お葬式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
お葬式
監督 伊丹十三
脚本 伊丹十三
製作 岡田裕
玉置泰
製作総指揮 細越省吾
出演者 山崎努
宮本信子
菅井きん
大滝秀治
津川雅彦
音楽 湯浅譲二
撮影 前田米造
編集 鈴木晄
製作会社 ニューセンチュリープロデューサーズ
伊丹プロダクション
配給 ATG
公開 日本の旗 1984年11月17日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 1億円
興行収入 12億円(配給収入[1]
テンプレートを表示

お葬式』(おそうしき)は、1984年公開の日本映画伊丹十三の初監督作品。

概要[編集]

これまで厳粛な儀式であったお葬式を初めて取り上げた作品である。初めて出すお葬式に右往左往する家族と、周囲の人びとの姿をコミカルに描いた。そのため暗いタイトルにもかかわらず作中には笑いが溢れており、そのギャップが大きな話題を呼んだ。

公開当初は縁起でもない題材を取っていたこともあって、誰も期待しなかったが、予想を超す驚異的な大ヒットを記録し、日本アカデミー賞を始めとする各映画賞を総なめにした。

伊丹が妻・宮本信子の父親の葬式喪主となった実体験をもとに、わずか1週間でシナリオを書き上げ、自身の初監督作品として撮影した[2]

撮影は神奈川県湯河原町にある伊丹の別荘(元自宅)で行われた。製作費は1億円。以前、伊丹自身がCM出演した愛媛県の菓子会社・一六本舗が出資している。

序盤に出てくる侘助・千鶴子夫婦共演のCMは、1983年に伊丹・宮本が共演した味の素「マヨネーズDo」のCMアイデアがそのまま採用された。

笑いが多く含まれている半面、過激な性描写があるとして、教育者や宗教者などから批判される一面も見られたが、表現上高い効果を上げているとの評価も多い。伊丹はその後の作品でも必ずといってよいほど性表現を織り込んでいる。

あらすじ[編集]

ある日、俳優の井上侘助と妻で女優の雨宮千鶴子は夫婦共演のCM撮影を行っていたが、そこに突然連絡が入る。千鶴子の父・真吉が亡くなったのだ。親族代表として葬式を出さなくてはならなくなった侘助はマネージャー里見の助けを借りつつも途方に暮れる。

千鶴子の母・きく江や千鶴子の妹・綾子夫婦、そして真吉の兄・正吉とともに遺体を伊豆の別荘に運び、お通夜の準備に取り掛かる。葬儀屋・海老原とともに、お通夜当日の朝を迎える侘助達。付人も応援に駆け付けたが、そこには喪服を着た侘助の愛人・良子もいた。

出演[編集]

井上侘助
演 - 山崎努
主人公。作中では俳優の仕事をしている。葬式の事は何も分からず、最後のスピーチが憂鬱でたまらない。良子という愛人に駄々をこねられ、お通夜の前に茂みで性行為におよぶ。愛人がいたり、上記のように場を仕切ったりするのが苦手で私生活では、頼りがいがない性格。
雨宮千鶴子
演 - 宮本信子
侘助の妻。作中では女優の仕事をしている。島倉千代子の「東京だよおっ母さん」のマネが得意。明るくさばさばしていて、おっとりした性格。小学生の2人の息子がおり、妹・綾子の息子たちと葬式のある別荘で出会い、仲良くふざけあったりして騒がしく遊んでいる。
雨宮きく江
演 - 菅井きん
千鶴子の母。喪主を勤める。しっかり者で終始気丈に振舞い、葬式を取り仕切った。侘助に代わり、最後のスピーチを務める。猫の「にゃんきち」を飼っている。戦後夫婦で女郎屋を営んでいたが、仕事を任せられっぱなしで、女好きだったこともあり真吉には若い頃から手を焼かされていたが、慕っている。
雨宮真吉
演 - 奥村公延
千鶴子の父。東京の大病院の定期健診を受けて帰った夜、突如心臓発作に見舞われ、そのまま死亡してしまう。生前はかなりの倹約家だった。結構な女好きで、過去に夫婦で女郎屋を営んでいたことがあり商品である女郎に手を出したことがある。また千鶴子によると娘の名前を決める時も自身の初恋相手の名前から「千鶴子」という名前つけたりしている。

千鶴子の親族[編集]

雨宮正吉
演 - 大滝秀治
真吉の兄で千鶴子の伯父。少々ボケたところがあり、北枕の方角について一人考え悩む。加えて葬式の準備では、事あるごとに三河での葬式のやり方や作法の違いに「これはこうするじゃないのかね?」と口を出しては侘助たちを悩ませる。出棺の時親族を代表して挨拶する。
三河では金融業や商事会社などを手広く経営する資産家として有名で、それらの代表取締役を担っている。7人兄弟だったが真吉が亡くなったため、ただ一人の存命者となった。
綾子
演 - 友里千賀子
千鶴子の妹。妊娠中でよく食べる。千鶴子の息子たちと同い年ぐらいのおさむとてっちゃん(詳しい名前は不明)という2人の息子がいる。
喜市
演 - 長江英和
綾子の夫。
演 - 尾藤イサオ
千鶴子のいとこ。お通夜の食事の席では酒に酔って管を巻いている。正吉について「金は持ってるけど人の気持ちが分からん人、顔も見たくない大嫌いな人」と内心、正吉を嫌っている。
演 - 岸部一徳
茂の兄。茂とは対照的に笑い上戸らしくお通夜の食事の席では、隣りに座った茂が何か言うたびに「またシゲがよぉ」と言った後「クククッ」といちいち笑っている。
黒崎
演 - 佐野浅夫
雨宮家の親族。作中では奥村、榊原と共に「三羽がらす」と呼ばれている。いい人だが話が長いとのこと。本人によると健康の秘訣は、「キャベツともやしをボウルいっぱい少量の油で炒めて、それを毎日食べること」と言っている。
奥村
演 - 関山耕司 
雨宮家の親族。作中では黒崎、榊原と共に「三羽がらす」と呼ばれている。日本酒が大好きで、本人は「日本酒一本です(他の種類の酒は飲まない)」と言っている。
榊原
演 - 左右田一平 
雨宮家の親族。作中では黒崎、奥村と共に「三羽がらす」と呼ばれている。

侘助の関係者[編集]

里見
演 - 財津一郎
侘助・千鶴子夫婦のマネージャー。病院代として20万円払おうとしたがたった3万5千円足らずだったので、思わず笑ってしまう。侘助を陰からサポートした。
青木
演 - 津村隆
侘助の付き人。葬式の手伝いに来たついでにその準備の様子をスクーピック(16ミリフィルム)に収める。
斉藤良子
演 - 高瀬春奈
侘助の愛人。葬式の手伝いにやってきたが大酒を食らって奇声を発し、忙しいのにもかかわらず侘助に自分への愛情があるかどうかを確認をするなど侘助を困らせる。

葬式に関わる職業の人[編集]

海老原
演 - 江戸家猫八
葬儀屋。常にサングラスをかけた怪しげな風体だが、侘助夫婦にてきぱきとアドバイスを与え、葬式を成功に導く。それとなくお布施の相場を教える。
海老原の部下
演 - 加藤善博里木佐甫良
住職
演 - 笠智衆
浄土真宗の名僧。ロールス・ロイス斎場に乗り付ける。家具のデザインに凝っており、侘助の別荘にあったお手製のテーブルに使われた、フランス製の高級タイルが余っていると聞いて譲り受ける。
猪ノ瀬
演 - 小林薫
火葬場(斎場)職員。かまどで遺体が焼ける様子を侘助たちに見物させてくれた。作中では、遺体を焼く時に遺体が生き返る夢を見ることがあり、そのため実際にガスで火をつける時に正夢になるんじゃないかと思って怖がっている。。

真吉のゲートボール仲間[編集]

岩切のおばあさん
演 - 吉川満子
真吉の友人。穏やかな口調のおばあさんだが、お通夜の食事の席で棺に入った真吉の遺体と対面して大号泣したため一瞬静まり返らせた。
老人会会長
演 - 香川良介
真吉のゲートボール仲間。真吉は上記の通り家族からはあまりいいイメージがないが、ゲートボールの会長たちは、「品があってオシャレで、いつもニコニコしていて、ゲートボールも上手かった」と評している。
老人
演 - 田中春男
真吉のゲートボール仲間。お通夜の食事の席では、隣に座る小さい老人の通訳係のように大きな声で他の人の言葉を伝えている。
小さい老人
演 - 藤原釜足
真吉のゲートボール仲間。少々耳が遠い。作中では隣に座る老人から大きな声で伝えてもらった言葉に同意、あるいはオウム返しするようなセリフが多い。

葬式の手伝いに来た人たち[編集]

花村夫人
演 - 西川ひかる
葬式のお手伝いをする。アニメ映画の千と千尋の神隠しに出てくる湯婆婆のような髪型が特徴的。
木村夫人
演 - 横山道代
木村先生の妻。葬式のお手伝いをする。花村夫人やキヨちゃんと共に台所でお通夜の食事の料理やお酒の準備をしている。しかし、翌日には葬式があるためあまり長くなると面倒なので、盛り上がっている三羽がらすたちを何とか早く帰らせようと画策する。
キヨちゃん
演 - 海老名美どり
ご近所に住み、千鶴子たちとも仲がいい。しっかり者。葬式のお手伝いをする。
フクちゃん
演 - 金田明夫
寿司職人でキヨちゃんの夫。キヨちゃんの尻にしかれている。侘助とウマがあう。

その他[編集]

木登り青年
演 - 利重剛
強風で飛んでいき、木に引っ掛かった香典を拾おうとした。
冠婚葬祭の先生
演 - 関弘子
侘助と千鶴子が挨拶などの勉強をするために見た葬儀マニュアル・ビデオに登場する先生。
会計の女
演 - 中村まり子
病院の会計係。
助監督
演 - 黒沢清
侘助と千鶴子が出演するCMの収録を行う。
電報配達
演 - 井上陽水
木村先生
演 - 津川雅彦
本編の主な舞台となる別荘の隣に住む精神科教授。真吉の危急に接し、東京の病院を手配する。

スタッフ[編集]

その他[編集]

  • 亡くなった真吉とその妻きく江が三河出身という設定にもかかわらず、夫婦(生前)親族の会話で頻繁に使われるのは名古屋弁である。
  • 公開当時、ロケ地である湯河原の町中に「お葬式」と大きく描かれたポスターが一斉に貼られた。また、同様の現象が青森県弘前市西茂森禅林街でも見られた。
  • 伊丹の次男である池内万平が山崎努・宮本信子演じる夫婦の次男役として出演している。
  • 老人会会長役で出演している香川良介は、伊丹の父で映画監督の伊丹万作の作品に常連出演していた。
  • お葬式撮影前、主演の山崎努あてに「侘助たちの秋」と題された台本が送られている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報』1985年2月上旬号
  2. ^ 和田誠(『ぼくが映画ファンだった頃』七つ森書館 2015年)「市川崑監督が僕に直接語ってくれたこと」pp.237-251によれば、市川に脚本を持ってきて、「僕にやらんかと言うんです。でもこれはあんたがやりたくて書いたんだろう、自分でやったらええやないか、ということで彼がやって大成功した。僕がやったら大失敗ですよ」という。
  3. ^ 「考える人」編集部編「伊丹十三の映画」p.45(新潮社 2007年)

外部リンク[編集]