楢山節考 (1983年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
楢山節考
The Ballad of Narayama
監督 今村昌平
脚本 今村昌平
原作 深沢七郎
製作 友田二郎
出演者 緒形拳
坂本スミ子
音楽 池辺晋一郎
撮影 栃沢正夫
編集 岡安肇
製作会社 今村プロダクション
配給 東映
公開 日本の旗 1983年4月29日
フランスの旗 1983年5月CIFF
上映時間 131分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億5000万円[1]
テンプレートを表示

楢山節考』(ならやまぶしこう)は、1983年製作の日本映画深沢七郎同名小説(厳密には『楢山節考』と『東北の神武たち』の2つを原作とする)の2度目の映画化作品。1983年のカンヌ国際映画祭にてパルム・ドールを受賞した。

概要[編集]

映画製作にあたり、日本山中に村のセットを作り、3年がかりで製作された。

当初、おりん役は役のリアリティを重視し、60代の元舞台女優がキャスティングされて撮影が進められていたが、撮影開始後まもなく降板。代わりに坂本スミ子がキャステングされた。坂本は当時40代で息子役の緒形拳と1歳しか変わらず、実年齢を30歳近くも上回る老女を演じるにあたり、前歯を4本削り、歯のない役作りをした。その後、インプラント処理をしている。

キャッチ・コピーは「親を捨てるか、子を捨てられるか。

ストーリー[編集]

山中の寒村が舞台である。耕地にも気候にも恵まれないその村には、厳然たる3つの掟があった。

「結婚し、子孫を残せるのは長男だけである」
「他家から食料を盗むのは重罪である」
「齢70を迎えた老人は『楢山参り』に出なければならない」。

来年に楢山参りに出る定めの老女・おりんの家では、家族がそれぞれ問題を抱えていた。長男の辰平は去年妻を事故で失い、侘しく鰥夫暮らしをしていた。そんな辰平は母親思いゆえ、とてもおりんを「楢山参り」に出すことはできない。次男の利助は頭が弱くて口臭がひどく、村人から「くされ」と呼ばれ蔑まれている。村の掟で結婚が許されず、家の奴(ヤッコ・下人)として飼い殺しにされる運命の利助は女を知る機会もなく、近所の雌犬を獣姦しては欲求を満たしていた。辰平の息子・けさ吉はおりんの歯が33本あることをからかいながら、村のふしだらな女・松やんと遊びほうけていた。

そんな折、向こう村の若後家・玉やんが、辰平の後妻として家に入る。一方でけさ吉も松やんを妻として家に迎え入れるが、利助は辰平と玉やんの性行為を覗き見てはあらぬ妄想を深めていく。松やんは手癖が悪く、貴重な食料を好きなだけ食い散らかし、挙句は盗み出した馬鈴薯玉蜀黍を実家へ持ち出していく。松やんはほどなく妊娠し、食糧事情は一層の逼迫が予感された。

家の中には波風が立ち始める中、せめて家族の悩みを解決してから楢山に旅立ちたいと願うおりんだった。 ついにおりんと辰平は厳しい山奥に入っていく。

エピソード[編集]

  • 本作はプロデューサーの日下部五朗が、岡田茂東映社長(当時)に、何度も「映画化したい」としつこく通ううち、以下の理由で岡田が製作OKを出したたもの[2]。岡田が製作を認めなかった1979年の『復讐するは我にあり』が、今村監督で松竹で映画化され高い評価を得たため、今村監督で製作を予定した『楢山節考』に岡田はいい顔をせず、「前に木下恵介さんが撮ってるやろ。エエ加減なもん持ってくるな。」とボロクソ。ところが日下部が「社長、題は同じでも中身が違う。実はにっかつロマンポルノ10本分くらい、ドバーッと濡れ場があるんです。」とハッタリをかましたところ、岡田は「うわあ、そら、ええなあ!」とOKとなった[2]。しかしこれは完全なハッタリで『楢山節考』には男女の絡みのシーンが数カ所あるものの、そのようなシーンはトータルでも数分しかない。岡田は『映画ジャーナル』1982年2月号のインタビューで『楢山節考』を"異色の芸術ポルノ"と表現し、日下部の話を真に受けていた[3]
  • 第36回カンヌ国際映画祭では、大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』がグランプリ最有力と言われ下馬評が高く、製作の松竹は大島、奥山融副社長ら総勢20人以上がファーストクラス飛行機カンヌ入りした[4]。『楢山節考』も『戦場のメリークリスマス』とともにカンヌ国際映画祭に出品されたが、こちらはまったく期待されてなく、誰もカンヌへ行こうとしない。プロデューサーの日下部は、「どうしてもカンヌに行きたい」と主張すると岡田社長から「恥をかくのは日下部一人で充分」と言われた。今村も「後輩の大島監督が受賞するのに何でわざわざ行かなきゃならんの」と言う。宣伝も営業の誰も付いて行くと言わず。結局、主演女優の坂本スミ子と2人で、エコノミークラスでカンヌ入りした。現地での宣伝合戦も『戦場のメリークリスマス』は、国際的にも知名度が高い大島やデヴィッド・ボウイを擁して注目度が極めて高かったが『楢山節考』が逆転、グランプリ・パルム・ドールを受賞した[4]。岡田社長も今村監督もカンヌに来なかったため、世界中の映画人とプレスが日下部の元へ殺到。「あなたの映画が受賞したんですね、おめでとう」「そう、あれ、おれの映画なんです」と日下部はプロデューサーにとっての最高に一夜を満喫した[4]

キャスト[編集]

辰平
演 - 緒形拳
45歳。家族想いだが、やや短気な性格で怒るとすぐに手が出る。その反面状況によっては及び腰になって消極的な一面も見せる。他の村人からは辰平の家族のことを「ねっこの家」と呼ばれている。末っ子娘・ゆきを産んだばかりの前妻・たけやんを不慮の事故により亡くしている。りへいに似ているが、そう言われることに本人は快く思っていない。
おりん
演 - 坂本スミ子
辰平の母。69歳。腰こそ曲がっているものの、元気で働き者のおばあさん。年の割に歯が丈夫で本人は28本と言っているが、けさ吉から「鬼のような歯を33本揃えた」などとやゆされている。普段は穏やかな性格だが、村の厳しいしきたりである『楢山参り』に自ら望んで行こうとする芯の強さも持つ。作中では『やまべ』と言われる川魚を取るのが得意で、自分だけの穴場を知っている。

辰平の家族[編集]

けさ吉
演 - 倉崎青児
辰平の長男坊。家の仕事は手伝うものの、仕事以外の時間はふざけた性格で勝手気ままに過ごしている。無計画な考え方の持ち主で、自己中心的で女にだらしない。日常的におりんや利助をバカにする言動をする。歌うことが好きで、地元の民謡らしき歌などを歌いながら日々の仕事をこなす。
とめ吉
演 - 嶋守薫
辰平の次男。今で言う小学生ぐらいの子供。わんぱくな性格で自分より二回りぐらい年上の利助にもちょっかいを出す。
利助
演 - 左とん平
辰平の弟。35歳。口臭がひどく、周りから『くされ』という蔑称で呼ばれる。原因は不明だが本人も気にしており治るように山の神様に祈っている。童貞であり、満たされない性欲に日夜悶々としている。家の仕事を手伝う他に、飼っている畑仕事用の馬の『はるまつ』の世話もする。
玉やん
演 - あき竹城
辰平の後妻。37歳。垢抜けた性格で真面目で非常に気立てがよく働き者。おりんともすぐに打ち解けて嫁姑の仲も良好。他所の村から来たが厳しい村のしきたりも理解した上で粛々とそれらに従う。作中ではおりんにより「ちっとでかくて不細工だけどいい嫁だ」などとオリジナルの歌で評されている。
松やん
演 - 高田順子
雨屋の年頃の娘。恋人のけさ吉との子供を妊娠したことを機に、辰平の家で暮らし始める。実家の家族想いで悪い人ではないが、辰平の家の食べ物を無断で実家に持って行ったり、食べ物に関して意地汚いところがある。顔の右側にアザがある。
杉やん
演 - 岩崎聡子
けさ吉の後妻。若い娘。松やんがいなくなった後、けさ吉たちと一緒に暮らし始める。
りへい
辰平の父。作中では30年前(辰平が15歳だった頃)に失踪している。おりんによるとりへいの母親が『楢山参り』をする年になり、りへいが山に連れて行く役目に耐え切れず失踪したのではと言われている。また、失踪したことでりへいは、村の恥さらしのような存在になったとのこと。

松やんの実家の家族[編集]

雨屋
演 - 横山あきお
他人の畑などから盗んだ食べ物を家に隠していたため、楢山さんに謝る(詳しくは後述「村のしきたりなど」)。ちなみに先代も楢山さんに謝ったことがあるとのこと。
雨屋の女房
演 - 志村幸江
子供想いの母。自分の分まで子供たちに食べ物を分けてあげる。障がいがあるのかは不明だが、声は出せるが言葉を話さない。
雨屋の長男
演 - 岡本正巳
松やんと自身を含めて6人ほどの弟妹がいる家庭の長男。子沢山の家庭のため村の中でも特に食べ物に困っている。

おかねの家族[編集]

おかね
演 - 清川虹子
病気(詳しい病名は不明)のため床に臥しており自他共に死が近いと思われている。しかし、『しらはぎ様』を食べた途端元気になり、村人も驚きの回復を見せる。
欣やん
演 - 江藤漢
おかねの家の長男。おかねがもう助からないと思い利助に樽型の棺桶を作ってくれるように依頼する(棺桶を作る担当は各家の持ち回り)。
仁作
演 - 常田富士男
欣やんの弟。もう長くないと思っていたおかねが奇跡的な回復をしたため驚く。

忠やんの家族[編集]

銭屋の忠やん
演 - 深水三章
又やんに手を焼いている。荒い性格で、又やんをしばらくの間縄で縛って勝手にご飯を食べないようにする。
銭屋の又やん
演 - 辰巳柳太郎
70歳。忠やんの父。家で飼っている鶏を勝手に食べようとしたとのこと。おりんと同じくこの冬に『楢山参り』をする予定だが怖がっており受け入れようとしない。

おえいの家族[編集]

おえい
演 - 倍賞美津子
父爺の遺言で、村の『やっこ』たちに一晩ずつ性交渉をすることを約束して、父が亡くなった後、行動に移す。シロと名付けた白い犬を飼っている。
新屋敷(あらやしき)の父爺
演 - ケーシー高峰
おえいの父。本人によると家の犬小屋がある場所は元々蔵で、その中で先代の父親が性交渉を行う前のやっこを殺したことがある。その祟りのせいで新屋敷では悪いことが起きると考えており、罪滅ぼしとして村のやっこたちと一晩ずつ性交渉を行うよう、おえいに遺言を告げる。

その他の主な村人[編集]

勝造(かつぞう)
演 - 小沢昭一
おえいが相手をしたやっこで、中年の男。自身の人生において初めて訪れた女性との交わりにかなり興奮しており、おえいに向けてかしわでを打って拝む。
常(つね)
演 - 小林稔侍
村に住むやっこの一人。男の子の胎児の遺体を利助の田んぼにむき出しのまま遺棄したため、利助に抗議を受ける。ちなみに男の胎児を故意に死なせるのは作中の村では時々あることだが、本来はちゃんと土に埋葬する。
塩屋
演 - 三木のり平
仕事は、女の子を欲しがる家と女の子を売りたい家を仲介しており近くの村々を行き来している。他所の村人に頼まれて辰平に後妻との縁談話を持ってくる。おりんに「ここに来る前に先ほど西の山でりへいを見かけた」と告げる。
照やん
演 - 殿山泰司
『楢山参り』の実行する前におりんと辰平、及び数人の村の代表者たちを集めて会合を取り仕切り、作法を説明する。
焼松
演 - 樋浦勉
村の代表者の一人。『楢山参り』に行く前のおりんと辰平に村から楢山の年寄りを置いてくる場所までの道順を説明する。ちなみに道と言ってもまともな山道すらない険しいところで、道無き道となっている。

スタッフ[編集]

村のしきたりなど[編集]

舞台となる村は寒村でどの家庭も貧しく、少ない農作物や狩りで細々と暮らす。しきたりのほとんどが、こういった生活の中でどう食べ物を確保して家を継いでいくかに添ったものとなっている。

楢山参り[編集]

  • 作中の村の住人が70歳ぐらいになると『楢山参り』をする決まりがある。これは口減らしのため、高齢のお年寄りをその家の長男などが背負子(しょいこ)を用いて一人で担いで連れて行き楢山に置いてくるというもの。
  • 『楢山参り』には以下の決まりがある。
    • 山へ入ったら年寄りは、一言も声を発してはいけない
    • 出発の時は、こっそりと家を出て誰にも見られてはいけない。
    • 背負う者は年寄りを下ろした後、山を降りる時に振り向いてはならない。

跡継ぎなど[編集]

  • 生まれた子供が男の子の場合、長男であれば跡継ぎとして大事にされる。女の子だと作中では他の人に売って金に替えることができるため重宝される。しかし長男以外の男の子は食い扶持が増えるだけなので、家庭の状況により働き手として育てるか生まれてすぐに死なせるという処置が取られる。
  • 各家庭では長男が一番偉く、弟たちは長男には逆らえない。跡継ぎ以外の男の子のことを『やっこ』と言って長男より下の扱いとして暮らしている。

食べ物の盗みについて[編集]

他人の家の食べ物などを盗むと「楢山さんに謝らせる」という厳しい決まりがある。これは村の大人たち総出で食べ物を盗んだ家に押し入り、他にも食料がないか探して見つけるとみんなで山分けする。される方は怖い思いをするが貧しい村人にとっては、臨時で食料確保ができるためちょっとした催しのようなものである。

脚注[編集]

  1. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b 日下部五朗『シネマの極道 映画プロデューサー一代』新潮社、2012年、pp.130-134
  3. ^ 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』文化通信社、2012年、pp.160-171
  4. ^ a b c 『シネマの極道 映画プロデューサー一代』、pp.11-20、華やかな舞台の裏側『シネマの極道 映画プロデューサー一代』日下部五朗さん(2/3ページ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]