ノスタルジア (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノスタルジア
Nostalghia
監督 アンドレイ・タルコフスキー
脚本 アンドレイ・タルコフスキー
トニーノ・グエッラ
製作 レンツォ・ロッセリーニ
マノロ・ポロニーニ
製作総指揮 フランチェスコ・カザーティ
出演者 オレーグ・ヤンコフスキー
エルランド・ヨセフソン
ドミツィアナ・ジョルダーノ
撮影 ジュゼッペ・ランチ
編集 エルミニア・マラーユ
アメデオ・サルファ
配給 ザジフィルムズ
公開 フランスの旗 1983年5月CIFF
イタリアの旗 1983年6月2日
日本の旗 1984年3月31日
上映時間 126分
製作国 イタリアの旗 イタリア
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
言語 イタリア語
ロシア語
テンプレートを表示

ノスタルジア』(Nostalghia)は、ロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキー1983年イタリアで製作したイタリア、ソ連合作映画。第36回カンヌ国際映画祭創造大賞。

タルコフスキー監督はこの映画の制作においてソ連から出国し、完成後に亡命した。主人公のアンドレイ・ゴルチャコフはタルコフスキー自身と解釈されている。

ストーリー[編集]

ロシア人作家アンドレイ・ゴルチャコフは、助手で通訳のエウジェニアと共に、モスクワからイタリア中部のトスカーナを訪れていた。故郷ロシアに帰れば農奴となることを知りながらも帰国し、自殺した作曲家パーヴェル・サスノフスキーの取材のための旅も、終わりに近づいていた。アンドレイは持病の心臓病を患っていた。

二人がシエーナまで訪れた目的は、教会に祀られてあるマドンナ・デル・バルトの聖母画を見ることだったが、アンドレイは教会に入ろうとせず、エウジェニアだけが建物に入り、なかにいた男と信仰と女の人生についての議論を交わす。教会のなかでは修道女たちがイコンに祈りの言葉を捧げていた。その日の夜に泊まったホテルで、アンドレイは自分の故郷の夢を見る。夢のなかの風景は霧に包まれ、森があり、走り回る少女がいた。

旅の最後に立ち寄った小さな温泉街バーニョ・ヴィニョーニで、二人はドメニコという男と出会う。ドメニコはかつて「もうすぐ世界の終末が訪れる」と信じ込み、家族を7年にわたって幽閉したために、周囲からは狂人と呼ばれていた。アンドレイはドメニコに対して関心を示すが、エウジェニアは通訳としてアンドレイとドメニコのやりとりに巻き込まれることに苛立ちを覚え、二人の元を去る。ドメニコは住処の廃屋にアンドレイを招く。そこでは常に天井からの水が床や瓶へ滴っており、壁には「1+1=1」という奇妙な数式が書かれてあった。ドメニコはアンドレイに第九を聴かせ、「蝋燭に火を灯し、広場の温泉を渡りきることが出来たら、世界は救済される」と告げる。アンドレイは蝋燭を受け取り、自分が代わりにそれをすることを約束する。

アンドレイがホテルに戻ると、部屋では湯を使いに来たエウジェニアが髪を乾かしていたが、アンドレイの煮え切らない態度に腹を立てた彼女は、「恋人が待つローマに戻る」と言い残してアンドレイの元を去る。少し遅れてバーニョ・ヴィニョーニを去ったアンドレイは、エウジェニアからの電話を受け取る。内容は「ドメニコがローマに渡り、演説を3日間にわたって続けている。彼は自分があなたに頼んだことをしたかと尋ねている」というものだった。アンドレイは旅程を変更し、再びバーニョ・ヴィニョーニに戻る。

ドメニコはカンピドリオ広場マルクス・アウレリウス像に上り、人々が見守る中で演説を続けていた。「私たちは無駄と思える声に耳を傾けなければならない」「私たちの耳と目に大いなる夢の始まりを満たすのだ」 ―― 演説を終えたドメニコは頭からガソリンをかぶり、大音量で第九を流し(彼が言うところの音楽を「発動」し)ながら自らに火を放ち、駆けつけたエウジェニアや警官たちの前で焼身自殺を遂げる。第九は「Alle Menschen werden Brüder(すべての人々は兄弟となる)」の箇所で途切れる。

バーニョ・ヴィニョーニに戻ったアンドレイは心臓病の薬を飲みながら、ドメニコに言われた通り、蝋燭に火を付けて温泉を渡りきることを試みる。手や上着で風を遮ろうとするが、途中で蝋燭の火は消えてしまう。三度目の試行でようやく温泉を渡りきることに成功するが、温泉のへりに蝋燭を置いた直後、アンドレイは膝から崩れ落ちる。人々が駆け寄るなか、アンドレイは故郷の夢を見る。夢のなかでは故郷の雪景色が彼を包んでいた。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

  • 武満徹 - タルコフスキーを追悼して、独奏ヴァイオリンと弦楽のための「ノスタルジア -アンドレイ・タルコフスキーの追憶に-」を作曲した。
  • レクイエム (ヴェルディ) - 冒頭部が映画冒頭で用いられている。

外部リンク[編集]