戦争と貞操 (1957年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦争と貞操
Летят журавли
監督 ミハイル・カラトーゾフ
脚本 ウィクトル・ローゾフ
原作 ウィクトル・ローゾフ
製作 ミハイル・カラトーゾフ
出演者 タチアナ・サモイロワ
アレクセイ・バターロフ英語版
ワシリー・メルクーリエフ英語版
音楽 ミェチスワフ・ヴァインベルク
撮影 セルゲイ・ウルセフスキー英語版
編集 マリヤ・チモフェーエワ
製作会社 モスフィルム
配給 日本の旗 新東宝
公開 ソビエト連邦の旗 1957年10月12日
日本の旗 1958年8月26日
上映時間 97分
製作国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
言語 ロシア語
テンプレートを表示

戦争と貞操』(せんそうとていそう、Летят журавли)は、1957年に制作されたソビエト連邦映画第二次世界大戦で恋人を失った女性が描かれる。モスフィルムが製作し、グルジア出身のミハイル・カラトーゾフが監督した。第11回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを獲得した[1]

撮影時仮題は『あなたの人生の為に』。日本語題は押韻をしていた直訳から、後年英題にならい『鶴は翔んでゆく[2]に変更された。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦の最中の事、ヴェロニカとボリスは将来を誓い合っていた恋人同士。ボリスは祖国とヴェロニカを守る為に志願兵となり従軍する事にしたが、出征の日にヴェロニカにその話をする事なく出立する事になる。

一方ヴェロニカにも戦火は及び、爆撃でヴェロニカの両親は失われる。ヴェロニカはボリスの家族の元に身を寄せる事となったが、戦災で家族を失ったヴェロニカは心を閉ざしていた。そのヴェロニカに以前から想いを寄せていたボリスの従兄弟マルクは出征したまま帰らぬボリスを待つヴェロニカを強引に説得し、更にマルクそしてボリスの親族もそれに賛成した為にヴェロニカは止むなくマルクと結婚する羽目になる。だがその頃、戦場にて前線偵察に赴いたボリスは負傷した戦友を救おうとして撃たれ消息不明に。

ボリスの父の勤める野戦院で看護婦として働きながらボリスの帰りを待つヴェロニカに、ボリスの父親のある一言が襲う。それに悲観し、自殺を図ろうとしたヴェロニカは、死ぬはずの瞬間に一人の少年を助けるが、その少年の名前が「ボリス」だった事から再び生きようとそしてボリスを見つけ出そうと決意し、出奔。

独ソ戦が終戦に向かおうとしていたその時に、ヴェロニカにある試練が訪れる。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Festival de Cannes: The Cranes are Flying”. festival-cannes.com. 2009年2月10日閲覧。
  2. ^ NHK Eテレの『テレビでロシア語』の「魅惑のロシア」のコーナーで「ロシア映画の傑作」として紹介された際にもこの題で紹介された。

外部リンク[編集]