アルジェの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルジェの戦い
La battaglia di Algeri
監督 ジッロ・ポンテコルヴォ
脚本 フランコ・ソリナス
製作 アントニオ・ムーズ
音楽 エンニオ・モリコーネ
ジロ・ポンテコルヴォ
撮影 マルチェロ・ガッティ
配給 日本の旗 松竹映配
公開 イタリアの旗 1966年8月31日
日本の旗 1967年2月25日
アメリカ合衆国の旗 1967年9月20日
フランスの旗 1970年10月13日
上映時間 122分
製作国 イタリアの旗 イタリア
アルジェリアの旗 アルジェリア
言語 フランス語
アラビア語
テンプレートを表示

アルジェの戦い』(アルジェのたたかい、原題: La battaglia di Algeri)は、1966年にイタリアで公開された映画。監督はジッロ・ポンテコルヴォ。アルジェリアのフランスからの独立までのアルジェリア戦争を描いている。第27回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した。

あらすじ[編集]

『アルジェの戦い』は、アルジェリア戦争中の1954年11月から1957年12月にかけて、フランス領アルジェリアの首都アルジェで起きた出来事を再構成したものである。

物語は、アルジェのカスバ(城塞)における革命運動の組織化から始まる。アルジェリアの地元住民とピエ・ノワールとの間で党派抗争は激しさを増し、双方の勢力が暴力的な行為を行う状態にまで発展する。フランス政府はフランス陸軍の空挺部隊をこの都市に派遣し、民族解放戦線(FLN)のメンバーと戦闘を行った結果、そのメンバーを捕らえる。空挺部隊は、暗殺か捕獲によってFLN指導部全体を壊滅させようと試みる。

映画は民族主義者のデモと暴動を描いたシーンで終わり、フランスはアルジェの戦いには勝ったが、アルジェリア戦争には負けたことを示唆している。[1]

ギャラリー[編集]

キャスト[編集]

日本語版[編集]

※テレビ版、ソフト未収録。初回放送1972年9月21日『木曜洋画劇場

受賞とノミネート[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The Battle of Algiers | The Guardian”. www.theguardian.com. 2024年4月10日閲覧。