逃避行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
逃避行
ジョニ・ミッチェルスタジオ・アルバム
リリース
録音 ロサンゼルス、A&Mスタジオ
ジャンル フュージョンジャズ、フォーク
時間
レーベル アサイラム・レコード
プロデュース ジョニ・ミッチェル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 第13位(Billboard 200
  • 第22位(カナダ)
  • 第11位(イギリス)
ゴールドディスク
ゴールドディスク
ジョニ・ミッチェル 年表
夏草の誘い
(1975年)
逃避行
(1976年)
ドンファンのじゃじゃ馬娘
(1977年)
テンプレートを表示

逃避行』(Hejira)は、ジョニ・ミッチェルが1976年に発表した8枚目のスタジオ・アルバム。

概要[編集]

ジャズ・フュージョン系ミュージシャンのジャコ・パストリアスラリー・カールトントム・スコットらが参加していて、ニール・ヤングがハーモニカで参加するなど、色彩豊かなサウンドになっている。パストリアスの叙情的なベース・ラインの印象的な曲があり、同年に発売されたパストリアスのデビュー・ソロアルバム『ジャコ・パストリアスの肖像』に収録されている「Continuum」にも通ずるプレイが聞ける。

見開きジャケット(ゲートフォールド)の写真はノーマン・シーフとジョエル・バーンスタインが撮影した。

収録曲[編集]

Side 1
  1. コヨーテ - Coyote - 5:00
  2. アメリア - Amelia - 6:00
  3. ファリー・シングス・ザ・ブルース - Furry Sings the Blues - 5:03
  4. ストレンジ・ボーイ - A Strange Boy - 4:15
  5. 逃避行 - Hejira - 6:35
Side 2
  1. シャロンへの歌 - Song for Sharon - 8:30
  2. 黒いカラス - Black Crow - 4:20
  3. ブルー・モーテル・ルーム - Blue Motel Room - 5:03
  4. 旅はなぐさめ - Refuge of the Roads - 6:37

録音メンバー[編集]

  • Joni Mitchell (Vocals, Acoustic guitar & Electric guitars)
  • Jaco Pastorius (Bass) "tracks 1, 5, 7 & 9"
  • Max Bennett (Bass) "tracks 3 & 6"
  • Larry Carlton (Lead Guitar) "tracks 2, 4 & 7"、(Acoustic Guitar) "track 8"
  • Bobbye Hall (Percussion) "tracks 1, 4 & 5"
  • Victon Feldman (Vibes) "track 2"
  • Neil Young (Harmonica) "track 3"
  • John Guerrin (Drums)
  • Abe Most (Clarinet) "track 5"
  • Chuck Domanico (Bass) "track 8"
  • Chuck Findley (Horns) "track 9"
  • Tom Scott (Horns) "track 9"

脚注[編集]