カール・アンダーソン (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール・アンダーソン
生誕 1945年2月27日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (2004-02-23) 2004年2月23日(58歳没)
ジャンル ポップ・ミュージック, ソウル, ジャズフュージョン
職業 ミュージシャン
担当楽器 ヴォーカル
レーベル エピック, GRP

カール・アンダーソン(Carl Anderson, 1945年2月27日 - 2004年2月23日)は、ヴァージニア州出身の俳優歌手

ミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパースター』のユダ役で知られ、またジャズフュージョン系ミュージシャンとして知られる。

バイオグラフィ[編集]

初期[編集]

11人の兄弟を持ち、その中に4組が双子である。カールもそのうちの一人で、彼の弟は11ヶ月で他界した。高校時代にアメリカ空軍に2年間籍を置く。1965年に卒業する為に故郷へ戻る。卒業後は軍のワールド・ワイド・エア・フォース・コンテストの一員としてアメリカを渡り歩く。

1969年にワシントンD.C.に移る。友人等と「セカンド・イーグル」というグループを組み、カールはヴォーカルを担った。

俳優と歌手[編集]

1980年代に入ると、ラーキン・アーノルドに認められエピック・レコードと契約。85年にテレビドラマの主題歌となった「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」をグロリア・ローリングとデュエットして大ヒットさせた。

晩年[編集]

1990年代に入るとGRPレコードに移り、Pieces of a Heart(邦題:心のかけら)を発表。タイトル曲はタバコのパーラメントのCM曲に使われヒットした。セッションマンとしても活動し、フュージョンファンからも注目されるようになる。


白血病で誕生日を迎える4日前の2月23日、58歳で死去。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

  • Absence Without Love - 1982 - Epic
  • On and On - 1983 - Epic
  • Protocol - 1985- Epic
  • Carl Anderson - 1986 - Epic
  • Act of Love - 1988 - Polydor
  • Pieces of a Heart - 1991 - GRP
  • Fantasy Hotel - 1992 - GRP
  • Heavy Weather/Sunlight Again - 1994 - GRP
  • Why We Are Here! - 1997 - Abu Khalil

セッション他[編集]

  • Jesus Christ Superstar - Orig. Motion Picture Soundtrack - 1973
  • Stevie Wonder - Songs in the Key of Life - 1976
  • Menage a Trois - Manage a Trois - 1980
  • Weather Report - Domino Theory - 1983
  • Weather Report - Sportin' Life - 1984
  • Kenny Loggins - Vox Humana - 1985
  • Joe Zawinul - Dialects - 1986
  • Nancy Wilson - Forbidden Lover - 1987
  • Maynard Ferguson - High Voltage - 1988
  • Kazu Matsui - Time No Longer - 1988
  • Dan Siegel - Late One Night - 1989
  • Keiko Matsui - Drop of Water - 1989
  • Rippingtons - Tourist in Paradise - 1989
  • The Zawinul Syndicate - Black Water - 1989
  • GRP Artists - GRP: On the Cutting Edge - 1989
  • Nancy Wilson - Lady with a Song - 1990
  • Rippingtons - Welcome to the St. James' Club - 1990
  • Peabo Bryson - Can You Stop the Rain - 1991
  • Garfield (GRP Artists) - Am I Cool or What! - 1991
  • Richard Elliot - On the Town - 1991
  • Don Grusin - Zephyr - 1991
  • George Howard - Do I Ever Cross Your Mind? - 1992
  • GRP Artists - GRP 10th Anniversary Collection - 1992
  • Rippingtons - Live in L.A. - 1992
  • Eric Marienthal - One Touch - 1993
  • Jazz Live - Jazz Live - 1994
  • Kevin Toney - Pastel Mood - 1995
  • Michael Paulo - My Heart and Soul - 1996
  • Tim Rice - Collection: Stage & Screen Classics - 1996
  • Play On! - Original Cast Recording - 1997
  • Tis the Season - Tis the Season - 1997
  • Nils - Blue Planet - 1998
  • George DeLaRue - The London Sessions - 1998
  • Jesus Christ Superstar - 25th Anniversary Re-Issue - 1998
  • Michael Paulo - Midnight Passion - 1999
  • Gerald McCauley - McCauley Sessions - 1999
  • L.A. Jazz Syndicate - L.A. Jazz Syndicate, Vol. 2 - 1999
  • Oceans - Ridin' the Tide - 1999

外部リンク[編集]