秘密と嘘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秘密と嘘
Secrets & Lies
監督 マイク・リー
脚本 マイク・リー
製作 サイモン・チャニング・ウィリアムズ英語版
出演者 ブレンダ・ブレッシン
ティモシー・スポール
マリアンヌ・ジャン=バプティスト
音楽 アンドリュー・ディクソン英語版
撮影 ディック・ポープ
編集 ジョン・グレゴリー英語版
製作会社 シン・マン・フィルムズ英語版
Ciby 2000英語版
チャンネル4フィルムズ英語版
配給 イギリスの旗 フィルム4ディストリビューターズ
日本の旗 フランス映画社
公開 イギリスの旗 1996年5月24日
日本の旗 1996年12月21日
上映時間 142分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $4,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $13,417,292[1]
イギリスの旗 £1,300,000 [要出典]
テンプレートを表示

秘密と嘘』(ひみつとうそ、Secrets & Lies)は1996年イギリスドラマ映画。監督・脚本はマイク・リー、出演はブレンダ・ブレッシンティモシー・スポールマリアンヌ・ジャン=バプティストなど。イギリスの庶民的な家族の間で繰り広げられる愛憎と葛藤、和解を描いている[2]

第49回カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドール女優賞を受賞し[3]第69回アカデミー賞でも受賞は果たせなかったものの作品賞をはじめとする5部門でノミネートされた[4]

舞台出身のマイクー・リー監督らしく、脚本は一切使用せず、現場で役者とともに即興的に作り上げられていった世界観は極限のリアリティーを生んだ[2]

ストーリー[編集]

幼くして母親を亡くし、10代から稼ぎに出かけ、父親や弟の世話までこなしてきたシンシアは、そのお節介な性格からか、夫はおろか友人すらいないまま中年を迎える。

そんな母親シンシアに対する不満からいつもイライラしている娘ロクサーヌ、カメラマンとして活動し裕福な生活を手に入れた弟モーリスと不妊治療に励むその妻モニカ。そしてシンシアがその存在さえ忘れていた生まれてすぐに養子に出した黒人の娘ホーテンス。それらの人物をさらに取り巻くトラブルや人々。嫉妬や憎悪、疑い、嘘、秘密、依存、罪の意識、さまざまな感情が渦巻く中、「家族」という幻想の中で、積もりに積もった不平不満がそこに噴出する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(VHS版)

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、44件の評論のうち高評価は95%にあたる42件で、平均点は10点満点中8.7点、批評家の一致した見解は「『秘密と嘘』は社会的な問題を繊細な冷静さと全てにおいて素晴らしい演技で深く掘り下げており、脚本・監督のマイク・リーの最も力強い作品の1つとなっている。」となっている[5]Metacriticによれば、27件の評論のうち、高評価は26件、賛否混在は1件、低評価はなく、平均点は100点満点中91点となっている[6]

受賞歴[編集]

部門 対象者 結果
第69回アカデミー賞[7] 作品賞 ノミネート
監督賞 マイク・リー
脚本賞 マイク・リー
主演女優賞 ブレンダ・ブレッシン
助演女優賞 マリアンヌ・ジャン=バプティスト
第49回カンヌ国際映画祭[8] パルム・ドール マイク・リー 受賞
女優賞 ブレンダ・ブレッシン
エキュメニカル審査員賞 マイク・リー
第22回ロサンゼルス映画批評家協会賞[9] 作品賞 受賞
監督賞 マイク・リー
主演女優賞 ブレンダ・ブレッシン
第54回ゴールデングローブ賞[10] 作品賞(ドラマ部門) ノミネート
主演女優賞(ドラマ部門) ブレンダ・ブレッシン 受賞
助演女優賞 マリアンヌ・ジャン=バプティスト ノミネート
第50回英国アカデミー賞英語版[11] 作品賞 ノミネート
監督賞 マイク・リー
主演男優賞[12] ティモシー・スポール
主演女優賞 ブレンダ・ブレッシン 受賞
助演女優賞 マリアンヌ・ジャン=バプティスト ノミネート
オリジナル脚本賞 マイク・リー 受賞
英国作品賞(アレクサンダー・コルダ賞)
第9回ヨーロッパ映画賞英語版[13] 作品賞 マイク・リー ノミネート
第12回インディペンデント・スピリット賞英語版[14] 外国映画賞 マイク・リー 受賞

出典[編集]

  1. ^ a b Secrets & Lies” (英語). Box Office Mojo. 2022年5月10日閲覧。
  2. ^ a b 秘密と嘘”. WOWOW. 2022年5月10日閲覧。
  3. ^ 第49回 カンヌ国際映画祭(1996年)”. 映画.com. 2022年5月10日閲覧。
  4. ^ 第69回 アカデミー賞(1997年)”. 映画.com. 2022年5月10日閲覧。
  5. ^ Secrets & Lies” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年5月10日閲覧。
  6. ^ "Secrets & Lies" (英語). Metacritic. 2022年5月10日閲覧。
  7. ^ 1996年 第69回 アカデミー賞”. allcinema. 2022年5月11日閲覧。
  8. ^ 1996年 第49回 カンヌ国際映画祭”. allcinema. 2022年5月11日閲覧。
  9. ^ 1996年 第22回 LA批評家協会賞”. allcinema. 2022年5月11日閲覧。
  10. ^ 1996年 第54回 ゴールデン・グローブ”. allcinema. 2022年5月11日閲覧。
  11. ^ 1996年 第50回 英国アカデミー賞”. allcinema. 2022年5月11日閲覧。
  12. ^ Film | Actor in a Leading Role in 1997” (英語). BAFTA Awards. BAFTA. 2022年5月11日閲覧。
  13. ^ 1996年 第9回 ヨーロッパ映画賞”. allcinema. 2022年5月11日閲覧。
  14. ^ 1996年 第12回 インディペンデント・スピリット賞”. allcinema. 2022年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]