンドトロンボーンを吹いた、ハンサン・ハキム(Hasan Hakim)。幼い頃から演奏を始める。マーカス・ミラーとは、少年時代からの友人。甲高い音にチューニングしたスネアドラム、手数の多いドラミング、他の演奏者と「一緒にグルーブしたい」志向が特徴。最近のエレドラは、ローランド製。


略歴[編集]

概要[編集]

ジャズリズム・アンド・ブルースフュージョン系のドラムを叩くドラマーとして、ジャンルを問わず多くのミュージシャンレコーディング、セッションライブに参加してきた。

ウェイン・ショーター渡辺香津美及川光博キャロル・キング佐野元春ジョージ・ベンソンジョー・サンプルジョン・スコフィールドスタンリー・クラークSMAPデイヴィッド・サンボーンハービー・ハンコックマーカス・ミラーマイルス・デイヴィス吉田美和リー・リトナーマドンナ大黒摩季マライア・キャリーセリーヌ・ディオンほか多数。

リーダー・アルバム[編集]

  • 『リズム・ディープ』(Rhythm Deep) 1989年 - グラミー賞にノミネート。オマー自身の歌を前面に出している。
  • 『グルーヴ・スミス』(The Groovesmith) 2000年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]