ウェイン・ショーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウェイン・ショーター
Wayne Shorter
Wayne Shorter.jpg
ウェイン・ショーター
(2006年 Photo by Tom Beetz)
基本情報
生誕 (1933-08-25) 1933年8月25日(89歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州 ニューアーク
ジャンル モード・ジャズ
クロスオーヴァー・ジャズ
プログレッシヴ・ジャズ
ポストバップ
ハード・バップ
ジャズ・フュージョン
職業 作曲者バンドリーダー、サックス奏者
担当楽器 テナー・サックス、ソプラノ・サックス
活動期間 1959年 – 現在
レーベル ヴィージェイ
ブルーノート
コロムビア
ヴァーヴ
共同作業者 アート・ブレイキー
マイルス・デイヴィス
ウェザー・リポート
ダニーロ・ペレス
ジョン・パティトゥッチ
ブライアン・ブレイド

ウェイン・ショーターWayne Shorter1933年8月25日 – )は、ジャズのテナーサックス・ソプラノサックス奏者、作曲家である。アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれ。ジャズ・メッセンジャーズのメンバーとして活躍し、作曲も担当した。1960年代にはマイルス・デイヴィスのクインテットに参加し、その後ジョー・ザヴィヌルとともにウェザー・リポートを結成した。

演奏家としての活躍もさることながら、作曲家としても高く評価されており、スタンダードとして広く演奏されている楽曲もある[1][2]ニューヨーク・タイムズベン・ラトリフ英語版は最も偉大なジャズ作曲家、最も偉大な即興演奏家の一人と評した[3]。2022年現在、グラミー賞に21回ノミネートされ11回受賞している[4]。2017年にはポーラー音楽賞を受賞した[5]。日本での人気も高く、スイングジャーナル誌の人気投票ソプラノサックス海外部門において、1973年から少なくとも2001年まで29年連続1位に輝いている。

経歴[編集]

幼少期からデビューまで[編集]

ショーターはニュージャージー州ニューアークに生まれ[6]、アイアンバウンド地区で育った[7][8]。幼少期は絵を描くことや映画を好んだ。12歳のときに市の美術展で優勝し[9]、15歳で長編漫画を描きあげた。教師の勧めによりニューアークアーツ高校英語版へ進学した[8]。同校はアメリカ合衆国初の公立芸術高校である[10]。無断欠席で問題を起こし、アキレス・ダミーコが教える音楽理論のクラスに出席することとなった[8]。ダミーコは最初の授業で「音楽は3つの方向に進む」と宣言し、それを説明するためにペルーの歌手イマ・スマックのレコード、イーゴリ・ストラヴィンスキーの『春の祭典』、そしてチャーリー・パーカーのレコードを見せ、ショーターにインスピレーションを与えた[11]

ショーターはクラリネットのレッスンを受けていたが、テナーサックスに転向しトランペット奏者の兄アランらとともに演奏を始めた。グループはボヘミアン的な感性を重視した。フロントマンはジャッキー・ブランドというフットボール選手で、楽器は弾けなかったが、ディジー・ガレスピーのような恰好をして演奏を盛り上げた。しわくちゃの服を着て、楽譜の代わりに新聞を立てかけて演奏するなど、突拍子もない行動に誇りを持っていた[11]

1952年、ニューヨーク大学に進学した。大学在学中、ジョン・コルトレーンと練習を共にする機会があり影響を受けた[1]。1956年に音楽教育の学位を得て卒業すると、ジョニー・イートン英語版率いるプリンストニアンズで短期間活動し、そのテナーサックスのスピードとテクニックから「ニューアークの閃光」と呼ばれるようになった[11][12]

大学卒業後、ホレス・シルヴァーととも演奏していたが、徴兵のため2年間アメリカ陸軍に在籍した[1]。陸軍では狙撃の名手と評価され軍に残るよう説得されたが退役し[13]メイナード・ファーガソンのバンドに参加した。ここで将来の共同作業者であるジョー・ザヴィヌルと出会った。

ジャズ・メッセンジャーズ[編集]

翌1959年にはアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに参加した[14]。音楽監督の役割も担い、作曲も多く担当した。ショーターの在籍中に録音されたアルバムは1961年の『A Night in Tunisia』、1962年の『Mosaic』、1963年『Caravan』『Ugetsu』をはじめ評価の高いものが多く、リー・モーガンフレディ・ハバードらが在籍したこの時期はジャズ・メッセンジャーズの黄金期の一つに数えられている[14]。アメリカ国内だけでなくヨーロッパや日本へのツアーにも参加し、才能ある若きサックス奏者としてその名を確立した[15]

1959年、ショーターはヴィージェイ・レコードからリーダーアルバム『Introducing Wayne Shorter』を発表した。以後コンスタントにリーダーアルバムを制作してゆくこととなる。

マイルス・デイヴィス・クインテット[編集]

マイルス・デイヴィスは、従前からショーターの引き抜きを試みていたが[1]、1964年夏、ついにショーターを自分のクインテットに加えることに成功した。ハービー・ハンコックロン・カータートニー・ウィリアムスらとともに世代を超えて大きな影響を与え、セカンド・グレート・クインテット英語版と呼ばれた。

デイヴィスは「ウェインは本物の作曲家だ。彼が望むサウンドとなるように皆のパートを書く。ウェインはまた、音楽的なルールというものに対する探究心のようなものを持ち込んできた。ルールがうまくいかなければ壊してしまうんだ。音楽において自由になるために、ルールを知ったうえで、自分らしい表現のためにルールを曲げてしまう。それを彼は理解していた」と述べた[16]

ハンコックは「あのグループの中で、私にとっての最高の作曲者だった。今でも最高だ。マイルスに曲を持って行って変更を加えられなかった数少ない人物の一人だった」と語った[17][18]

ショーターとデイヴィスはよく話した。デイヴィスは「俺の左足、どこか悪いんだ」と体の調子について話す一方、「ウェイン、音楽のように聞こえる音楽を演奏することに飽きたことはないか?」と尋ね、ショーターが答える前に「言いたいことはわかる」と言った。このやりとりについてショーターは「自分の質問に自分で答えているんだ。研究の成果のように聞こえる音楽も通用はするだろう。しかし本当に意外なもの、未知の世界のものを目指すとしたら?そういう挑戦なのだ。本当に恐れることなく、未知のもの、予想外のものと向き合っていくことが必要な時代。見たこともない状況と向き合わなければならないのだ」と語った[19]

音楽家で『ラフガイド』の著者でもあるイアン・カーは、「ブレイキーのハードでストレートアヘッドなリズムはショーターのテナー演奏の筋肉質な部分を引き出していたが、デイヴィスのリズムセクションの自由度の高さによって、ショーターは新しい感情と技術の次元を探求することができた」と述べた[20]

マイルス・デイヴィス大事典』著者の小川隆夫は、ショーターの加入の影響について「同じ曲をやってもマイルスのプレイが全然変わってるんです。マイルスがショーターに触発されたことがよくわかる」「音の出し方も、つんのめってる。アイディアが湧き出すんだけど指が追いつかない、そんな感じの吹き方なんですね。その後にスタジオアルバムの『ESP』を作るんだけど、そっちは落ち着いてる。ところがライブは嬉々としてやっているのがよくわかる」と述べた[21]

1970年まで在籍したショーターは、このクインテットで最も多作な作曲家となり、「E.S.P.」「ピノキオ」「ネフェルティティ」「サンクチュアリ」「フットプリンツ」「フォール」「プリンス・オブ・ダークネス」などの楽曲を提供した。マイルスのルーズなポストバップ・アコースティック・ジャズからエレクトロニック・ジャズ・ロックへの移行期の1968年末、ショーターはソプラノサックスを演奏するようになった[1]

並行するソロ活動[編集]

この時期のショーターはソロ活動を並行して行い、ハードバップから無調のアバンギャルド、さらにはジャズ・ロックまでその領域を広げていた[1]。アルバムとして1964年の『JuJu』、1966年の『Speak No Evil』、1967年の『Adam's Apple』、1969年の『Super Nova』といったすぐれた作品を立て続けに発表した。オールミュージックは『Speak No Evil』について「ショーターは非常に独創的で珍しい作曲をしているにもかかわらず、ただのコルトレーンの弟子という不当な烙印を押されていたが、ついに本領を発揮した」と述べた[22]。さらに『Adam's Apple』について「ショーターが最も充実していた時期に発表した作品の中で最高の作品。ショーターはすでに独自の演奏スタイル、卓越した作曲スタイル、サイドメンとの完璧なバランスのとれた関係を築きあげている」と評価した[23]

ウェザー・リポート[編集]

1970年11月、ショーターは旧知の仲であったジョー・ザヴィヌル、ミロスラフ・ヴィトゥスと組んでウェザー・リポートを結成した[1]。最初期はザヴィヌルの志向する実験的電子音楽の色彩が強かったが、頻繁なメンバー交代とともに音楽性も様々に変化した。ショーターはその中で15年にわたって在籍し、ザヴィヌルとともにグループを支えた。ショーターは1972年ごろから再びテナーサックスを演奏するようになった。1970年代の最も創造的で影響力のあるバンドとして、世界中で絶大な人気を得た[24]。ウェザー・リポートは商業的にも成功し、ダウン・ビート誌の「ベスト・アルバム賞」を5回連続で受賞するなど、批評家の評価も高かった。

ネイティヴ・ダンサー[編集]

ウェザー・リポート在籍中はソロ活動をほとんど行わなかったが、この期間の数少ないリーダーアルバムの一つが1975年に発表した『ネイティヴ・ダンサー』であった。ブラジルのスターであるミルトン・ナシメントと組んだこのアルバムは、ハービー・ハンコックがアコースティックピアノとエレクトリックキーボードを担当、パーカッショニストのアイアート・モレイラが参加し、ブラジリアン・ジャズ・フュージョンの傑作となった[25]。ラテン・ジャズ・ネットワークは「ブラジル音楽とジャズのコラボレーションはこれ以前にも以後にも存在するが、これほど見事な構成と音楽性を持つものはない」と高く評価した[26]

1976年から1979年にかけてハービー・ハンコック、フレディ・ハバード、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスらとV.S.O.P.クインテットとしてライブ活動を行った[1]

また、ジョニ・ミッチェルスティーリー・ダンカルロス・サンタナらとのレコーディング活動も行った。

ウェザー・リポート以後[編集]

ウェザー・リポートは1985年に実質的に解散となった[27]。この年、10年ぶりのリーダーアルバム『アトランティス』を発表し、意欲的なツアーを行った。続く『ファントム・ナビゲイター』『ジョイ・ライダー』とソロアルバムを発表した後は再びセッション活動等に重点を置き、1989年には、元イーグルスドン・ヘンリーのヒット曲「The End of the Innocence」に参加し全米8位となった。

1995年には7年振りとなるリーダー作『ハイ・ライフ』を発表し、第39回グラミー賞において、ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス賞を受賞した[28]

1996年のツアー中に、トランス・ワールド航空800便墜落事故により妻を亡くした。夫を驚かせるために、訪ねることを事前に伝えずに搭乗したという。ショーターは1985年、重度の脳性小児マヒであった娘を亡くしている。

1997年、ローリング・ストーンズの『ブリッジズ・トゥ・バビロン』に参加。1998年にはハービー・ハンコックの『ガーシュウィン・ワールド』にゲスト参加した。

2001年にはハンコックの『フューチャー・2・フューチャー』とマーカス・ミラーの『M²』に再び参加した。

アコースティック・カルテット[編集]

2000年、ダニーロ・ペレス、ジョン・パティトゥッチブライアン・ブレイドと共に新生アコースティック・カルテットを結成しライブ活動を行った。2002年にはこのグループ初のアルバム『Footprints Live!』を発表した。

2003年の『アレグリア』は高い評価を受け[29][30][31]、2004年の第46回グラミー賞において最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞および最優秀インストゥルメンタル・コンポジション賞(「Sacajawea」)を受賞した[32][33]

2005年の『ビヨンド・ザ・サウンド・バリアー』は2002年から2004年にかけてヨーロッパ、アメリカ、アジアの3大陸で行われたライブを収録した。第48回グラミー賞最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞した[34]

2013年『Without a Net』は、1971年の『Odyssey of Iska』以来、43年ぶりにブルーノートからのアルバムとなった。「Orbits」で第56回グラミー賞の最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ賞を受賞した[35]

2018年『Emanon』は、2013年にオルフェウス室内管弦楽団と共演した4部構成の組曲と、2016年に行われたライブを収録した2枚の計3枚組の作品となった。第61回グラミー賞最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞した[36]

ディスコグラフィ[編集]

リーダーアルバム[編集]

録音年 発表年 タイトル レーベル 備考
1959 1960 Introducing Wayne Shorter Vee-Jay
1960 1974 Second Genesis Vee-Jay
1961 1962 Wayning Moments Vee-Jay
1964 1964 Night Dreamer Blue Note
1964 1965 JuJu Blue Note
1964 1966 Speak No Evil Blue Note
1965 1979 The Soothsayer Blue Note
1965 1966 Etcetera Blue Note
1965 1966 The All Seeing Eye

オール・シーイング・アイ

Blue Note
1966 1967 Adam's Apple Blue Note
1967 1969 Schizophrenia Blue Note
1969 1969 Super Nova Blue Note
1970 1974 Moto Grosso Feio Blue Note
1970 1971 Odyssey of Iska Blue Note
1974 1975 Native Dancer

ネイティヴ・ダンサー

Columbia ミルトン・ナシメントと共演
1985 1985 Atlantis

アトランティス

Columbia
1987 1987 Phantom Navigator Columbia
1988 1988 Joy Ryder

ジョイ・ライダー

Columbia
1988 2007 Carlos Santana and Wayne Shorter – Live at the Montreux Jazz Festival 1988

モントルー・ジャズ・フェスティバル 1988

Image Entertainment カルロス・サンタナと共演
1995 1995 High Life

ハイ・ライフ

Verve 第39回グラミー賞dagger
1997 1997 1+1 Verve ハービー・ハンコックと共演
2002 2002 Footprints Live!

フットプリンツ:ベスト・ライヴ!

Verve
2003 2003 Alegría

アレグリア

Verve 第46回グラミー賞double-dagger
2002–2004 2005 Beyond the Sound Barrier

ビヨンド・ザ・サウンド・バリアー

Verve 第48回グラミー賞double-dagger
2010 2013 Without a Net Blue Note
2016 2018 Emanon Blue Note 第61回グラミー賞double-dagger

dagger最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス

double-dagger最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム

受賞歴[編集]

グラミー賞[編集]

作品 備考
1979 22 8:30[37] 最優秀ジャズ・フュージョン・パフォーマンス ウェザー・リポートとして受賞
1987 30 Call Sheet Blues[38] 最優秀インストゥルメンタル作曲賞 ロン・カーター、ハービー・ハンコック、ビリー・ヒギンズとともに受賞
1994 37 A Tribute To Miles[39] 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・パフォーマンス ロン・カーター、ハービー・ハンコック、ウォレス・ルーニートニー・ウィリアムスとともに受賞
1996 39 ハイ・ライフ[28] 最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス
1997 40 Aung San Suu Kyi[40] 最優秀インストゥルメンタル作曲賞 『1+1』収録、ハービー・ハンコックとともに受賞
1999 42 In Walked Wayne[41] 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・ソロ J・J・ジョンソン『Heroes』収録
2003 46 アレグリア 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
2003 46 Sacajawea[33] 最優秀インストゥルメンタル作曲賞 アレグリア』収録
2005 48 ビヨンド・ザ・サウンド・バリアー 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
2013 56 Orbits 最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ 『Without a Net』収録
2018 61 Emanon 最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム

その他受賞[編集]

1996年:モントリオール国際ジャズフェスティバル・マイルス・デイヴィス賞[42]

1998年:アメリカ合衆国国立芸術基金ジャズ・マスターズ[43]

1999年:バークリー音楽大学名誉音楽博士号[44]

2014年:アカデミー・オブ・アチーブメントのゴールデン・プレート賞[45][46]

2017年:ポーラー音楽賞英語版[47]

2017年:ショック賞音楽芸術部門[48]

2018年:ケネディ・センター名誉賞[49][50]

2021年:ドリス・デューク・パフォーミング・アーティスト賞[51][52]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Wayne Shorter”. www.bluenote.com. 2022年6月29日閲覧。
  2. ^ Jazz Standard Repertoire - Wayne Shorter tag”. standardrepertoire.com. 2022年6月29日閲覧。
  3. ^ Ratliff, Ben (2004年12月24日). “Wayne Shorter: 'Happening,' and Meandering, a Burst at a Time” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2004/12/24/arts/music/wayne-shorter-happening-and-meandering-a-burst-at-a-time.html 2022年6月29日閲覧。 
  4. ^ Wayne Shorter”. www.grammy.com. 2022年6月29日閲覧。
  5. ^ Chow, Andrew R. (2017年2月7日). “Sting and Wayne Shorter Win Polar Music Prize” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2017/02/07/arts/music/sting-and-wayne-shorter-win-polar-music-prize.html 2022年6月29日閲覧。 
  6. ^ Jazz, All About. “Wayne Shorter musician - All About Jazz” (英語). All About Jazz Musicians. 2022年6月28日閲覧。
  7. ^ The Virgin encyclopedia of popular music. Colin Larkin (Concise ed ed.). London: Virgin in association with Muze Inc. (1997). ISBN 1-85227-745-9. OCLC 38189417. https://www.worldcat.org/oclc/38189417 
  8. ^ a b c JazzTimes. “Park Place in Newark Renamed Wayne Shorter Way” (英語). JazzTimes. 2022年6月28日閲覧。
  9. ^ Wayne Shorter, "The Newark Flash," Recalls His Formative Years in the Ironbound and Beyond” (英語). WBGO (2017年4月20日). 2022年6月28日閲覧。
  10. ^ Our History” (英語). Arts High School. 2022年6月28日閲覧。
  11. ^ a b c Wayne Shorter, "The Newark Flash," Recalls His Formative Years in the Ironbound and Beyond” (英語). WBGO (2017年4月20日). 2022年6月28日閲覧。
  12. ^ Jazz, All About. “Wayne Shorter musician - All About Jazz” (英語). All About Jazz Musicians. 2022年6月28日閲覧。
  13. ^ Wayne Shorter at 80, catching his second wind”. 2022年6月29日閲覧。
  14. ^ a b Waring, Charles (2021年10月11日). “Art Blakey: How The Jazz Messenger Shaped The Future Of Jazz” (英語). uDiscover Music. 2022年6月29日閲覧。
  15. ^ Carr, Ian; Fairweather, Digby; Priestley, Brian; Parker, Chris (1995). Jazz : the rough guide. Internet Archive. London : Rough Guides ; London ; New York : Distributed by the Penguin Group. ISBN 978-1-85828-137-7. http://archive.org/details/jazzroughguide00carr 
  16. ^ Davis, Miles; Troupe, Quincy (1990-09-15) (英語). Miles. Simon and Schuster. ISBN 978-0-671-72582-2. https://books.google.co.jp/books?id=xgAVXHhuNYgC&pg=PA274&lpg=PA274&dq=he+understood+that+freedom+in+music+was+the+ability+to+know+the+rules+in+order+to+bend+them+to+your+own+satisfaction+and+taste&source=bl&ots=BW6x0Cgs90&sig=ACfU3U22pp9wnt0VjQQR76bcRO7ke7DoSA&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjSxfO1xNL4AhVmmlYBHZLsCDcQ6AF6BAgYEAM#v=onepage&q=he%20understood%20that%20freedom%20in%20music%20was%20the%20ability%20to%20know%20the%20rules%20in%20order%20to%20bend%20them%20to%20your%20own%20satisfaction%20and%20taste&f=false 
  17. ^ Lyons, Leonard (1983) (英語). The Great Jazz Pianists: Speaking of Their Lives and Music. W. Morrow. ISBN 978-0-688-01920-4. https://books.google.co.jp/books?redir_esc=y&hl=ja&id=S2oHAQAAMAAJ&focus=searchwithinvolume&q=get+changed 
  18. ^ Stories of Standards: "Footprints" by Wayne Shorter” (英語). KUVO (2019年2月13日). 2022年6月29日閲覧。
  19. ^ Weiner, Natalie (2015年5月16日). “Wayne Shorter on Miles Davis, Kanye West, & the Music of the Future” (英語). Billboard. 2022年6月29日閲覧。
  20. ^ Carr, Ian; Fairweather, Digby; Priestley, Brian (1995). The Rough Guide to Jazz - The Essential Companion to Artists and Albums. Rough Guides Ltd. pp. 584–585. ISBN 1-85828-137-7.
  21. ^ 『マイルス・デイヴィス大事典』著者インタビュー|前代未聞の巨編はいかにして作られたのか” (日本語). ARBAN (2022年2月28日). 2022年6月29日閲覧。
  22. ^ (英語) Wayne Shorter - Speak No Evil Album Reviews, Songs & More | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/speak-no-evil-mw0000247834 2022年6月29日閲覧。 
  23. ^ (英語) Wayne Shorter - Adam's Apple Album Reviews, Songs & More | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/adams-apple-mw0000192508 2022年6月29日閲覧。 
  24. ^ Weather Report: the life and times of the group on record” (英語). Jazzwise. 2022年6月29日閲覧。
  25. ^ (英語) Wayne Shorter - Native Dancer Album Reviews, Songs & More | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/native-dancer-mw0000655009 2022年6月29日閲覧。 
  26. ^ Gama, Raul Da (2015年10月4日). “Wayne Shorter: Native Dancer” (英語). Latin Jazz Network. 2022年6月29日閲覧。
  27. ^ Jazz, All About. “Weather Report musician - All About Jazz” (英語). All About Jazz Musicians. 2022年6月29日閲覧。
  28. ^ a b 1996 GRAMMY WINNERS 39th Annual GRAMMY Awards”. www.grammy.com. 2022年6月29日閲覧。
  29. ^ (英語) Wayne Shorter - Alegría Album Reviews, Songs & More | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/alegr%C3%ADa-mw0000019658 2022年6月29日閲覧。 
  30. ^ Inc, CMJ Network (2003-03-24) (英語). CMJ New Music Report. CMJ Network, Inc.. https://books.google.co.jp/books?id=xfxygGTwiFYC&pg=PA31&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false 
  31. ^ Ratliff, Ben (2003年3月23日). “MUSIC; The Inner Roadhouse Musician” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2003/03/23/arts/music-the-inner-roadhouse-musician.html 2022年6月29日閲覧。 
  32. ^ Inc, Nielsen Business Media (2004-02-21) (英語). Billboard. Nielsen Business Media, Inc.. https://books.google.com/books?id=gw8EAAAAMBAJ&pg=PA70 
  33. ^ a b 2003 GRAMMY WINNERS 46th Annual GRAMMY Awards”. www.grammy.com. 2022年6月29日閲覧。
  34. ^ 2005 GRAMMY WINNERS 48th Annual GRAMMY Awards”. www.grammy.com. 2022年6月29日閲覧。
  35. ^ 2013 GRAMMY WINNERS 56th Annual GRAMMY Awards”. www.grammy.com. 2022年6月29日閲覧。
  36. ^ 2018 GRAMMY WINNERS 61st Annual GRAMMY Awards”. www.grammy.com. 2022年6月29日閲覧。
  37. ^ 1979 GRAMMY WINNERS 22nd Annual GRAMMY Awards”. www.grammy.com. 2022年6月30日閲覧。
  38. ^ 1987 GRAMMY WINNERS 30th Annual GRAMMY Awards”. www.grammy.com. 2022年6月30日閲覧。
  39. ^ 1994 GRAMMY WINNERS 37th Annual GRAMMY Awards”. www.grammy.com. 2022年6月30日閲覧。
  40. ^ 1997 GRAMMY WINNERS 40th Annual GRAMMY Awards”. www.grammy.com. 2022年6月30日閲覧。
  41. ^ 1999 GRAMMY WINNERS 42nd Annual GRAMMY Awards”. www.grammy.com. 2022年6月30日閲覧。
  42. ^ Festival international de Jazz de Montréal - Festival Awards” (英語). www.montrealjazzfest.com. 2022年6月30日閲覧。
  43. ^ Wayne Shorter” (英語). www.arts.gov. 2022年6月30日閲覧。
  44. ^ 1999 Commencement at Berklee: David Bowie and Wayne Shorter | Berklee College of Music” (英語). college.berklee.edu. 2022年6月30日閲覧。
  45. ^ Golden Plate Awardees” (英語). Academy of Achievement. 2022年6月30日閲覧。
  46. ^ 2014” (英語). Academy of Achievement. 2022年6月30日閲覧。
  47. ^ Wayne Shorter” (英語). www.polarmusicprize.org. 2022年6月30日閲覧。
  48. ^ Wayne Shorter” (スウェーデン語). Kungl. Vetenskapsakademien. 2022年6月30日閲覧。
  49. ^ West, Michael J. (February 2019). "Shorter Among Kennedy Center Honorees". DownBeat. Vol. 86, no. 2. p. 15.
  50. ^ ケネディ・センター名誉賞、シェールや「ハミルトン」製作者らに」『Reuters』、2018年7月27日。2022年6月30日閲覧。
  51. ^ Doris Duke Charitable Foundation Announces 2021 Doris Duke Artists”. www.ddcf.org. 2022年6月30日閲覧。
  52. ^ Wayne Shorter, Kris Davis and Danilo Pérez win 2021 Doris Duke Artist Awards” (英語). JAZZ.FM91 (2021年10月25日). 2022年6月30日閲覧。