告白 (2010年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
告白
Confessions
監督 中島哲也
脚本 中島哲也
原作 湊かなえ
製作 島谷能成
百武弘二 ほか
製作総指揮 市川南
出演者 松たか子
岡田将生
木村佳乃
音楽 金橋豊彦
主題歌 レディオヘッド
ラスト・フラワーズ
撮影 阿藤正一
尾澤篤史
編集 小池義幸
製作会社 東宝映像制作部
リクリ
配給 東宝
公開 日本の旗 2010年6月5日
カナダの旗 2010年9月17日TIFF
イギリスの旗 2011年2月18日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 38.5億円[1]
テンプレートを表示

告白』(こくはく)は、2010年日本映画湊かなえによる同名のベストセラー小説映画化作品である。監督は中島哲也、主演は松たか子による。2010年6月5日に配給東宝で公開された。

概要[編集]

娘を殺された中学校教師が生徒を相手に真相に迫っていくミステリー映画[2]少年犯罪家庭内暴力イジメなど、過激な内容や描写で映倫からR15+指定を受けた[3][4]。しかし設定の関係上、キャストには15歳未満の者も多くおり、それらキャストは公開後に自分が出演した本作を見ることができなかった。第34回日本アカデミー賞では4冠を達成し、2010年度に日本で公開された日本映画の興行収入成績で第7位になるなど興行的にも成功した。また、映画の脚本を元にしたコミック版も発売された。

あらすじ[編集]

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしは、シングルマザーです。わたしの娘は、死にました。警察は、事故死と判断しました。でも事故死ではありません。このクラスの生徒に殺されたんです」一瞬にして静まりかえる教室内。この衝撃的な告白から、物語は幕を開けた。娘の父がエイズなので、結婚しなかったといい、犯人は2人いてAとBと仮名にされるが、級友には誰か分かる。学校に来ていた娘に電気ショックを与えたのがAで、BはAに対し憎しみを持ち、その娘をプールに投げ入れたという。そして、森口は先ほど2人の昼食の牛乳の中にHIVに感染している夫の血液を入れたので、2人には「命」をしっかりと噛み締めてほしいという。

Bは引きこもってしまうが、森口の代わりに担任となった熱血教師が迎えに行き、事態をいっそう複雑にしてしまう。さらに、Bは母親に森口の娘は電気ショックだけで死なず、プールに入れる前に目を覚ましたと告白する。母は優しかったBはもういない、共に天国へ旅立つと手記を残し、包丁を手にBを殺そうとするが、逆にBによって殺害されてしまう。

Aはあっさり犯行を話し、窓から飛び降りようとして「なーんてね」という。工作で作った財布防犯用の電気ショック装置を担任が認めてくれなかったことへの恨みがあったのだ。母親は結婚して家庭に入ったものの、工学への熱意を忘れられずにAを捨てて大学に戻ったのだ。Aはブログを作り、母からのメールももらい、悠々と自分の「発明品」を抱えて大学を訪れるが、新婚旅行中だった。唯一の理解者であった同級生の北原美月をも殺害する。そして誰にも語らず、作文を講堂で発表する日に爆弾で大量殺人を考えていた。

1学期の終業式、Aが「命」を考える作文を読み終わった後で、起爆させるために携帯電話のスイッチを押すが、変化がない。そこへ森口から電話がかかり、すぐに見つけた爆弾はお母さんの大学の研究室にAの発明を紹介する新聞とともに置いてきたという。半狂乱になったAのもとに森口が直接「ここからあなたの更正の第一歩が始まるんです」と声をかけた後、最後にいう。「なーんてね」。

登場人物・キャスト[編集]

森口 悠子(もりぐち ゆうこ)
演 - 松たか子
シングルマザーの教師。生徒と必要以上に親しく接しないように心がけており、一部を除いた生徒からの評価は芳しくない。娘の愛美の父親がエイズで、このことで愛美に苦労をかけないために、結婚はしなかった。愛美が学校のプールで溺死し、警察は事故として処理したものの、後にこれが故意の殺人であると気づき、犯人に対して復讐を企てる。終業式で教職を辞することを生徒に公表し、クラスの中にいた犯人の2人に対する復讐の種をまき、学校を去った。
寺田 良輝(てらだ よしき)
演 - 岡田将生
森口の代わりに来た担任。ニックネームはウェルテル(良"well"輝(てる)が由来)。生徒をニックネームで呼び、自分もまたニックネームで呼ばれたがる。桜宮の熱狂的な信者で、彼へ憧れて教師になった。森口の事件については、生徒たちが秘密にしていたために一切知らず、入学式以来欠席している直樹を心の病気だと認識している。学園ドラマの熱血教師のように生徒と友達になれるよう率直に接しているが、裏では生徒から馬鹿にされている。
下村 優子(しもむら ゆうこ)
演 - 木村佳乃
少年Bの母親。典型的な教育ママで、過保護過ぎる上に神経質。終業式以来引きこもりになった息子を1人で守ろうと奮闘する。息子が犯人とは微塵も思っていない。しかし犯人だと告白され無理心中を決意するが、逆に殺害される。
森口 愛美(もりぐち まなみ)
演 - 芦田愛菜
森口の一人娘。森口と一緒に帰るために毎日中学に来て、生徒たち(特に女子生徒)に可愛がられていた。犬が大好きで笑顔の可愛い子供。しかしプールでうつ伏せのまま亡くなっているのが発見された。誤って落ちたとされたが、実際は殺害された。
桜宮 正義(さくらのみや まさよし)
演 - 山口馬木也
学生や同業者から支持される男性教師。「世直しやんちゃ先生」の名で広く知られており、メディア露出や書籍の発表など活躍は多岐にわたる。
戸倉(とくら)
演 - 高橋努
少年Aの父
演 - 新井浩文
電気屋を経営。Aを生んだ妻と別れ、再婚し子供が出来た。新しい家庭で息子を愛せなくなる。低学歴でAから内心バカにされている。
少年Aの母
演 - 黒田育世…もともと才女で高学歴。Aに時計を分解させたりと科学を遊びとして教えていた。別れた後は大学で働いている。Aは母親は今でもAを愛してると思っているが、実際は大学で知り合った教授と再婚し妊娠していた。
少年Aの継母
演 - 山田キヌヲ
父親と同じく低学歴。Aに「赤ちゃんがうるさいから勉強の邪魔でしょう?」と離れた場所に勉強部屋を作ることを提案する。Aを疎ましく思ってはいないが、Aからは好かれていない。
教授
演 - 鈴木惣一朗
Aが認めて欲しいと思っている科学の権威者。しかし認めて欲しいのはAの母親が同じ大学で働いているためで、母親に褒められたいだけである。Aの才能を認めるが同時にAにとっては酷い現実をつきつける。
教授の教え子
演 - 金井勇太
竹中さん
演 - 二宮弘子
中学校の傍で暮らす年配の女性。
テレビの声
演 - 山野井仁
B組の生徒《37人の13歳》(並びは、役名の50音順)

男子

  • 阿部 翔太(ポニー:吹奏楽部) - 大倉裕真
  • 上矢 俊介(シュン:バスケットボール部) - 大迫葵
  • 神山 聡(カミやん:バスケットボール部) - 中島広稀
  • 神崎 唯(ザッキー:ハンドボール部) - 清水尚弥
  • 北野 和真(カズ:帰宅部) - 前田輝
  • 下村 直樹(ナオキ:元テニス部) - 藤原薫
  • 杉浦 淳(スギジュン:卓球部) - 倉田伊織
  • 高橋 弘輝(タカ:サッカー部) - 草川拓弥
  • 田中 亮(タナッチ:サッカー部) - 樺澤力也
  • 中西 健斗(ねー坊:バスケットボール部) - 根本一輝
  • 引田 和敬(センパイ:バスケットボール部) - 三村和敬
  • 藤崎 賢太郎(ケン:バスケットボール部) - 清水元揮
  • 星野 祐介(ホッシー:陸上部) - 一井直樹
  • 前川 優真(マエッチ:野球部) - 井之脇海
  • 水野 雄土(ミズ:サッカー部) - 田中雄土
  • 村川 新也(シン:バドミントン部) - 天見樹力
  • 渡辺 修哉(ナベ:帰宅部) - 西井幸人

女子

  • 芦沢 花(アッシー:演劇部) - 知花
  • 石野 美優(ミユー:帰宅部) - 伊藤優衣
  • 大谷 梨紗(リサポン:手芸部) - 近藤真彩
  • 大原 友衣(ユッコ:テニス部) - 柿原未友
  • 小川 桃果(モモ:バレーボール部) - 加藤果林
  • 北原 美月(ミヅホ:バドミントン部) - 橋本愛
  • 桐谷 修花(キリコ:美術部) - 能年玲奈
  • 佐々木 真樹(マッキー:体操部) - 栗城亜衣
  • 高瀬 茜(アンネ:美術部) - 加川ゆり
  • 土田 綾香(アヤ:テニス部) - 三吉彩花
  • 内藤 由香里(ユカリン:元陸上部) - 山谷花純
  • 中谷 美咲(ミーちゃん:読書文芸部) - 沖高美結
  • 西山 かな(ニシカナ:テニス部) - 岩田宙
  • 野口 加奈子(グッさん:吹奏楽部) - 斉藤みのり
  • 野中 あすか(ノッチ:体操部) - 吉永アユリ
  • 林 咲来(サクちゃん:バレーボール部) - 古橋美菜
  • 日野 遥名(ハル:美術部) - 奏音
  • 福山 恭佳(フクキョン:バスケットボール部) - 佳代
  • 松川 早紀(サキンチョ:水泳部) - 野本ほたる
  • 三浦 瑠菜(ルーナ:バレーボール部) - 刈谷友衣子

スタッフ[編集]

製作[編集]

映画化に当たって中島は本作にて脚色も担当し、ストーリーの時系列が原作とは異なっている。廃校となった栃木県立芳賀高等学校がロケ地として使われ、同校体育館ではクライマックスの終業式のシーンが撮影された[5]。その他、「日本工科大学理工学部」は群馬県の昭和庁舎で撮影されている[6]。舎内では爆破シーンも撮影されたが、歴史ある建物ゆえに火薬などを使った撮影は許可が下りず、ブルーシートを張ってコンピュータグラフィックスを使っての撮影となった[6]

公開初日の2010年6月5日限定でテレビCMの中で映画のラストシーン、松が泣きながら生徒の髪をわしづかみにし「あなたの更生はこれから始まるの」と鬼の形相で迫るシーンが放送されたが、ラストシーンをCMに使用するのは異例なことであり、中島はネタばれを恐れて「ここまでやらなきゃいけないのか」と不安をもらした[4]。また、配給東宝には米ハリウッド3社からリメイクのオファーがあり、アイルランド、香港、台湾への配給も決定された[7]

評価・影響[編集]

全国266スクリーンで公開され、2010年6月5-6日初日2日間で興収2億6,983万5,200円、動員は19万4,893人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[8]。実写日本映画作品の首位獲得は2009年10月の『僕の初恋をキミに捧ぐ』以来となる。さらに口コミの影響もあり、興行収入が公開第2週土日2日間で20万523人、第3週で21万102人、第4週で21万888人と3週連続前週比越えとなる4週連続ランキング第1位を樹立。公開16日間で119万4,344人と100万人突破し、さらに公開23日間の累計興収が21億6,472万2,900円と20億円を超え、公開第8週目で35億円を突破するという予想外ともいえる大ヒットとなった[9][10][11][12]。最終興収は38.5億円になり、2010年度に日本で公開された日本映画の興行収入成績で第7位となった[1]。台湾でも2010年度興行収入邦画第1位[13][14]

2011年1月19日、第83回米アカデミー賞外国語映画賞の第1次選考の9作品に残ったものの、最終ノミネートは逃した[15]

日本国内の評価は賛否が分かれた。『キネマ旬報』誌選出の「2010年度日本映画ベストテン」では2位[16]第34回日本アカデミー賞では最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀編集賞を受賞した一方[2]、『映画芸術』誌選出の「2010年度日本映画ベストテン&ワーストテン」ではワースト1位に選出された。

映画公開後、原作である小説『告白』が再び注目を浴び、大きな売り上げを上げた。双葉社は、2010年4月、映画化に合わせるかたちで文庫本を出版し、それのみで約200万部のベストセラーとなったほか、Amazon.co.jpが発表した「2010年上半期Booksランキング・文庫(文芸)」では、販売期間がわずか2か月であったにもかかわらず、1位に輝いた[17]

受賞歴[編集]

関連商品[編集]

ソフト化[編集]

2011年1月28日発売。発売・販売元は東宝[25]TSUTAYAのDVDレンタルランキングでは、2011年の年間トップになった[26]

サウンドトラック[編集]

2010年5月26日にオリジナルサウンドトラックが発売。主題歌を歌うレディオヘッド、挿入歌を歌うAKB48BORISをはじめとしたさまざまなアーティストが参加した作品となった。

コミック版[編集]

2010年(平成22年)、映画の公開に際して、その脚本をベースに漫画化された。双葉社の漫画雑誌『JOURすてきな主婦たち』2010年3月号から6月号掲載分が初出である。

書誌情報[編集]

  • 湊かなえ原作、木村まるみ作画、2010「告白」製作委員会企画協力 『[コミック版]告白』 双葉社、全1巻

参考文献[編集]

  1. ^ a b 日本映画製作者連盟 (2011年). “2010年(平成22年)興収10億円以上番組 (PDF)”. 2012年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c “日本アカデミー賞 「告白」4冠 「悪人」が俳優賞独占”. 読売新聞. (2011年2月19日) 
  3. ^ 伊藤徳裕 (2010年6月1日). “強い刺激、反応楽しみ 映画「告白」中島哲也監督”. 産経新聞 
  4. ^ a b 松たか子、映画のラストシーン見せちゃう”. 産経スポーツ (2010年6月2日). 2012年7月3日閲覧。
  5. ^ 穴原功郎 (2009年11月11日). “中高生、松たか子と共演だ/エキストラ940人を募集/映画「告白」撮影来月旧芳賀高で”. 下野新聞 
  6. ^ a b “映画「告白」名場面飾る歴史的建物 群馬・昭和庁舎”. msn産経ニュース (大橋拓史). (2013年9月15日). オリジナル2013年9月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130915221901/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130915/ent13091512000008-n1.htm 2015年3月22日閲覧。 
  7. ^ 松たか子主演「告白」香港など海外配給へ”. SANSPO.COMdate=2010-06-06. 2012年7月3日閲覧。
  8. ^ 『告白』2日で2億超えでどっかーんとトップに降臨!『アリス』が首位から陥落【映画週末興行成績】シネマトゥディ 2010年6月8日
  9. ^ 松たか子主演映画『告白』が3週連続1位 衝撃的な映画がヒットする“異例”を読み解くORICONSTYLE 2010年6月22日
  10. ^ 10代から20代の口コミ広がり『告白』がV4を達成!!予想外のヒットで30億円は確実とうれしい悲鳴!!【映画週末興行成績】シネマトゥディ 2010年6月29日
  11. ^ 踊る×ポケモン×トイ・ストーリー、三つどもえ勝負の結果!勝因は3D、2D、字幕、吹き替えでのスクリーン数の増加シネマトゥディ 2010年7月13日
  12. ^ 今年の夏は動員ミリオン超え作品が続出!『アリエッティ』『トイ・ストーリー』『踊る』『ポケモン』『告白』【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2010年7月27日
  13. ^ 賀!【告白】榮登2010年日片票房第一! 上映5週仍單場亞軍、iFilm、2010年11月29日。
  14. ^ K-MOVIE / K 電影賭盤、K-MOVIE。
  15. ^ a b “アカデミー賞- 「告白」最終候補外れる 最多は「英国王のスピーチ」”. 毎日新聞 (毎日jp). (2011年1月26日). オリジナル2011年1月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110128021128/http://mainichi.jp/enta/cinema/news/20110126k0000m040123000c.html 2011年1月25日閲覧。 
  16. ^ a b 2010年 第84回 キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. キネマ旬報社 (2011年2月5日). 2012年7月3日閲覧。
  17. ^ 伊藤徳裕 (2010年8月10日). “映画効果 原作人気再燃 湊かなえさん「告白」 4月発売文庫本、200万部に”. 産経新聞 
  18. ^ 松たか子主演映画「告白」が審査員特別賞”. SANSPO.COM (2010年7月24日). 2012年7月5日閲覧。
  19. ^ 松たか子「告白」アカデミー賞“ノミネート””. SANSPO.COM (2011年1月21日). 2012年7月5日閲覧。
  20. ^ 平辻哲也 (2010年12月22日). “報知映画賞表彰式[監督賞]中島哲也監督ぼやく「中学生は尊敬してくれない」”. スポーツ報知 
  21. ^ “エランドール賞作品賞 映画「告白」とドラマ「龍馬伝」”. 読売新聞. (2011年2月2日) 
  22. ^ “ブルーリボン賞授賞式 主演男優賞の妻夫木聡が主演舞台直前も強行出席”. スポーツ報知. (2011年2月16日) 
  23. ^ 松たか子、主演女優賞を受賞「誇り」”. SANSPO.COM (2011年4月18日). 2012年7月5日閲覧。
  24. ^ 2011 受賞作品&投票結果 1位〜20位”. 映画館大賞実行委員会. 2012年6月27日閲覧。
  25. ^ “[DVD情報]「遠距離恋愛 彼女の決断」ほか”. 読売新聞. (2011年1月12日) 
  26. ^ “TSUTAYA DVDレンタル、最高更新 11年は7億4224万枚”. フジサンケイ ビジネスアイ. (2012年1月28日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]