ルガーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯46度00分 東経8度57分 / 北緯46.000度 東経8.950度 / 46.000; 8.950

ルガーノ
Lugano
スイスの旗
ブレ山から見たルガーノのパノラマ
ブレ山から見たルガーノのパノラマ
ルガーノの市章
基礎自治体(Comune)
位置
ルガーノの位置の位置図
ルガーノの位置
座標 : 北緯46度01分0秒 東経7度45分0秒 / 北緯46.01667度 東経7.75000度 / 46.01667; 7.75000
行政
スイスの旗 スイス
  (Canton)
Wappen des Kantons Tessin
ティチーノ州
  (Distretto)
Wappen des Bezirks Lugano
ルガーノ郡
 基礎自治体(Comune) ルガーノ
地理
面積  
  基礎自治体(Comune) 75.98 km2 (29.34 mi2)
標高 273 m (896 ft)
人口
人口 (2015年12月現在)
  基礎自治体(Comune) 63,583[1]
    人口密度   840人/km2(2200人/mi2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 6900
市外局番 5192
公式ウェブサイト : www.lugano.ch/

ルガーノ(Lugano)は、スイス連邦の都市。イタリア語圏であるティチーノ州最大のコムーネである。

地理[編集]

マッジョーレ湖コモ湖の中間にあるルガーノ湖のほとりに位置する。ブレ山とサン・サルバトーレ山の間でカサラテ川が湖に注ぐ地点にある。イタリアの主要都市ミラノまでは直線距離で60kmほどである。

1905-1910年ごろのルガーノ。プロクジン=ゴルスキーによる。

歴史[編集]

村落としてのルガーノに関する初めての記録は、その信憑性について議論がある。それによると、724年ロンバルド王国のリウトプランド王は、コモにあった聖カルポフォルス教会に、ルガーノにあったさまざまな財産を譲渡した。804年ないし844年の他の文書は、ルガーノ湖を Laco Luanasco と表記していた。984年の法令は、ルガーノを市場町と記載している。874年の記録では、ルガーノは Luano と記されたが、1189年の記録では現在の表記が採用されている。市章も、この頃に作られた。1208年10月18日から1209年11月14日までの間に記された文書によると、市章の4文字はルガーノの略語である。ルガーノはドイツ語圏のカントンであることで知られていた。

第二次世界大戦後、特に1960年代から1970年代にかけて、イタリアから豊富な資本が流入したことから、ルガーノでは銀行が指数関数的に増加し、スイス第3の経済・金融の中心地となった。現在、ルガーノには100を超す金融機関がある。

文化[編集]

出身人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]