ウィーン中央墓地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中央墓地全景

ウィーン中央墓地(ウィーンちゅうおうぼち、ドイツ語: Wiener Zentralfriedhof)は、ウィーンの中央墓地である。

概要[編集]

敷地内の地図
墓地の敷地内を通るバス

1874年、ウィーンの都市計画の一環として建設された。設立の際に掲げられた理念は「どの故人も国籍・宗教に関わらずここに埋葬する」というものであった。そのため、多様な宗教の施設が敷地内に建設されている。

中心部には、世紀末ウィーン時代に「名市長」と呼ばれたカール・ルエーガーの名を冠したカール・ボロメウス教会ドイツ語版が建ち、中央墓地のシンボルとなっている。

公園として市民の憩いの場となっており、特に「特別名誉地区」には、国際的に有名な音楽家、芸術家、政治家の墓があるため、観光スポットともなっている。埋葬者はおよそ300万人といわれ、広大な面積を歩いて墓参するのが困難であること、そして「特別名誉地区」などが目当ての観光客のために、敷地内にはバスも通っている。

現在、日本では宇宙葬株式会社銀河ステージが納骨室への埋葬サービスをしている。

著名な埋葬者[編集]

音楽家[編集]

政治家[編集]

学者[編集]

軍人[編集]

外部リンク[編集]