ミラノの奇蹟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミラノの奇蹟
Miracolo a Milano
監督 ヴィットリオ・デ・シーカ
脚本 チェザーレ・ザヴァッティーニ
ヴィットリオ・デ・シーカ
スーゾ・チェッキ・ダミーコ
マリオ・キアーリ
アドルフォ・フランチ
原作 チェーザレ・ザヴァッティーニ
製作 ヴィットリオ・デ・シーカ
音楽 アレッサンドロ・チコニーニ
撮影 G・R・アルド
編集 エラルド・ダ・ローマ
配給 日本の旗 イタリフィルム/松竹洋画部
公開 イタリアの旗 1951年2月8日
日本の旗 1952年11月1日
上映時間 97分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ミラノの奇蹟』(ミラノのきせき、イタリア語: Miracolo a Milano)は、1951年のイタリア映画。第4回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作。

あらすじ[編集]

捨て子だった主人公は、とある老婦人に拾われ可愛がられる。だが、老婦人の死により養護施設に入る。月日が経ち、立派な青年となった主人公は、自分の鞄を盗んだ男に同情して鞄を渡し、代わりに一晩泊めてもらうことになる。その男が住むのはどこかの私有地の一角のみすぼらしい工作物。しかし、大風で一帯の同じような「家」が壊れたことから、仲間と共同で大規模な整備を行い、同様に貧しい人々に住まわせる。あるとき、地主が新しい買い手とともにやって来る。いったんは地主たちを追い払った住民たち。その後その土地で石油が湧き上がると、とあるいさかいで仲間外れがちになっていた男がこっそり地主にそのことを告げにいく。主人公は、老婦人の亡霊に貰った魔法の羽でどんな願いでも叶える力を得ており、地主たちの明け渡しに対抗する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]