ワイルド・アット・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイルド・アット・ハート
Wild at Heart
監督 デヴィッド・リンチ
脚本 デヴィッド・リンチ
製作 モンティ・モンゴメリー
スティーヴ・ゴリン
シガージョン・サイヴァッツォン
製作総指揮 マイケル・カーン
出演者 ニコラス・ケイジ
ローラ・ダーン
ウィレム・デフォー
イザベラ・ロッセリーニ
ダイアン・ラッド
撮影 フレデリック・エルムズ
編集 デュウェイン・ダンハム
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 日本衛星放送/日本コロムビア/KUZUI=ブランディローズ
公開 フランスの旗 1990年5月CIFF
アメリカ合衆国の旗 1990年8月17日
日本の旗 1991年1月15日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $9,500,000
テンプレートを表示

ワイルド・アット・ハート』(Wild at Heart)は、1990年アメリカ映画。セックスと暴力に塗れた男女の逃避行を独特の映像感覚で描き出したロードムービー。監督はデヴィッド・リンチ

1990年カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞した。

あらすじ[編集]

恋人のルーラの母親マリエッタから恨みを買い、殺し屋を差し向けられたセイラーは、勢い余ってその男を殴り殺してしまう。

ルーラは蛇革のジャケットを持って出所したセイラーを迎えに行き、二人はホテルへと向かう。マリエッタはルーラのことをあきらめないだろうと思ったセイラーは、執行猶予を無視してルーラとともにカリフォルニア州へと旅に出る。

娘に対して異常な執着を示すマリエッタは、私立探偵と執拗な追っ手を送り込んだ。しかしマリエッタの恨みには、ある秘密があった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
セイラー ニコラス・ケイジ 相沢正輝
ルーラ ローラ・ダーン 吉田陽子
ボビー ウィレム・デフォー 桐本琢也
マリエッタ ダイアン・ラッド 塩田朋子
ジョニー ハリー・ディーン・スタントン 牛山茂
マーセラス J・E・フリーマン 水内清光
デル クリスピン・グローヴァー
ペルディータ イザベラ・ロッセリーニ
交通事故の女性 シェリリン・フェン
ポージス・スプール ジャック・ナンス
良い魔女 シェリル・リー
  • 日本語吹替 - BD&スペシャル・エディションDVDのみ収録

スタッフ[編集]

  • 原作:バリー・ギフォード
  • 監督・脚本:デヴィッド・リンチ
  • 制作:モンティ・モンゴメリー、スティーヴ・ゴリン、シガージョン・サイバッツォン
  • 撮影:フレデリック・エルムズ
  • 音楽:アンジェロ・バダラメンティ

原作との違い[編集]

原作ではセイラーの女性蔑視の言動にルーラが不満をぶちまけるシーンがあるが、映画では描かれていない。男尊女卑のままで映画では進んでいく。

音楽[編集]

挿入歌では、エルヴィス・プレスリーの『ラヴ・ミー』と『ラヴ・ミー・テンダー』が印象的に使われている。

続編[編集]

  • ペルディータ - ただし製作国・製作・スタッフ・キャストをすべて一新している。

関連映画[編集]

外部リンク[編集]