ナイト・パッセージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Night Passage
Weather Reportスタジオ・アルバム
リリース
録音 1980年
Complex Studios, L.A, USA
大阪フェスティバルホール
ジャンル ジャズフュージョン
時間
レーベル Columbia Records
プロデュース Joe Zawinul (Producer)
Jaco Pastorius (Co-Producer)
専門評論家によるレビュー
Weather Report 年表
8:30
(1978)
Night Passage
(1980)
Weather Report
(1982)
テンプレートを表示

ナイト・パッセージ』(Night Passage、直訳は「夜の道」)は、アメリカのエレクトリック・ジャズ・バンド、ウェザー・リポートのアルバム。1980年に発表された。収録曲は1980年8月にロサンゼルスのコンプレックス・スタジオで録音された。数曲で、聴衆の前で演奏している様子が聴き取れる。クインシー・ジョーンズなど音楽業界人も含め250人のオーディエンスを招き入れ、毎回2ステージを2晩にわたって演奏し、計4ステージ分をライヴ形式で録音したのである。[1]

ただし「マダガスカル」は同じ年の6月に大阪で行ったライヴ演奏を収録したものである。パーカッションのロバート・トーマス・ジュニアは、このアルバムから参加した新しいメンバーである。

ナイト・パッセージでは、これまでのアルバムで聴くことができた(特に1978年のミスター・ゴーンで最も顕著だった)、楽器を何重にも重ねて録音するという手法を止めている。その結果、古典的なジャズの伝統にのっとった単独での即興演奏が前面に出てくることになった。

なお、「スリー・ヴューズ・オヴ・ア・シークレット」はその後ジャコ・パストリアスのソロアルバム「ワード・オヴ・マウス」に収録された。

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.「Night Passage」 Zawinul
2.「Dream Clock」 Zawinul
3.「Port of Entry」 Shorter
4.「Forlorn」 Zawinul
5.「Rockin' in Rhythm」 Carney/Ellington/Mills
6.「Fast City」 Zawinul
7.「Three Views of A Secret」 Pastorius
8.「Madagascar」(Live take from Osaka Festival Hall) Zawinul

パーソネル[編集]

画像[編集]

アルバム発売時期のコンサートツアー

ウェザー・リポート
(1981年6月11日、新宿厚生年金会館)
画像左から、Wayne Shorter, Peter Erskine, Robert Thomas, Jr., Jaco Pastorius
ウェザー・リポート
(1981年6月11日、新宿厚生年金会館)
画像左から、Joe Zawinul, Robert Thomas, Jr., Wayne Shorter, Peter Erskine, Jaco Pastorius

[編集]

外部リンク[編集]