8:30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
8:30
Weather Reportライブ・アルバム
リリース 1979年
録音 1978年
ジャンル ジャズフュージョン
時間 71分34秒
レーベル Columbia Records
プロデュース Joe Zawinul
Jaco Pastorius
専門評論家によるレビュー
Weather Report 年表
Mr. Gone
(1978)
8:30
(1979)
Night Passage
(1980)
テンプレートを表示

8:30』(エイト・サーティ、直訳は「八時半」)は、アメリカのエレクトリック・ジャズ・バンド、ウェザー・リポートのアルバム。第10から第13トラックはスタジオ録音によるものだが、これ以外のトラックはライヴ演奏を収録している。このアルバムには色々な曲が収録されているが、特筆すべきはバンドの代表曲である「バードランド」のライヴ版が収録されているということである。このアルバムは「ベスト・ジャズ・フュージョン演奏」部門でグラミー賞を受賞した。

来歴[編集]

このアルバムの「8:30」というタイトルは、午後8時30分から開演するというこのバンドの習慣から取ったものである。実際のツアーの際には、バンドは4人編成となっており、この4人で約2時間30分もの間演奏を続けなければならなかったため、各々のメンバーが、自分の名人芸を披露するためだけでなく、他のメンバーに休息を与えるためにもソロを取っていたのである。ウェイン・ショーターは、ステージ上で、サックスの代わりに時にはパーカッションを演奏したりもしている。また、スタジオ録音の中の一曲、カリプソの「ブラウン・ストリート」では、ジョー・ザヴィヌルの息子エリックが、ピーター・アースキンジャコ・パストリアスと一緒にパーカッションを演奏している。

「8:30ツアー」によって、ウェザー・リポートがかつてなく商業的に成功していることが明らかとなった。このツアーでは、演奏曲目は直近の商業的に成功した2枚のアルバムである「ブラック・マーケット」と「へヴィ・ウェザー」からの選曲に大きく偏ったものとなっていた。

ジャコ・パストリアスは有名なソロである「スラング」を演奏している。これは、循環するテープを使用して、ベースによるソロを複数組み合わせた演奏効果を作りだしたもので、途中、ジミ・ヘンドリックスの「サード・ストーン・フロム・ザ・サン」のメロディを弾いたり、自分自身のソロ・アルバムに収録されている「トレイシーの肖像」のメロディになったり、「サウンド・オヴ・ミュージック」を弾いたりしている。ジャコは最後には、自分のベースをストラップで演奏して、ソロを終えている。

このアルバムはもともと両側に折り込みのあるジャケットのLPレコードで発売されたが、CDでの再発の際には、1曲削って発売された。削られたのは「スカーレット・ウーマン」だったが、この曲はシングルCDとして発売された。

日本では、このアルバムは、初回発売時と同じ曲構成でCD2枚組として発売された。

収録曲[編集]

# タイトル 作曲 時間
1. 「Black Market」   Zawinul  
2. 「Scarlet Woman」   Johnson/Shorter/Zawinul  
3. 「Teen Town」   Pastorius  
4. 「A Remark You Made」   Zawinul  
5. 「Slang」 (Bass Solo) Pastorius  
6. 「In A Silent Way」   Zawinul  
7. 「Birdland」   Zawinul  
8. 「Thanks for the Memories」   L. Robin/R. Rainger  
9. 「Badia/Boogie Woogie Waltz」 (Medley) Zawinul  
10. 「8:30」 (studio session) Zawinul  
11. 「Brown Street」 (studio session) Zawinul/Shorter  
12. 「The Orphan」 (studio session) Zawinul  
13. 「Sightseeing」 (studio session) Shorter  


パーソネル[編集]

  • Wayne Shorter (Tenor Sax, Soprano Sax)
  • Joe Zawinul (Electric Piano, Acoustic Piano, ARP Synthesizer , Oberheim Polyphonic Synthesizer, Korg Vocoder)
  • Jaco Pastorius (Electric Bass, Drums on "8:30", "Brown Street")
  • Peter Erskine (Drums, Percussion)
  • Erich Zawinul (Percussion on "Brown Street")
  • West Los Angeles Christian Academy Children's Choir (Chorus on "The Orphan")