制服の処女 (1931年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
制服の処女
Mädchen in Uniform
監督 レオンティーネ・ザーガン
カール・フレーリッヒ(監修)
脚本 フリードリヒ・ダンマン
原作 クリスタ・ヴィンスローエ
製作 カール・フレーリッヒ
フリードリヒ・プフルークハウプト
出演者 ヘルタ・ティーレ
ドロテア・ヴィーク
音楽 ハンソム・ミルデ=マイスナー
撮影 ライマー・クンツェ(クレジットなし)
フランツ・ヴァイマイル(クレジットなし)
編集 オズヴァルト・ハーフェンリヒター(クレジットなし)
配給 日本の旗 東和商事
公開 ドイツ国の旗 1931年11月27日
日本の旗 1933年2月
上映時間 88分
製作国 ドイツの旗 ドイツ国
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

制服の処女』(せいふくのしょじょ、: Mädchen in Uniform)は、1931年に製作・公開されたドイツの映画である。

概要[編集]

主演のヘルタ・ティーレとドロテア・ヴィーク以下、主要なキャストはほとんど女優によって占められている。

1951年にメキシコで、1958年には当時の西ドイツとフランスの合作により再映画化されている。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

  • マヌエラ・フォン・マインハルディス:ヘルタ・ティーレ
  • ベルンブルク先生:ドロテア・ヴィーク

スタッフ[編集]

  • 監督:レオンティーネ・ザーガン
  • 監修:カール・フレーリッヒ
  • 製作:カール・フレーリッヒ、フリードリヒ・プフルークハウプト
  • 脚本:クリスタ・ヴィンスローエ、フリードリヒ・ダンマン
  • 音楽:ハンソム・ミルデ=マイスナー
  • 撮影:ライマー・クンツェ、フランツ・ヴァイマイル
  • 編集:オズヴァルト・ハーフェンリヒター
  • 美術:フリッツ・モーリシャット、フリードリヒ・ヴィンクラー=タンネンベルク

映画賞受賞[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]