ヘヴィ・ウェザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Heavy Weather
Weather Reportスタジオ・アルバム
リリース
録音 Devonshire Sound Studios, North Hollywood, CA
ジャンル ジャズフュージョン
時間
レーベル Columbia Records
プロデュース Joe Zawinul (Producer)
Jaco Pastorius
Wayne Shorter
(Co-Producer)
専門評論家によるレビュー
Weather Report 年表
Black Market
(1976)
Heavy Weather
(1977)
Mr. Gone
(1978)
テンプレートを表示

ヘヴィ・ウェザー』(Heavy Weather、直訳は荒天、悪天候)はアメリカのエレクトリック・ジャズ・バンド、ウェザー・リポート(Weather Report)の8枚目のアルバムである。1977年コロムビア・レコードから発表された。初回発売時にはおよそ50万枚を売り上げ、自身最大のヒット作となった。芸術的観点から考えた場合にも最も優れたアルバムである、と主張する意見もある。「ヘヴィ・ウェザー」はダウン・ビート誌から星5つの評価を受け、読者投票によって1977年のジャズの「アルバム・オヴ・ザ・イヤー」をやすやすと獲得している。ベーシストジャコ・パストリアスが参加した2枚目のアルバムでもある。前作であるブラック・マーケットでは、彼は7曲中2曲に参加したのみであったが、本作ではレギュラー・メンバーとして全曲で演奏している。

今やジャズのスタンダード・ナンバーとなった「バードランド」を収録しており、このアルバムは、コロムビア・レコードのジャズ・カタログ中、数あるベストセラーの中の一枚である。また、「ヘヴィ・ウェザー」は、1970年代のジャズ・ロック、もしくはフュージョンのムーヴメントにおける歴史的なアルバムだと考えられている。一曲目の「バードランド」は、非常に商業的な成功を収めており、典型的なインストゥルメンタルの曲にはない魅力を持っている。このバードランドのメロディは、1971年発表のアルバム「Zawinul」の1曲目に収録されている曲、「Doctor Honoris Causa(名誉博士号の意)」というライヴ演奏の一部をきっかけにして生まれたものである。ジャコがバンドに加入する以前に、純粋なキーボードのみによる演奏でのライヴ録音がすでに録音済みではあったのだが、アルバムの演奏を一聴してわかるのは、「バードランド」の特徴とはまさに、ジャコ・パストリアスによるフレットレス・ベースを使用した「ピッキング・ハーモニクスによる演奏」だということである。

ルー・ビーチによるアルバム・カヴァーは、中央にフェルト製の中折れ帽を描いたものとなっている。

収録曲[ソースを編集]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. Birdland   Zawinul
2. 「A Remark You Made」   Zawinul
3. 「Teen Town」   Pastorius
4. 「Harlequin」   Shorter
5. 「Rumba Mama」   Badrena/Acuna
6. 「Palladium」   Shorter
7. 「The Juggler」   Zawinul
8. 「Havona」   Pastorius


パーソネル[ソースを編集]