スポーティン・ライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sportin' Life
Weather Reportスタジオ・アルバム
リリース
録音 -
ジャンル ジャズフュージョン
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース Joe Zawinul
Wayne Shorter
専門評論家によるレビュー
Weather Report 年表
Domino Theory
(1984)
Sportin' Life
(1985)
This Is This
(1986)
テンプレートを表示

スポーティン・ライフ』(Sportin' Life、歌劇「ポーギーとベス」の登場人物から)はアメリカのエレクトリック・ジャズ・バンド、ウェザー・リポートの15枚目のアルバム。1985年に発売された。このバンドのアルバムとしては初めて、大幅にヴォーカルを取り入れたのだが、その大部分は歌詞を伴わない。また、繰り返し歌われるフレーズのほとんどは、ボビー・マクファーリンか、もしくはカール・アンダーソンによるものである。

アルバムのタイトルは、ジョージ・ガーシュウィンヘイワードオペラポーギーとベス」の中の登場人物「スポーティン・ライフ」にちなんだものである。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「Corner Pocket」   Zawinul
2. 「Indiscretions」   Zawinul
3. 「Hot Cargo」   Zawinul
4. 「Confians」   Cinelu
5. 「Pearl on the Half Shell」   Shorter
6. 「What's Going On」   Benson/Cleveland/Gaye
7. 「Face on the Barroom Floor」   Shorter
8. 「Ice-Pick Willy」   Zawinul

パーソネル[編集]

ゲスト・ミュージシャン[編集]