わたしは、ダニエル・ブレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
わたしは、ダニエル・ブレイク
I, Daniel Blake
監督 ケン・ローチ
脚本 ポール・ラヴァーティ英語版
製作 レベッカ・オブライエン
製作総指揮
出演者
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 ロビー・ライアン
編集 ジョナサン・モリス
製作会社
配給
公開 フランスの旗 2016年5月13日 (CIFF)
フランスの旗 2016年10月21日
日本の旗 2017年3月18日
上映時間 100分[1]
製作国
言語 英語
興行収入 $12,450,000[2]
日本の旗 1億円[3]
テンプレートを表示

わたしは、ダニエル・ブレイク』(I, Daniel Blake)は、ケン・ローチ監督、ポール・ラヴァーティ英語版脚本による2016年のイギリス・フランスのドラマ映画である。出演はデイヴ・ジョーンズヘイリー・スクワイアーズ英語版、ディラン・マキアナン、ブリアナ・シャンらである。

第69回カンヌ国際映画祭パルム・ドール、第69回ロカルノ国際映画祭観客賞英語版を獲得した[4][5][6]

あらすじ[編集]

病気で働けなくなった主人公が煩雑な制度に振り回されながらも、人との結び付きを通して前進しようとするが、あっけなく死んでしまう姿を描く。

老齢を迎えたベテラン大工であったダニエルは、ある時心臓発作が原因で倒れてしまう。 職を失い、医師からは休職を命じられたため、役所に行き、失業給付金申請の為カウンセラーと面談をするものの、職務可能と判断されてしまい、給付金は下りずにいた。 そんな時にロンドンから引っ越して来たばかりのシングルマザー一家であるケイティ達と出会う。 彼女達も道に迷って面会時間に遅れたために4週間程給付金の交付が降りない事が決まってしまう。 ダニエルは得意の大工仕事での家を修理してあげた。お互いに傷つきながらも家族同様に親睦を深めていくが、ケイティは子供達の為に万引きや売春に手を染めて行く。 ダニエルも給付金交付の矛盾にやきもきしながらの生活を続け、ついに家財道具をほぼ売り払わずにはいられなくなってしまう。 そんな時に不服申し立ての機会が訪れたダニエルであったが心臓発作で帰らぬ人となってしまう。 イギリスの社会保障の複雑さと貧困の現実を、一切のユーモアも批判もなく、退屈なほどの描写に徹した作品。 [7]

キャスト[編集]

製作[編集]

主要撮影は2015年10月にニューカッスル・アポン・タインとその周辺地域で始まった[8]。製作はレベッカ・オブライエンのシックステーン・フィルムズ[9]ホワイ・ノット・プロダクションズ英語版ワイルド・バンチ英語版が行い、英国映画協会BBCフィルムズが援助した[10]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

レビュー・アグリゲーターサイトのRotten Tomatoesでは、103件のレビューで支持率は92%、平均点は7.8/10となった[11]。またMetacriticでは23件のレビューで加重平均値は78/100となった[12]

受賞とノミネート[編集]

受賞とノミネートの一覧
授賞式 部門 対象 結果 参照
英国アカデミー賞 2017年2月12日 作品賞 レベッカ・オブライエン ノミネート [13]
助演女優賞 ヘイリー・スクワイアーズ英語版 ノミネート
監督賞 ケン・ローチ ノミネート
オリジナル脚本賞 ポール・ラヴァーティ英語版 ノミネート
英国作品賞 ポール・ラヴァーティ、ケン・ローチ、レベッカ・オブライエン 受賞
英国インディペンデント映画賞 2016年12月4日 英国インディペンデント映画賞 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 ノミネート [14]
監督賞 ケン・ローチ ノミネート
男優賞 デイヴ・ジョーンズ 受賞
女優賞 ヘイリー・スクワイアーズ ノミネート
新人賞 デイヴ・ジョーンズ ノミネート
ヘイリー・スクワイアーズ 受賞
脚本賞 ポール・ラヴァーティ ノミネート
カンヌ国際映画祭 2016年5月22日 パルム・ドール ケン・ローチ 受賞 [15]
パルム・ドッグ人道賞 ケン・ローチ (シアという名前の3本足の犬を紹介) 受賞
デンバー映画祭英語版 2016年11月14日 特別審査員賞: 女優部門 ヘイリー・スクワイアーズ 受賞 [16]
ヨーロッパ映画賞 2016年12月10日英語版 作品賞 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 ノミネート [17]
監督賞 ケン・ローチ ノミネート
男優賞 デイヴ・ジョーンズ ノミネート
脚本賞 ポール・ラヴァーティ ノミネート
イブニング・スタンダード英国映画賞英語版 2016年12月8日 作品賞 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 受賞 [18]
[19]
主演男優賞 デイヴ・ジョーンズ ノミネート
助演女優賞 ヘイリー・スクワイアーズ 受賞
脚本賞 ポール・ラヴァーティ ノミネート
パワフルシーン賞 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 受賞
ゴールデン・トマト賞 2017年1月12日 2016年最高のイギリス映画 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 3位 [20]
ロカルノ国際映画祭 2016年8月13日 観客賞英語版 ケン・ローチ 受賞 [6]
ロンドン映画批評家協会賞 2017年1月22日英語版 作品賞 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 ノミネート [21]
英国・アイルランド作品賞 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 受賞
英国・アイルランド男優賞 デイヴ・ジョーンズ ノミネート
英国・アイルランド女優賞 ヘイリー・スクワイアーズ ノミネート
ニューヨーク映画批評家オンライン 2016年12月11日 トップ12作品 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 受賞 [22]
サン・セバスティアン国際映画祭 2016年9月24日 観客賞: 作品部門 ケン・ローチ 受賞 [23]
ストックホルム国際映画祭 2016年11月20日 観客賞: 作品部門 ケン・ローチ 受賞 [24]
バンクーバー国際映画祭英語版 2016年10月14日 国際作品賞 ケン・ローチ 受賞 [25]
[26]

参考文献[編集]

  1. ^ I, Daniel Blake (15)”. British Board of Film Classification (2016年8月18日). 2016年8月19日閲覧。
  2. ^ I, Daniel Blake”. Box Office Mojo. 2017年2月12日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.64
  4. ^ Cannes 2016: Ken Loach's I, Daniel Blake wins the Palme d'Or - live!”. The Guardian (2016年5月22日). 2016年5月22日閲覧。
  5. ^ Cannes Film Festival Winners: Palme d'Or To Ken Loach's 'I, Daniel Blake'”. Deadline.com. 2016年5月22日閲覧。
  6. ^ a b Palmarès 2016”. Locarno. 2017年2月12日閲覧。
  7. ^ 【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(3月16日付) - ライブドアニュース
  8. ^ Hodgson, Barbara (2015年11月8日). “Award-winning director Ken Loach takes to the streets of Newcastle to shoot his latest feature film”. Evening Chronicle. http://www.chroniclelive.co.uk/news/north-east-news/award-winning-director-ken-loach-10407775 2016年5月25日閲覧。 
  9. ^ Solutions, Starlight. “People :: Rebecca O'Brien”. www.sixteenfilms.co.uk. 2016年5月26日閲覧。
  10. ^ Cannes Film Review: ‘I, Daniel Blake’”. Variety (2016年5月12日). 2016年5月25日閲覧。
  11. ^ I, Daniel Blake”. Rotten Tomatoes. 2017年2月2日閲覧。
  12. ^ I, Daniel Blake reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2017年2月2日閲覧。
  13. ^ Ritman, Alex (2017年1月9日). “BAFTA Awards: 'La La Land' Leads Nominations”. The Hollywood Reporter. 2017年1月10日閲覧。
  14. ^ Evans, Alan (2016年11月1日). “I, Daniel Blake leads British independent film award nominations”. The Guardian. 2016年11月1日閲覧。
  15. ^ Cannes 2016”. The Guardian. 2016年5月22日閲覧。
  16. ^ “AWARD WINNERS FOR 39th DENVER FILM FESTIVAL - Denver Film Festival” (英語). Denver Film Festival. http://denverfilmfestival.denverfilm.org/media/press-releases/denver-film-society-announces-winners-39th-denver-film-festival/ 2016年12月5日閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ Evans, Alan (2016年11月7日). “Toni Erdmann leads nominations at European film awards”. The Guardian. 2016年12月11日閲覧。
  18. ^ Moore, William (2016年11月17日). “Evening Standard British Film Awards - The Longlist”. London Evening Standard. 2016年11月29日閲覧。
  19. ^ Norum, Ben (2016年12月9日). “Evening Standard British Film Awards: Kate Beckinsale and Hugh Grant Crowned”. London Evening Standard. 2016年12月9日閲覧。
  20. ^ Golden Tomato Awards - Best of 2016”. Rotten Tomatoes (2017年1月12日). 2017年2月12日閲覧。
  21. ^ ‘Moonlight’ and ‘Love and Friendship’ Lead London Film Critics’ Circle Nominations”. Variety (2016年12月20日). 2016年12月20日閲覧。
  22. ^ 'Moonlight' Named Best Picture by New York Film Critics Online Association”. The Hollywood Reporter (2016年12月11日). 2016年12月11日閲覧。
  23. ^ Rosser, Michael (2016年8月19日). “San Sebastian: 'I, Daniel Blake', 'Fire At Sea' in Pearls line-up”. Screen Daily. 2016年12月11日閲覧。
  24. ^ Ramsay, Angela. “Ken Loach’s I, DANIEL BLAKE Wins Stockholm Audience Award at Stockholm Film Fest”. Vimooz.com. 2016年12月11日閲覧。
  25. ^ “Maudie Wins Coveted VIFF Super Channel People's Choice Award” (プレスリリース), Greater Vancouver International Film Festival Society, (2016年10月14日), http://archive.viff.org/e-blasts/viff/2016/PR/19_VIFFAudienceAward_PR.html 2016年10月18日閲覧。 
  26. ^ Stuart Derdeyn (2016年10月16日). “Maudie wins People's Choice Award at VIFF”. Vancouver Sun. 2016年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]