悲情城市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
悲情城市
タイトル表記
繁体字 悲情城市
簡体字 悲情城市
拼音 bēiqíng chéngshì
英題 A City of Sadness
各種情報
監督 侯孝賢
脚本 呉念真中国語版
朱天文
製作 邱復生中国語版
出演者 李天禄
陳松勇中国語版
高捷
梁朝偉(トニー・レオン)
辛樹芬
音楽 音楽監督:立川直樹
音楽監督: 張弘毅中国語版
音楽:S.E.N.S.
撮影 陳懐恩中国語版
編集 廖慶松中国語版
配給 日本の旗 フランス映画社
公開 台湾の旗 1989年9月15日
日本の旗 1990年4月21日
上映時間 159分
製作国 中華民国の旗 台湾
香港の旗 イギリス領香港
言語 台湾語
北京語
広東語
上海語
日本語
製作費 $19,000,000
興行収入 $34,914,619[1]
テンプレートを表示

悲情城市』(ひじょうじょうし、原題:悲情城市、拼音: bēiqíng chéngshì英題: A City of Sadness)は、1989年製作の台湾映画

概要[編集]

日本統治時代の終わりから、中華民国台北に遷都するまでの台湾社会が描かれている。公開当時は台湾戒厳令解除からわずか2年後であり、台湾内で二・二八事件が公に語られることは多くはなかった。舞台となった九份は、この作品の成功によって台湾でも屈指の観光名所となった。

香港出身の梁朝偉台湾語が話せなかったため、聴覚障害者の役(文清)になったといわれる。

侯孝賢監督の台湾現代史三部作の第1部といわれる。後作『戯夢人生』(1993年)では、この作品の直前の時代にあたる、日本の支配の始まりから終わりまでが語られている。

ストーリー[編集]

台湾の港町の基隆。今はその町の田寮港中国語版)で酒店を営む林阿祿(李天禄)の、4人の息子たち(文雄、文龍、文良、文清)にまつわる話である。

1945年8月15日、天皇陛下の玉音放送が放送される中、基隆にほど近い港・八斗子の民家で一人の男児が生まれる。それは林家の長男・文雄(陳松勇)が妾に産ませた待望の男児であった。

文雄は父から引き継いだ船問屋として、基隆の裏社会にも顔の利く博打者。次男の文雄は日本軍の軍医としてルソン島に向かうが、消息が途絶えている。三男文良(高捷)は日本軍の通訳として上海に徴用中。耳が聞こえず話せない四男の文清(梁朝偉、トニー・レオン)は、読書に愛好しながら、九份で写真館を静かに営んでいた。

ある日、文清は金瓜石の病院の看護婦として働きに来た寛美(辛樹芬)を迎えにでる。寛美の兄の呉寛榮(呉義芳)が文清の友人で、彼の写真館に下宿していたからである。寛榮は大陸帰りの知識人たちを自分の下宿先でもある写真館に呼んで中国の最新の情勢を確認したり、抗日の歌である「9・18(流亡三部曲)」を高らかに歌い、日本からの解放を謳歌するなどしていた。寛榮は、現地で日本語教育をになってきた学校の小川校長(長谷川太郎)の娘である静子(中村育代)と恋仲にあった。しかし、日本人は帰郷しなければならなくなり、静子は戦死した兄の遺品を寛榮に、自分の着物を寛美に託して、台湾から引き上げる。

三男文良は上海から帰ってきたが、精神が錯乱状態にあって病院への入院を余儀なくされていた。気が少し落ち着いてきたある日、文雄の妾の兄である阿嘉(張嘉年)が、上海マフィアのボス(雷鳴)を連れてやってくる。彼らは九份の酒店で宴席を設け、文雄の船を使った麻薬の密輸を文良にそそのかす。その一方で阿嘉は、仲間の赤猿(矮仔塗)から日本軍の残した紙幣を使った裏取引を持ちかけられるのだが、その夜、赤猿は何者かに連れさられ殺害されてしまう。

文良が関わった麻薬の密輸は、それを良しとしない文雄にばれてしまい、密輸した麻薬も文雄に抑えられてしまう。文良は上海マフィアから文雄への交渉を求められるが、その同じ建物内で、赤猿を殺害したのがそこにいた金泉(林鉅)らの仕業であることに気が付き喧嘩となる。その後、阿嘉も金泉を襲撃するなど、事態は文雄たち勢力とその金泉のボスである阿城(林照雄)の勢力への抗争へと発展するが、姉御肌の阿撿姐(阿匹婆)の仲裁によって、表向きは解決する。しかしその冬、何者かの密告により、文良は漢奸の疑いで中国国民党政府に逮捕されてしまう。

文清は文雄の本妻の娘・亜雪(黄倩如)から、寛榮たちに交渉してもらうよう頼まれるが事態は進まずにいた。文雄は中国当局に顔のきく上海マフィアに麻薬を返し、文良の釈放の手はずを整えてもらうよう頭を下げる。かくして、文良は釈放されたものの、政府の拷問によって廃人同様となってしまっていた。日本人に置きかわって台湾を統治する中華民国からの外省人の横暴に、人々の不満は鬱積するのであった。

旧暦の正月を過ぎた1947年2月27日、台北でヤミ煙草取締りの騒動を発端として、本省人と外省人が衝突する〈二・二八事件〉が勃発する。寛榮と文清は臨時戒厳令がしかれた台北へ向う。混乱が続く中、文清はひとりで病院に戻ってくる。本省人が外省人を見分けるために台湾語か日本語を話せるかを試されるので、話せない文清は外省人とみなされて暴力を振るわれかねないからである。その数日後、「二・二八事件処理委員会」に参加した寛榮が足に大怪我をして戻ってきた。台北では台湾省行政長官として赴任している中国国民党陳儀将軍が弾圧を命じ、多数の本省人が処刑されているという。

寛榮と寛美は四脚亭の実家に帰るが、寛榮は外聞を重んじる旧家の父親に叱責され、寛美は病院をやめさせられてしまう。寛美の元には、寛榮たち反体制派の一員という理由で文清も逮捕されたという亜雪からの手紙が舞い込む。文清は、留置所で処刑される仲間たちを見送るも、口を聞けないことから釈放される。釈放後、実家に帰ると、次兄の文龍の訃報が遺品とともに届いていた。文清は処刑された仲間の遺品や遺言を遺族に届ける途中、ある山奥で台湾独立を目指すゲリラとなって身を潜める寛榮と再会した。文清は寛榮と山で一緒に暮らし、新しい台湾の姿を思い描くことを望むが、寛榮はそれを認めず文清が妹と結婚することを望む。文清を慕って林家の元に住み込んでいた寛美は、帰ってきた文清から兄のことを聞いて涙を流す。また、寛美の気持ちを知る文雄も文清に結婚の覚悟を決めるよう諭す。

そんな折、文雄は入りびたっていた賭博場で阿嘉と金泉の喧嘩に巻き込まれ、上海マフィアのボスの拳銃によって命を落とす。文雄の葬式の数日後、文清と寛美の結婚式が行われる。平和な新婚生活をおくるふたりの間には、やがて男の子が生まれる。寛美の元にはときおり活動資金を無心する兄からの手紙が届き、兄の無事に安心する。夫と子供の世話に明け暮れる日々に、寛美は幸せを噛みしめる。

しかしある日、山からの使者やってくる。政府軍が山に踏み込み、寛榮たちゲリラを銃殺したというのである。文清も逃げるよう言われ、荷物をまとめて列車に乗ろうとしてみたものの、彼らには行く場所はどこにもなかった。文清らは写真館に戻り、親子3人の家族写真を写す。その3日後、文清は逮捕され連行される。寛美は台北に足を運んで探すが、文清の消息はつかめないままである。

1949年12月、大陸で敗北した国民政府が台湾に渡り、台北を臨時首都に定めるのだった。

キャスト[編集]

  • 李天禄(リー・ティエンルー) - 林阿禄(リン・アルー)
  • 陳松勇(チェン・ソンヨン) - 長男 文雄(ウンヨン)
  • 高捷(カオ・ジエ) - 三男 文良(阿良、アリヨン)
  • 梁朝偉(トニー・レオン) - 四男 文清(ウンセイ)
  • 辛樹芬(シン・シューフェン) - 呉寛美(ウー・ヒロミ)
  • 呉義芳(ウー・イーファン) - その兄 寛榮(ヒロエ)
  • 陳淑芳中国語版(チェン・シューファン) - 長男文雄の正妻、美黛(ミオ)
  • 黄倩如(ホアン・チンルー) - その娘、阿雪(アスア)
  • 柯素雲中国語版(クー・スーユン) - 次男の妻
  • 林麗卿(リン・リーチン) - 三男文良の妻
  • 何璦雲中国語版(フー・アイユン) - 長男文雄の妾妻
  • 張嘉年中国語版(ケニー・チャン、香港映画では【太保/タイポー】の芸名で知られる) - その兄、阿嘉(アカ)
  • 林揚(リン・ヤン) - 文雄の親友、許(コー)さん
  • 詹宏志中国語版(ヂャン・ホンジー) - 大陸帰りの林(リン)先生
  • 呉念真中国語版(ウー・ニエンジェン) - 寛榮の同僚の呉(ウー)先生
  • 謝材俊中国語版(シエ・ツァイジュン) - 謝(シエ)先生
  • 張大春中国語版(ジャン・ダーチュン) - 大陸から来た何(フー)記者
  • 中村育代 - 小川静子
  • 長谷川太郎 - 小川校長
  • 頼徳南(ライ・ドゥーナン) - 金瓜石の病院の陳院長
  • 雷鳴中国語版(レイ・ミン) - 上海ボス
  • 文帥(ウェン・シュアイ) - そのパートナーの阿山
  • 比利(ビリー) - 黒メガネの比利
  • 矮仔塗(アイ・ツートゥ) - 九份の“赤猿”
  • 陳郁蓉(チェン・ユーロン) - 阿春(アチュン)
  • 林照雄(リン・ジャオション) - 阿城親分
  • 林鉅(リン・ジュイ) - 子分の金泉(キムツァ)
  • 阿匹婆中国語版(ア・ピポ) - 仲裁の阿撿姐
  • 鷺青(ルー・チン) - 呉兄妹の父
  • 梅芳(メイ・ファン) - 呉兄妹の母
  • 張弘毅中国語版
  • 陳懷恩中国語版
  • 蔡振南中国語版
  • 金士傑中国語版

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1989年台湾票房 Archived 2008年1月1日, at the Wayback Machine.(台湾電影資料庫)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • 好男好女』 侯孝賢監督の台湾現代史三部作の第3部 
  • 白色テロ (台湾)
  • 田村志津枝 本作品の日本語字幕翻訳を担当。『悲情城市の人びと 台湾と日本のうた』(1992年)ISBN 978-4794961037の著者。