ベニスに死す (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベニスに死す
Death in Venice
監督 ルキノ・ヴィスコンティ
脚本 ルキーノ・ヴィスコンティ
ニコラ・バダルッコ
原作 トーマス・マン
ヴェネツィアに死す
製作 ルキーノ・ヴィスコンティ
製作総指揮 マリオ・ガロ
ロバート・ゴードン・エドワーズ
出演者 ダーク・ボガード
ビョルン・アンドレセン
シルヴァーナ・マンガーノ
音楽 グスタフ・マーラー
撮影 パスクワーレ・デ・サンティス
編集 ルッジェーロ・マストロヤンニ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 イギリスの旗 1971年3月1日
イタリアの旗 1971年3月5日
フランスの旗 1971年5月カンヌ国際映画祭
日本の旗 1971年10月23日
上映時間 131分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 英語
イタリア語
ポーランド語
フランス語
前作 地獄に堕ちた勇者ども
次作 ルートヴィヒ
テンプレートを表示

ベニスに死す』(英語: Death in Venice」(オリジナル)、イタリア語: Morte a Venezia(吹替え版)、フランス語: Mort à Venise(吹替え版) )は、1971年に公開されたアメリカ資本のイタリアフランス合作の映画である(台詞はほぼ英語、観光地の話なので多言語だが、字幕化される台詞ではない)。監督はルキノ・ヴィスコンティカラーシネスコ、131分。

トーマス・マン作の同名小説の映画化。『地獄に堕ちた勇者ども』『ルートヴィヒ』と並ぶ「ドイツ三部作」の第2作であるが、主人公がドイツ人(またはオーストリア人)というだけで、他の2作のようにドイツを主舞台にはしていない。

ストーリー[編集]

静養のためヴェネツィア(ベニス)を訪れることにした老作曲家は、その道中、船の中で(ちなみにこの船は「エスメラルダ」号といい、後に回想シーンで登場する売春婦と同じ名前である)ふと出会った少年・タジオ(演者はスウェーデン人だが設定はポーランド人。Tadzioはタジオではなくタジュウが近い。oをウと発音する)に理想の美を見出す。以来、彼は浜に続く回廊をタジオを求めて彷徨うようになる。

ある日、ベニスの街中で消毒が始まる。尋ねると、疫病が流行しているのだという。白粉口紅、白髪染めを施して若作りをし、タジオの姿を求めてベニスの町を徘徊していたあるとき、彼は力尽きて倒れ、自らも感染したことを知る。

それでも彼はヴェネツィアを去らない。疲れきった体を海辺のデッキチェアに横たえ、波光がきらめく中、彼方を指差すタジオの姿を見つめながら死んでゆく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アッシェンバッハ ダーク・ボガード 土屋嘉男
タジオ ビョルン・アンドレセン 水島裕
タジオの母 シルヴァーナ・マンガーノ特別出演 武藤礼子
ホテル支配人 ロモロ・ヴァリ 田中明夫
アルフレッド マーク・バーンズ 野島昭生
アッシェンバッハ夫人 マリサ・ベレンソン 松尾佳子

受賞歴[編集]

音楽[編集]

マーラー交響曲第5番の第4楽章「アダージェット」は、もともとは作曲者が当時恋愛関係にあったアルマにあてた、音楽によるラブレターである。この映画の感情的表現において、ほぼ主役ともいえる役割を果たした。この映画を鑑賞したあるハリウッドメジャーの社長は、「今度の新作映画では、マーラーにテーマ音楽を作らせよう」と語ったという(マーラーがとうに没した大作曲家であることをその社長は知らなかった)。

ホテルのレストランで流れ出すのは、フランツ・レハール作曲の喜歌劇《メリー・ウィドウ》の「唇は語らずとも」。アッシェンバッハがタジオを見つめて頬を赤らめるシーンで、歌詞のない演奏版だが、ここでの歌詞を判っていると意外と直接的な内容である。

タジオはホテルにあるピアノで「エリーゼのために」を弾く。

マーラーが使用されたのは5番だけではない。3番が、コレラでひと気のない町を徘徊するアッシェンバッハの姿に重なる。

原作からの翻案[編集]

原作者トーマス・マンは、主人公「グスタフ・フォン・アッシェンバッハ」を作家としていたが、モデルとしてはマン自身以外に、友人でもあった作曲家のグスタフ・マーラーも入っている。ゆえに監督のルキノ・ヴィスコンティがマーラーの音楽を使い、主人公をマーラーをモデルとした作曲家に変更したのは、恣意的な変更とは言えない。また、同時代の作曲家でありマーラーと親交のあったアルノルト・シェーンベルクをも、「アルフレッド」という名で登場させている。2人の「美」についての論争は、この映画全体に満ち溢れる「対比」の主体軸である。

外部リンク[編集]