シェルブールの雨傘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェルブールの雨傘
Les Parapluies de Cherbourg
監督 ジャック・ドゥミ
脚本 ジャック・ドゥミ
製作 マグ・ボダール
出演者 カトリーヌ・ドヌーヴ
ニーノ・カステルヌオーヴォ
音楽 ミシェル・ルグラン
撮影 ジャン・ラビエ
編集 アン=マリー・コトレ
モニーク・テッセール
製作会社 Parc Film
Madeleine Films
Beta Film
配給 フランスの旗 Ciné Tamaris
日本の旗 東和
公開 フランスの旗 1964年2月19日
日本の旗 1964年10月4日
上映時間 91分
製作国 フランスの旗 フランス
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 フランス語
テンプレートを表示

シェルブールの雨傘』(シェルブールのあまがさ、Les Parapluies de Cherbourg)は1964年フランス映画ジャック・ドゥミ監督。ミシェル・ルグランが音楽を担当したミュージカル映画である。第17回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した。

概要[編集]

全編音楽のみで地の台詞が一切ない完全なミュージカルであり、映画としては画期的な形式であった。ルグランによる音楽が大評判となり、特に主題曲は世界中で大ヒットした。のちに舞台化もされ、世界各国で上演されている。

ドヌーヴの出世作となった作品だが、出演者は歌は素人のため、すべて歌手による吹き替えである。

過去に何度かリマスターが行われている。2009年には製作45周年を記念し、日本において今作品初のデジタルリマスター版が世界に先駆けて公開された。2013年にはデジタル修復完全版が作られ、第66回カンヌ国際映画祭カンヌ・クラシックスで上映された。

ストーリー[編集]

  • 第一部 旅立ち 1957年11月-
    アルジェリア戦争ただ中のフランス。港町シェルブールに住む20歳の自動車整備工ギィと17歳のジュヌヴィエーヴは結婚を誓い合った恋人同士。ギィは病身の伯母エリーズと、ジュヌヴィエーヴはシェルブール雨傘店を営む母エムリ夫人と暮らしている。エムリ夫人は2人が若過ぎる事を理由に結婚に反対するが、2人は将来生まれて来る子供の名前(女の子だったらフランソワーズ)を考えたり、自分たちのガソリンスタンドを持つ夢を語り合ったりと、幸福な恋愛を謳歌していた。
    そんなある日、エムリ夫人に莫大な額の納税通知書が届く。切羽詰まっていたエムリ夫人は、娘に説得され、大切なネックレスを売る決心をして、娘を連れて宝石店へ行った。店主との交渉はうまく進まなかったが、たまたま居合わせた宝石商ローラン・カサールが、その場でネックレスを購入してくれた。
    やがてギィに召集令状が届き、2年間の兵役をつとめることになった。尽きる事無く別れを惜しむギィとジュヌヴィエーヴ。その夜、2人は結ばれた。ギィは幼馴染みのマドレーヌに伯母の世話を頼み、ジュヌヴィエーヴと永遠の愛を誓い合って、シェルブール駅で別れを告げ入営する。
  • 第二部 不在 1958年1月-
    ある日、エムリ夫人は町でカサールと出会い、食事に招待する。妊娠していることを知ったジュヌヴィエーヴは、ギィからほとんど手紙が来ないことを不安に感じていた。ジュヌヴィエーヴが気分が悪いと休んだ後、エムリ夫人に引き止められたカサールは、ジュヌヴィエーヴに結婚を申し込むつもりだったことを打ち明ける。ジュヌヴィエーヴに出会い、カサールは失っていた人生の目標を見つけることができたのだった。決めるのは本人なので、押しつけないように頼み、カサールはまた旅に出る。
    手紙で妊娠を知ったギィからは、2月に「男の子だったら名前はフランソワ」と喜びの返事が届く。だが、ギィを待ち続けていたジュヌヴィエーヴは、次第にカサールに心を開き、子どもを一緒に育てようという求婚を受け入れる。結婚からしばらくして、エムリ夫人も店を処分し、娘が住むパリへと移住する。
  • 第三部 帰還 1959年3月-
    足を負傷し除隊となって帰郷したギィはシェルブール雨傘店を訪れるが、店は所有者が変わっていた。ジュヌヴィエーヴの結婚と移住を聞かされたギィは自暴自棄となり、復職した整備工場も些細なトラブルで退職して酒と娼婦に溺れる。朝帰りした彼を待っていたのはエリーズ伯母の死の報せだった。ギィはマドレーヌに一緒に住むように頼み、行く当てのないマドレーヌは、とりあえず同じ家に住むことにする。その後、伯母の遺産でガソリンスタンドを始めることに決め、立ち直ったギィに、マドレーヌも心を開き、結婚する。
  • エピローグ 1963年12月-
    時は流れて、ある雪の夜。妻マドレーヌと息子フランソワがクリスマスの買い物に出ていった後、一台の車がギィのガソリンスタンドに給油に訪れる。運転席にはジュヌヴィエーヴが、助手席には3,4才くらいの女の子が乗っている。入営の日、シェルブール駅で別れて以来の再会だった。事務所で短く言葉を交わす2人。ジュヌヴィエーヴは娘の名はフランソワーズだと告げ、「会ってみる?」とギィに聞くが、彼は無言で首を振り、「もう行った方がいいよ」と言う。やがて車は去って行き、雪の降りしきるガソリンスタンドには、買い物から帰った妻子を迎えるギィの幸せに満ちあふれた笑顔があった。

登場人物[編集]

  • ジュヌヴィエーヴ・エムリ (Geneviève Emery)
    演技:カトリーヌ・ドヌーヴ
    歌:ダニエル・リカーリ
  • ギィ・フーシェ (Guy Foucher)
    演技:ニーノ・カステルヌオーヴォ
    歌:ジョゼ・バルテル (José Bartel)
  • エムリ夫人 (Madame Emery)
    演技:アンヌ・ヴェルノン (Anne Vernon)
    歌:クリスチアーヌ・ルグラン (Christiane Legrand)
  • エリーズおば (Tante Élise)
    演技:ミレーユ・ペレー (Mireille Perrey)
    歌:クレール・レクレール (Claire Leclerc)
  • ローラン・カサール (Roland Cassard)
    演技:マルク・ミシェル (Marc Michel)
    歌:ジョルジュ・ブランヌ (Georges Blanes)
  • マドレーヌ (Madeleine)
    演技:エレン・ファルナー (Ellen Farner)
    歌:クローディヌ・ムニエル (Claudine Meunier)

日本での作品化[編集]

最近の舞台[編集]

主なキャスト
  1997年 2000年 2003年 2009年 2014年
ギイ・フーシェ 松岡英明 坂本昌行 井上芳雄
ジュヌヴィエーヴ・エムリ 小川範子 藤谷美紀 白羽ゆり 野々すみ花

主題曲[編集]

スタンダード・ナンバーとして多くの歌手により歌われている。映画中ではダニエル・リカーリが歌い、同1964年にナナ・ムスクーリもフランス語と日本語で歌っている。日本での主な作品化を記す。

フランス語の原詞
別れを嘆き悲しみ、引き留めようとする内容。小野リサなど
英語の訳詞
I Will Wait for Youと題がつき、恋人の帰りをいつまでも待つ内容になっている。白鳥英美子など
日本語の訳詞
さまざまな訳があるが、英語の詞に沿った内容のものが多い。ナナ・ムスクーリ木之内みどり麻丘めぐみ岩崎宏美河合奈保子美川憲一など

外部リンク[編集]