グスタフ・マーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グスタフ・マーラー
Gustav Mahler
Gustav Mahler 1909.jpg
1909年のマーラー
基本情報
出生 1860年7月7日
出身地 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国、イーグラウ
死没 1911年5月18日(満50歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
ジャンル ロマン派音楽
職業 作曲家指揮者
活動期間 1883 - 1911

グスタフ・マーラーGustav Mahler, 1860年7月7日 - 1911年5月18日)は、主にオーストリアウィーンで活躍した作曲家指揮者交響曲歌曲の大家として知られる。

出生[編集]

1865年のマーラー
チェコのイフラヴァのマーラーの家
1892年のマーラー
1902年のマーラー
夫妻の間には14人の子供が産まれているが、半数の7名は幼少時に死亡している(当時は乳幼児の死亡率が極めて高かった)。うち5人はジフテリアであった[1]。長男イージドールも早世しており、グスタフ・マーラーはいわば長男として育てられる。特に6人目の男子であり心臓水腫に長期間苦しみ12歳で死んだ弟エルンストは、少年期のグスタフにとって悲しい体験となる。グスタフは盲目のエルンストを愛し、数ヶ月間ベッドから離れずに世話をした[1]
  • 父ベルンハルトは独力で酒造業を創業し経営しており、地元ユダヤ人社会の実業家(成功者)であった。性格は強くたくましく精力的で気位が高く負けず嫌いだった。非常に強い出世欲を持ち、子供たちにもその夢を託した。私生活においては図書館と呼べるほどの書庫を持つ読書家であった。当時のイーグラウにはキリスト教ドイツ人も多く住んでおり、民族的な対立は少なかった。ベルンハルトも、イーグラウ・ユダヤ人の「プチ・ブルジョワ」としてドイツ人と広く交流を持つと共に、グスタフをはじめとする子供たちへも同様に教育を施した。幼いグスタフは、ドイツ語を話し、地元キリスト教教会の少年合唱団員としてキリスト教の合唱音楽を歌っていた。息子グスタフの音楽的才能をいち早く信じ(当初は自分の酒造業を継がせるつもりだった)、より完全な音楽教育を受けられるよう尽力したのもベルンハルトである。
  • 母マリーもユダヤ人で、石鹸製造業者の娘であった。ベルンハルトとは20歳の時に結婚している。その結婚自体は理想的な形で実現したとは言えないものの、夫妻の間には前述の通り多くの子が生まれている。ただしマリーは心臓が悪く生まれつき足が不自由であり、教育熱心な夫ベルンハルトと違い母親としての理想的な教育を子供たちに施すことができなかった。グスタフ自身は、生涯この母親に対し「固定観念と言えるほど強い愛情」を持ち続けた。
  • ベルンハルトの母(グスタフの祖母)は、行商を生業とする剛毅な人間だった。18歳の頃から大きなを背に売り歩いていた。晩年には、行商を規制したある法律に触れる事件を起こし、重刑を言い渡されたが、刑に服する気は毛頭なく、ただちにウィーンへ赴き皇帝フランツ・ヨーゼフ1世直訴する。皇帝は彼女の体力と80歳という高齢に感動し、特赦した。グスタフ・マーラーの一徹な性格はこの祖母譲りだと妻アルマ・マーラーは語っている[1]

略歴[編集]

マーラーが晩年に指揮をしたニューヨークのメトロポリタン・オペラ
マーラーの眠る
  • 1911年(50歳) 2月、アメリカで感染性心内膜炎と診断され、病躯をおしてウィーンに戻る。5月18日、51歳の誕生日の6週間前に敗血症のため息を引き取った。臨終の言葉は「モーツァルト…(Mozarterl)[2]」である。ウィーンのグリンツィング墓地に葬られた。「私の墓を訪ねる人なら、私が何者だったのか知っているはずだし、そうでない人に訪ねてもらう必要は無い」というマーラー生前の考えを反映し、墓石には「GUSTAV MAHLER」という文字以外、生没年を含め何も刻まれていない。マーラーの死後、評論家たちはマーラーのヨーロッパ脱出を「文化の悲劇」と呼んだ[3]

人物・作品[編集]

1909年のマーラー

出自に関して、後年マーラーは「私は三重の意味で故郷がない人間だ。オーストリア人の間ではボヘミア人、ドイツ人の間ではオーストリア人、そして全世界の国民の間ではユダヤ人として」と語っている。マーラーが生まれ育った時期は、長らくドイツ民族地域の盟主として君臨してきたオーストリアが普墺戦争での完敗という結果をもってプロイセンによって統一ドイツから除外されるという激動の時代である。さらにアウスグライヒでハンガリー人に内政面での大幅な譲歩を強いられ、チェコなど多数の非ドイツ人地域を持つ別国家として斜陽の道を歩み始めた頃でもあった。彼は生涯の大部分をウィーンで送り、指揮者としては高い地位を築いたにもかかわらず、作曲家としてはこの地で評価されず、その(完成された)交響曲は10曲中7曲がドイツで初演されている。マーラーにとって「アウトサイダー(部外者)」としての意識は生涯消えなかったとされ、最晩年には、ニューヨークでドイツ人ジャーナリストに「なに人か」問われ、そのジャーナリストの期待する答えである「ドイツ人」とは全く別に「私はボヘミアンです」と答えている。この「ボヘミアン」という表現には、「ボヘミア地方の出身者」という文字通りの意味のほかに、ヨーロッパでは「流浪者」「自由奔放の民」(ボヘミアニズム)を表す比喩でもあり、いささか侮蔑的ながらも特別な含意がある。実際にボヘミア地方の出身者であると同時に「定住の地・定職がないが自由な芸術家」という意味を掛けており、一種の自嘲あるいはユーモアを込めた回答であると解することもできる。

酒造業者の息子として育ったマーラーは黒ビールを好んで飲んだが、ヨーロッパ人としては珍しく自体には弱かった。

交響曲は大規模なものが多く、声楽パートを伴うものが多いのが特徴である。第1番には、歌曲集『さすらう若人の歌』と『嘆きの歌』、第2番は歌曲集『少年の魔法の角笛』と『嘆きの歌』の素材が使用されている。第3番は『若き日の歌』から、第4番は歌詞が『少年の魔法の角笛』から音楽の素材は第3番から来ている。また、『嘆きの歌』は交響的であるが交響曲の記載がなく『大地の歌』は大規模な管弦楽伴奏歌曲であるが、作曲者により交響曲と題されていても、出版されたスコアにはその記載がない。

歌曲も、管弦楽伴奏を伴うものが多いことが特徴となっているが、この作曲家においては交響曲と歌曲の境が余りはっきりしないのも特徴の一つである。ちなみに現代作曲家のルチアーノ・ベリオはピアノ伴奏のままの『若き日の歌』のオーケストレーション化を試みている。

多くの作品においては調性的統一よりも、曲の経過と共に調性を変化させて最終的に遠隔調へ至らせる手法(発展的調性または徘徊性調性:5番・7番・9番など)が見られる。また、晩年になるにつれ次第に多調無調的要素が大きくなっていった。

アマチュアリズムが大好きであり、アイヴズの交響曲第三番を褒めちぎったのは、「彼もアマチュアだから」という理由が主なものだったと言われている。

カリカチュア「超モダンな指揮者」(ハンス・シュリースマン作)

指揮者としては、当時の楽壇の頂点に登り詰めたトップ指揮者であった。自身と同じユダヤ系のブルーノ・ワルターオットー・クレンペラーらにも大きな影響を与えている。特にワルターはマーラーに心酔し、音楽面の影響だけでなく、その仕草(を噛む癖やせかせかした歩き方)まで真似をしたという逸話が残っている。またクレンペラーはマーラーの推薦により指揮者としてのキャリアを開始できた。そのことについて後年までマーラーに感謝していたとされる。

しかしマーラーにはその一徹な性格から「嫌われるか崇拝されるかのどちらかだ」という当時の人物評も残っている。ユダヤ系であることから、当時のウィーンの音楽ジャーナリズムから不当な攻撃も受けていた(ヨーロッパ脱出の一因でもある)。オーケストラ団員からはマーラーの高圧的な態度(リハーサルで我慢できなくなったときに床を足で踏み鳴らす、音程の悪い団員やアインザッツが揃わない時に当人に向かって指揮棒を突き出すような態度など)が嫌われた。当時の反ユダヤ主義の隆盛とともにマーラーに対する態度は硬化していった。ある日、ヴァイオリン奏者の一人は「マーラーがなぜあんなに怒っているのか全く理解できない。ハンス・リヒターもひどかったがね」と言った。するとそれを聞いた別の者は「そうだね。だけどリヒターは同じ仲間だ(ユダヤ人ではないという意味)。あいつ(マーラー)には仕返ししてやるぜ」と言った[1]。しかし音楽性以上の徹底した完全主義、緩急自在なテンポ変化、激しい身振りと小節線に囚われない草書的な指揮法はカリカチュア化されるほどの衝撃を当時の人々に与えていた。代表的なカリカチュアである「超モダンな指揮者」(Ein hypermoderner Dirigent)には、1901年ウィーン初期の頃の、激しい運動を伴ったマーラーの指揮姿が描かれている。なおその指揮ぶりは次第に穏やかなものとなり、晩年、医師から心臓疾患を宣告されてからは「ほとんど不気味で静かな絵画のようだった」(ワルターによる証言)と変化した。

オーケストラ演奏の録音は時代の制約もあり残っていないが、交響曲第4番・5番や歌曲を自ら弾いたピアノロール(最近はスコアの強弱の処理も可能で原典に近い形に復刻されている)、および唯一ピアノ曲の録音(信頼性に問題がある)が残されている。

ニューヨーク・フィルハーモニック在任中、演奏する曲に対しては譜面にかなり手をいれたようで、後にこのオーケストラの指揮者となったアルトゥーロ・トスカニーニは、マーラーの手書き修正が入ったこれら譜面を見て「マーラーの奴、恥を知れ」と罵ったという逸話が残っている。もっとも、シューマンの『交響曲第2番』、『交響曲第3番「ライン」』の演奏では、トスカニーニはマーラーによるオーケストレーションの変更を多く採用している。

ブルックナーとの関係[編集]

ウィーンを中心に活動した交響曲作家の先輩として36歳年上のアントン・ブルックナーがおり、マーラーはブルックナーとも深く交流を持っている。

17歳でウィーン大学に籍を置いたマーラーは、ブルックナーによる和声学の講義を受けている(前出)。同年マーラーはブルックナーの交響曲第3番(第2稿)の初演を聴き、感動の言葉をブルックナーに伝えた(なお演奏会自体は大失敗だった)。その言葉に感激したブルックナーは、この曲の4手ピアノ版への編曲をわずか17歳のマーラーに依頼した。これはのちに出版されている。

ブルックナーとマーラーは、その作曲哲学や思想、また年齢にも大きな隔たりがあり、マーラー自身も「私はブルックナーの弟子だったことはない」と述懐しているが、その尊敬の念は生涯消えていない。ブルックナーの死後でありマーラー自身の最晩年でもある1910年には、ブルックナーの交響曲を出版しようとしたウニフェルザル出版社のためにマーラーがその費用を肩代わりし、自身に支払われるはずだった多額の印税を放棄している。

シェーンベルクとの関係[編集]

マーラーは14歳年下のアルノルト・シェーンベルクの才能を高く評価し、また深い友好関係を築いた。

彼の弦楽四重奏曲第1番室内交響曲第1番ホ長調の初演にマーラーは共に出向いている。前者の演奏会では大声で野次を飛ばす聴衆の一人を怒鳴りつけた。この際は相手から「お前の汚い交響曲にも叫んでるんだよ」と返されると「君だって汚い顔だ」とやり返し、とっくみあいの喧嘩を起こしそうになった。後者の演奏会では、演奏中これ見よがしに音を立てながら席を立つ聴衆に対し「静かにしろ!」と一喝し、演奏が終わってのブーイングの中、ほかの聴衆がいなくなるまで決然と拍手をし続けた。この演奏会から帰宅したマーラーは、アルマに対し「私には彼(シェーンベルク)の音楽は分からない。しかし彼は若い。彼のほうが正しいのかもしれない。私は老いぼれで、彼の音楽にはついていけないのだろう」と語ったという。また、臨終の際は「私が死んだあと、誰がシェーンベルクの面倒を見てくれるんだ」と涙したという。

シェーンベルクの側でも、当初はマーラーの音楽を嫌っていたものの、のちに意見を変え「マーラーの徒」と自らを称している。

ある日、マーラーがシェーンベルクとツェムリンスキーを自宅に招いたとき、音楽論を戦わせているうち口論となった。興奮した二人が「もうこんな家に来るものか!」と叫んで出て行けば、マーラーも「二度と来るな!」とやり返すほど険悪な雰囲気となった。だが、数週間後にマーラーは「あのアイゼレとバイゼレ(二人のあだ名)は何してるんだ?」と気にし出し、二人のほうも何食わぬ顔をして家に来て、再び交流が始まった。

主要作品[編集]

自作の交響曲第1番を指揮するマーラーを描いたカリカチュア(テオ・ツァッシェ作)。マーラーの勇猛な指揮ぶりと極めて型破りな作品が共に皮肉られている。

交響曲・管弦楽曲[編集]

声楽曲[編集]

その他の作品[編集]

オペラ[編集]

以下の3曲のオペラはいずれも完成されず、そのまま破棄(もしくは紛失)している。

  • 『シュヴァーベン候エルンスト』(Herzog Ernst von Schwaben, 1875-78)
  • 『アルゴー船の人々』(Die Argonauten, 1878-80)
  • 『リューベツァール』(Rübezahl, 1879-83)

編曲作品[編集]

原曲は1820年から21年にかけて作曲されたが未完成に終わったため、作曲者の孫にあたるカール・フォン・ウェーバーがマーラー(当時26歳)に補完を依頼し、1887年に完成された。補完版の初演は1888年にライプツィヒの市立歌劇場でマーラーの指揮により行われている。
1878年に原曲を4手ピアノ用に編曲したもの
交響曲第9番の第1楽章や第3楽章にトロンボーンを取り入れている
原曲を弦楽合奏版にしたもの
原曲を弦楽合奏版にしたもの
近年ではリッカルド・シャイーがこの編曲版を全曲録音している
これは原曲の第2番と第3番を5曲選び抜いて、新しい組曲の形式に編曲したものである

マーラーを扱った作品[編集]

  • マーラー』 - 1974年、ケン・ラッセル監督の映画
  • クリムト『ベートーヴェン・フリーズ』 - マーラーをモデルとした人物が描かれているとされる[1]
  • トーマス・マンの小説『ヴェニスに死す』 - 主人公(グスタフ・フォン・アッシェンバッハ Gustav von Aschenbach)は、マーラーにインスピレーションを得て創作された人物とされている。
  • ベニスに死す』 - 上記小説の映画化。ルキノ・ヴィスコンティ監督作品。原作での小説家という設定は作曲家に変更されて更にマーラーを思わせるものになっただけではなく、マーラーの交響曲第5番の第4楽章(および交響曲第3番の第4楽章)が映画音楽として使われた。さらに劇中、原作には無い「アルフレッド」という名のシェーンベルクを思わせる人物を登場させ、主人公と音楽論を戦わせるシーンを用意している。
  • 同じくマンの小説『ファウストゥス博士』 - 主人公(アドリアン・レーヴァーキューン Adrian Leverkühn)が作曲家に設定されており、こちらもマーラーを想定しているとされている。
  • サントリーローヤル テレビCM(1986年)
  • 『Bride of the Wind』 - 2001年、ブルース・ベレスフォード監督の映画(日本未公開)。『Bride of the Wind』(風の花嫁)は、アルマ未亡人の恋人になった画家、オスカー・ココシュカの代表作(1914年)のタイトルでもある。
  • 『グスタフ・マーラー 時を越える旅 Gustav Mahler – Sterben werd' ich um zu leben』 - 1987年ヴォルフガング・レゾウスキー監督のオーストリア・西ドイツ合作映画(原題は交響曲第2番終楽章の歌詞「私は生きるために死のう」に基づく)
  • マーラー 君に捧げるアダージョ』 - 2010年、パーシー・アドロン、フェリックス・アドロン監督のドイツ・オーストリア合作映画
  • 『Requiem in Vienna』 - 2010年、J・シドニー・ジョーンズ(J. Sydney Jones)作のウィーンを舞台にしたミステリー・シリーズの第2作。- ウィーン宮廷歌劇場の芸術監督グスタフ・マーラーの命を狙う事件が続発し……。
  • 『The Première: A Case of the Ridiculous and the Sublime』- 2012年、スティーヴン・リース(Stephen Lees)作の小説。1910年、交響曲第8番のロンドン初演をめぐる物語。語り手はマーラーの友人のフリードリヒ・レール。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e アルマ・マーラー著「グスタフ・マーラー」石井宏訳(中央公庫)
  2. ^ オーストリア方言。語尾に「erl」を付けることにより、愛称形になる(モーツァルトゥル)。
  3. ^ 音楽の手帖-マーラー(青土社) 14P「立ったまま夢見る男」辻井喬

参考文献[編集]

  • 『マーラー カラー版作曲家の生涯』新潮社 : ISBN 4-10-103811-2
  • 『ブルックナー カラー版作曲家の生涯』新潮社 : ISBN 4-10-106611-6
  • Barham, Jeremy (ed.); Karbusický, Vladimír (cs) (2005). "Gustav Mahler's Musical Jewishness". Perspectives on Gustav Mahler. Aldershot, UK: Ashgate Publishing Limited. ISBN 978-0-7546-0709-0.
  • Blaukopf, Kurt (1974). Gustav Mahler. Harmondsworth, UK: Futura Publications Ltd. ISBN 0-86007-034-4..
  • Carr, Jonathan (1998). Mahler: A Biography. Woodstock, New York: The Overlook Press. ISBN 0-87951-802-2.
  • Cooke, Deryck (1980). Gustav Mahler: An Introduction to his Music. London: Faber Music. ISBN 0-571-10087-2.
  • Cooke, Deryck (1964). Mahler and the Eighth Symphony (performance notes 29 May 1964). Royal Liverpool Philharmonic Society.
  • Copland, Aaron; Richard Kostelanetz (ed.) (2004). Aaron Copland, a reader: Selected writings, 1923–72. London: Routledge. ISBN 978-0-415-93940-9.
  • Fischer, Jens Malte (2011). Gustav Mahler. Stewart Spencer (translator from Gustav Mahler. Der fremde Vertraute. Paul Zsolnay Verlag, Wien 2003, ISBN 3-552-05273-9). New Haven, Connecticut: Yale University Press. ISBN 978-0-300-13444-5.
  • Franklin, Peter, Deane Root, ed., Mahler, Gustav, Grove Music Online (subscription required). Also available in print form in The New Grove Dictionary of Music and Musicians, 2nd ed., Stanley Sadie and John Tyrrell, eds., (2001), ISBN=1-56159-239-0
  • Freed, Richard (2007). "Symphony No. 1 (Mahler)". The Kennedy Centre. Retrieved 5 April 2007.
  • Harrison, Julius (1934). "The Orchestra and Orchestral Music". In Bacharach, A.L. The Musical Companion. London: Victor Gollancz. pp. 127–282.
  • Hussey, Dyneley (1934). "Vocal Music in the 20th Century". In Bacharach, A.L. The Musical Companion. London: Victor Gollancz. pp. 454–66.
  • "International Gustav Mahler Society, Vienna". The International Gustav Mahler Society. Retrieved 4 April 2010.
  • Karbusický, Vladimír: Gustav Mahler und seine Umwelt. Wiss. Buchges., Darmstadt 1978.
  • Karbusický, Vladimír: Mahler in Hamburg: Chronik einer Freundschaft. Von Bockel Verlag, Hamburg 1996.
  • Kennedy, Michael (13 January 2010). "Mahler's mass following". The Spectator (London). Retrieved 26 March 2010.
  • Kozinn, Allan (3 February 1989). "Ashkenazy Mining A Mahler Vein". The New York Times (3 February 1989). Retrieved 6 April 2010.
  • La Grange, Henry-Louis de (1995). Gustav Mahler Volume 2: Vienna: The Years of Challenge (1897–1904). Oxford, UK: Oxford University Press. ISBN 0-19-315159-6.
  • La Grange, Henry-Louis de (2000). Gustav Mahler Volume 3: Vienna: Triumph and Disillusion (1904–1907). Oxford, UK: Oxford University Press. ISBN 0-19-315160-X.
  • Lebrecht, Norman (2011). Why Mahler? How One Man and Ten Symphonies Changed the World. London: Faber and Faber Ltd. ISBN 978-0-571-26079-9.
  • Mahler, Alma (1968). Gustav Mahler: Memories and letters. London: John Murray.
  • Mitchell, Donald (1995). Gustav Mahler Volume 1: The Early Years. Berkeley: University of California Press. ISBN 0-520-20214-7.
  • Mitchell, Donald (1975). Gustav Mahler Volume II: The Wunderhorn Years: Chronicles and Commentaries. London: Faber and Faber. ISBN 0-571-10674-9.
  • Mitchell, Donald; Nicholson, Andrew (1999). The Mahler Companion. Oxford: Oxford University Press. ISBN 0-19-816376-2.
  • Niekerk, Carl (2010). Reading Mahler: German Culture and Jewish Identity in Fin-de-siècle Vienna. Rochester, New York: Camden House. ISBN 978-1-57113-467-7.
  • Sadie, Stanley (ed.) (1980). The New Grove Dictionary of Music and Musicians 11. London: Macmillan. ISBN 0-333-23111-2.
  • Schiff, David (4 November 2001). "Music: The Man who Mainstreamed Mahler". The New York Times. Retrieved 27 March 2010.
  • Schonberg, Harold (1970). The Lives of the Great Composers II. London: Futura Publications. ISBN 0-86007-723-3.
  • Shaw, George Bernard (1981). Shaw's Music, Volume III 1893–1950. London: The Bodley Head. ISBN 0-370-30333-4.
  • Smith, William Ander (1990). The Mystery of Leopold Stokowski. Cranbury, N.J.: Associated University Presses Ltd. ISBN 0-8386-3362-5.
  • Snowman, Daniel (2009). The Gilded Stage: A Social History of Opera. London: Atlantic Books. ISBN 978-1-84354-466-1.
  • Steen, Michael (2003). The Lives & Times of the Great Composers. London: Icon Books. ISBN 978-1-84046-679-9.

外部リンク[編集]

先代:
アルトゥル・ニキシュ
ライプツィヒ歌劇場
総監督
1886年 - 1888年
次代:
オットー・ローゼ
先代:
初代
プラハ・ドイツ歌劇場
指揮者
1888年 - 1891年
次代:
カール・ムック
先代:
ハンス・フォン・ビューロー
ハンブルク市立歌劇場
音楽監督
1891年 - 1897年
次代:
オットー・クレンペラー