息もできない (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
息もできない
똥파리
監督 ヤン・イクチュン
脚本 ヤン・イクチュン
製作 ヤン・イクチュン
音楽 ジ・インヴィジブル・フィッシュ
撮影 ユン・チョンホ
編集 ヤン・イクチュン
配給 日本の旗 ビターズ・エンド/スターサンズ
公開 オランダの旗 2009年1月23日(ロッテルダム国際映画祭
大韓民国の旗 2009年4月16日
日本の旗 2010年3月20日
上映時間 130分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
息もできない
各種表記
ハングル 똥파리
漢字
発音 トンパリ
英題: Breathless (Ttongpari)[1]

息もできない』(原題 : 똥파리)は、2008年韓国映画。原題の『トンパリ』とは「クソバエ」を意味する罵倒語である。

ストーリー[編集]

キム・サンフンは子供の頃のある出来事により、総てのものを愚弄する破滅型の男として育った。彼は友人マンシクと始めた暴力取り立て屋として日々を送る。そんなサンフンがある日、女子高生のヨニと出会い、口論をきっかけにお互い不思議な感情を抱き育むようになっていく。ふたりは唾棄すべき父を持ち、母を幼くして失っている似た者同士だった。サンフンはヨニに酒を奢り、ヨニもサンフンの姉や甥のヒョンインと友情を結んだ。だんだんにヨニによって秘めていた優しさを引き出されてゆくサンフンだったが、ヨニの弟であるヨンジェが弟分になったことで、その運命を大きく歪まされてゆくのだった。

キャスト[編集]

製作[編集]

韓国の俳優のヤン・イクチュンの長編映画監督デビュー作である。製作費が途中で足りなくなり、ヤンの家族や友人から資金援助を受けたり、家を引き払った保証金を充てるなどして製作が続行された[2]

受賞歴[編集]

  • 第10回東京フィルメックス:最優秀作品賞[3]
  • 第10回東京フィルメックス:観客賞[3]
  • 第38回ロッテルダム国際映画祭:タイガー・アワード(グランプリ)
  • 2009年ドーヴィル・アジア映画祭:ゴールデン・ロータス賞(グランプリ)
  • 2009年ドーヴィル・アジア映画祭:国際批評家賞
  • 第11回バルセロナ・アジア映画祭:ゴールデン・ドリアン賞(グランプリ)
  • 2009年ウラジオストク国際映画祭:グランプリ
  • 2009年ウラジオストク国際映画祭:最優秀女優賞
  • 2009年ファンタジア国際映画祭:作品賞
  • 2010年キネマ旬報ベスト・テン:外国映画ベスト・テン第1位[4]
  • 2010年キネマ旬報ベスト・テン:外国映画監督賞(ヤン・イクチュン[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Breathless (Ttongpari) KMDb 2011年8月1日閲覧。
  2. ^ 自主映画『ブレスレス』のヤン・イクチュン監督”. 韓流情報. 2010年3月10日閲覧。
  3. ^ a b 第10回トウキョウフィルメックス受賞結果”. 2010年3月10日閲覧。
  4. ^ a b 2010年 第84回 キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. 2011年2月5日閲覧。

外部リンク[編集]