L.A.コンフィデンシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

L.A.コンフィデンシャル』(エルエーコンフィデンシャル、L.A.Confidential)は、1990年に発刊されたジェイムズ・エルロイの『L.A.四部作』の第3部である小説、またそれを原作とした1997年公開のアメリカ映画

概要[編集]

1950年代のロス市警(L.A.P.D.)。マフィアのボス逮捕による暗黒街の混乱、酔った警官がメキシコ系移民の容疑者に暴行した「血のクリスマス」事件など、騒然としたロスの世相を背景に、カフェで元刑事を含む6人が惨殺された「ナイトアウルの虐殺」事件を捜査するロス市警の3人の警官が、捜査を進めるうちに警察内部の腐敗に直面する人間模様を描いている。映画版は一癖も二癖もある刑事を演じたラッセル・クロウ(ハリウッド初出演作)、ガイ・ピアースの出世作となった。

ストーリー[編集]

舞台は、1950年代のロサンゼルスマフィアの幹部ミッキー・コーエンの逮捕をきっかけに、血みどろの抗争が繰り広げられていた。

ある日、街のコーヒーショップで客が皆殺しにされる猟奇殺人事件がおきる。被害者の一人は刑事だった。その刑事の相棒だったバドは新入りのエド、ジャックと共に事件の捜査に当たる。やがて、犯人と見られる三人組はエドに射殺され、事件は解決したかに見える。

登場人物[編集]

ジャック・ヴィンセンス(Jack Vincennes
ロス市警の刑事。ロス市警の活躍を描くテレビドラマ「名誉のバッヂ」でテクニカル・アドバイザーとして活躍しているが、裏では記者のシドに情報を流して裏金を受け取る悪徳警官。
原作での愛称は「ごみ缶ジャック」。チャーリー・パーカーを殴ってごみ缶に放り込んだというエピソードに由来するあだ名である。映画ではチャーリー・パーカーに関するエピソードはカットされ署内で「ハリウッド・ジャック」などと呼ばれている。
バド・ホワイト(Wendell "Bud" White
ロス市警の刑事。幼い頃にベッドの上で母親が父親に虐殺されるのを目の当たりにしたため、女に暴力を振るう男を激しく憎んでいる。エドとは互いの正義の考えが違うためたびたび衝突する。リンに想いを寄せている。
原作序盤においては、勘こそ優れるものの高等教育を受けていなかった為事件解決に失敗するが、後に大学で教育を受け極めて優秀な刑事に変貌する。映画では大学入学のくだりは省かれ、直情径行の性格は改まらず、ダドリーの罠にはまり、エドと衝突することになる。「完全なる正義」の体現者。
エド・エクスリー(Edmund Jennings "Ed" Exeley
ロス市警の刑事。首席で警察学校を卒業したエリート刑事(劇中で警部補に昇進)。曲がったことを嫌い、出世の為なら仲間の不正を告発するという強い正義感を見せている。映画では幼い頃に35歳で殉職したロス市警の伝説的な刑事であった父を目標にしていて、父親を殺害した犯人を「ロロ・トマシー」と呼んでおり、これが事件を解く手がかりとなる。
原作では規律を好み極めて有能だが、偽装した戦歴で叙勲された過去を持ち、殉職した兄にコンプレックスを抱き、かつての優秀な警察官で今は建設王の父に認められたいと望み続ける屈折した上昇志向の権化で、そのためなら仲間を売ることもいとわない。
ダドリー・スミス(Dudley Liam Smith
ロス市警の大物刑事。階級は警部。バドを片腕のように扱う。容疑者に対して真実を吐くまで拷問をするなど、卑劣な行動を取っている。
原作では第二作以降シリーズを通じて登場し物語の根幹をなす最重要人物だが、映画ではエドにより「後ろから撃たれ」死亡する。なお、冒頭で刑事部への転属を志望するエドに「更生の見込みのない犯罪者を背中から撃てるか」と尋ねている。
リン・ブラッケン(Lynn Bracken
売春組織「白ユリの館」の娼婦。容姿を女優のヴェロニカ・レイクに似せて整形している(映画では髪を染めただけ)。バドとはダウンタウンの「ナイト・アウル・カフェ」で起こった惨殺事件に関係があるとマークされるが、一人の女として接してくれる彼に次第に惹かれていく。
シド・ハッジェンス(Sid Hudgens
ゴシップ誌「ハッシュ・ハッシュ・マガジン」の記者兼編集責任者。冒頭で狂言回しとして登場する。ジャックと手を組み逮捕劇をスクープしているほか、ダドリーともつながりがある。
ディック・ステンスランド(Richard Alex "Dick" Stensland
ロス市警の刑事。バドの相棒で、酒好き。拘置所でメキシコ人相手に暴行を働いたことにより免職される。映画ではその後、コーヒーショップ「ナイト・アウル・カフェ」で他の客と共に殺害される。
ミッキー・コーエンMickey Cohen
ロサンゼルスを牛耳るギャングのボスでユダヤ系。脱税容疑で逮捕・収監される。その結果ロサンゼルスにおける組織犯罪の利権をめぐり血みどろの抗争が始まることとなる。
ジョニー・スタンパナート
コーエンの手下でイタリア系。映画では、冒頭にシャンペンの開封音を銃声と誤認する姿がコミカルに登場するほか、連れの愛人で女優のラナ・ターナーを、エドが「白ユリの館」の娼婦と間違えるエピソードで登場する。
プレストン・エクスリー
エド・エクスリーの父でかつては優秀な刑事、退職後は建設会社を経営し成功している。原作の重要人物だが、映画では在職中に死亡したことになっていて直接の登場はない。
レイモンド・ディータリング
アニメーション映画製作者。ネズミのムーチーなどの人気キャラクターを創り出した。テーマパーク「ドリーム・ア・ドリームランド」をエクスリーの父とともに建設する。彼のアニメーション「ドリーム・ア・ドリーム・アワー」の関係者の麻薬汚染が前半の、彼らの犯した罪が後半のそれぞれストーリーの中核を為す。原作の重要人物だが、映画には一切登場しない。
イネス・ソト
ナイト・アウル事件の容疑者たちに暴行を受けていた聡明なメキシコ人女性で証言を拒否する。エドの援助を受けて交際し、バドとも関係を持ち、その後ディータリングのもとで働く。映画には登場しない。
バート・アーサー・<デュース>・パーキンズ
暗黒街の運転手、ミュージシャン。原作の重要人物だが映画には登場しない。
スペイド・クーリー
ミュージシャン。自他共に認める「ウェスタン・スイングの帝王」実在した人物で1961年に妻を殺害した容疑で逮捕されている。

映画[編集]

L.A.コンフィデンシャル
L.A. Confidential
監督 カーティス・ハンソン
脚本 カーティス・ハンソン
ブライアン・ヘルゲランド
原作 ジェイムズ・エルロイ
製作 カーティス・ハンソン
アーノン・ミルチャン
マイケル・ネイサンソン
ブライアン・ヘルゲランド
製作総指揮 ダン・コルスラッド
デヴィッド・L・ウォルパー
出演者 ケヴィン・スペイシー
ラッセル・クロウ
ガイ・ピアース
ジェームズ・クロムウェル
キム・ベイシンガー
デヴィッド・ストラザーン
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ダンテ・スピノッティ
編集 ピーター・ホーネス
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年9月19日
日本の旗 1998年7月18日
上映時間 138分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $64,616,940[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$126,216,940 世界の旗
テンプレートを表示

ワーナー・ブラザース製作で映画化され、カーティス・ハンソンが監督・製作・脚色を兼任した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ
ジャック・ヴィンセンス ケヴィン・スペイシー 田中秀幸 江原正士
バド・ホワイト ラッセル・クロウ 菅生隆之 山野井仁
エド・エクスリー ガイ・ピアース 宮本充 藤原啓治
ダドリー・スミス ジェームズ・クロムウェル 有川博 中村正
リン・ブラッケン キム・ベイシンガー 高島雅羅 金野恵子
シド・ハッジェンス ダニー・デヴィート 永井一郎 青野武
ディック・ステンスランド グレアム・ベッケル 菅原正志 塩屋浩三
ピアース・モアハウス・パチェット デヴィッド・ストラザーン 小島敏彦 小川真司
エリス・ローウ地方検事 ロン・リフキン 山野史人 石森達幸
市警察本部長 ジョン・マホーン 大木民夫 富田耕生
ジョニー・ストンパナート パオロ・セガンティ 菅原正志 中田和宏
スーザンの母親 グウェンダ・ディーコン 斉藤昌 片岡富枝
スーザン・レファーツ アンバー・スミス
リーランド・“バズ”・ミークス ダレル・サンディーン 仲野裕
マット・レイノルズ サイモン・ベイカー
ミッキー・コーエン ポール・ギルフォイル
ラナ・ターナー ブレンダ・バーキ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンより2017年11月22日発売の『L.A.コンフィデンシャル 製作20周年記念版BD』にはソフト版に加え、フジテレビ版の日本語吹替版が収録。また入江悠岩崎太整による本作の検証と、公開当時のキネマ旬報に掲載されたハンソンのインタビュー、フジテレビ版吹替の江原正士と演出を担当した伊達康将の対談が収められたキネマ旬報責任監修のコンプリートブックが封入されている[2]

スタッフ[編集]

受賞/ノミネート[編集]

第64回ニューヨーク映画批評家協会賞ならびに第23回ロサンゼルス映画批評家協会賞で作品賞を受賞。第70回アカデミー賞においても9部門にノミネートされ、作品賞の最有力候補と目されていたが、同年末に公開された『タイタニック』が史上最多タイ記録となる11部門を受賞し、本作の受賞は助演女優賞脚色賞の2部門に止まった。

一覧[編集]

原作と映画の違い[編集]

  • 原作は8年間に及ぶ物語だが映画版では数ヶ月に変更されている。
  • 原作ではナイト・アウルで殺害される元警官がステンズランドとは別の人物
  • ナイト・アウルの虐殺で、容疑者の黒人たちが乗っていた車は栗色で48年型から50年型のマーキュリークーペと言っているが、原作では紫のマーキュリークーペ。
  • 映画では容疑者の黒人達はエドに発砲し銃撃戦の果てに射殺されるが、原作では無抵抗の状態で射殺される。
  • 映画では35歳で殉職した刑事の父を持つエドだが原作では殉職していたのはエドの兄である。
  • それに伴い原作では卑怯者であったエドの性格設定が一変されている。
  • ジャックの過去の民間人射殺事件のエピソードなどがカットされている。
  • レイモンド・ディターリング関連のエピソードが映画では全てカットされている。
  • 時代背景として常に存在する左翼同性愛者への迫害が映画ではほとんど描かれない。

キャッチコピー[編集]

一人の女、ひとつの真実 --男たち、野獣の輝き。
世界を手に入れた男。愛を手に入れた男。 美しい女性から、凜々しい女性に変わった女。 だれにも“秘密”はある。男でも、女でも、組織さえも…… この事件を話さずにはいられない。
かつてこれほどまでに、全米マスコミを魅了した映画があっただろうか!

その他[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]