ボビー・マクファーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボビー・マクファーリン
Bobby McFerrin
Bobby McFerrin photo by Szaniszlo Ivor.jpg
ボビー・マクファーリン(2007年)
基本情報
出生名 Robert Keith McFerrin Jr.
生誕 (1950-03-11) 1950年3月11日(72歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン
ジャンル ジャズポップ・ミュージック
職業 シンガーソングライターコンダクタープロデューサー
担当楽器 ボーカルピアノベースクラリネット
活動期間 1970年 -
共同作業者 チック・コリア
ハービー・ハンコック
公式サイト bobbymcferrin.com

ボビー・マクファーリンBobby McFerrin [məkˈfɛərən][1]1950年3月11日 - )は、アメリカ合衆国ジャズ歌手。父はオペラ歌手のロバート・マクファーリン英語版

ジョン・ヘンドリックス英語版アル・ジャロウと並ぶ器楽的唱法を特徴とする。歌声に変化を加える方法として、歌いながらを叩くなどの技巧も用いる。

1988年、リズムやベースなどを全て自身の声だけで多重録音した「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー英語版」が、アメリカのヒットチャートでNo.1を獲得、これは伴奏に楽器を一切使っていない曲としては史上初であり、ジャズ歌手の曲としてはルイ・アームストロング以来である。グラミー賞では、最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞を受賞、マクファーリン自身も最優秀男性ポップ・ボーカル賞を受賞し、3冠を達成した。

また2004年にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のシェーンブルン・サマー・ナイト・コンサートを指揮した[2]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『踊る声』 - Bobby McFerrin(1982年)
  • 『ザ・ヴォイス』 - The Voice(1984年)
  • 『チュニジアの夜』 - Spontaneous Inventions(1986年)
  • 『象の鼻はなぜ長い』 - Elephant's Child(1987年)※with ジャック・ニコルソン
  • 『サイの皮はなぜ厚い&ラクダのこぶはなぜあるの』 - How the Rhinoceros Got His Skin & How the Camel Got His Hump(1987年)※with ジャック・ニコルソン
  • The Many Faces of Bird: The Music of Charlie Parker(1987年)※with リッチー・コール、リー・コニッツ
  • 『シンプル・プレジャーズ』 - Simple Pleasures(1988年)
  • Lady Fair(1989年)※with Gary Wiggins
  • 『心のミュージック』 - Medicine Music(1990年)
  • 『スペイン』 - Play(1990年)※with チック・コリア
  • 『ハッシュ』 - Hush(1992年)※with ヨーヨー・マ
  • 『BANG!ZOOM』 - Bang! Zoom(1995年)
  • 『ペーパー・ミュージック - マクファーリン・シングス・アンド・コンダクツ』 - Paper Music(1995年)※with the St. Paul Chamber orchestra
  • 『プレイ・アマデウス』 - The Mozart Sessions(1996年)※with チック・コリア
  • 『サークルソングス』 - Circlesongs(1997年)
  • 『ビヨンド・ワーズ』 - Beyond Words(2002年)※featuring チック・コリア、シロ・バプティスタリチャード・ボナ
  • 『ヴォキャブラリーズ』 - VOCAbuLarieS(2010年)
  • 『スピリチュオール』 - SpiritYouAll(2013年)

参加アルバム[編集]

グラミー賞受賞歴[編集]

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]