横浜スカイビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
横浜スカイビル
Yokohama Sky BLDG
Yokohama-SkyBLDG.JPG
横浜スカイビルの位置(横浜市内)
横浜スカイビル
横浜スカイビル
施設情報
所在地 〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島二丁目19番12号
座標 北緯35度27分52.4秒 東経139度37分28.7秒 / 北緯35.464556度 東経139.624639度 / 35.464556; 139.624639座標: 北緯35度27分52.4秒 東経139度37分28.7秒 / 北緯35.464556度 東経139.624639度 / 35.464556; 139.624639
状態 完成
着工 1992年平成4年)9月10日
竣工 1996年平成8年)9月18日
用途 事務所店舗バスターミナル駐車場
地上高
高さ 132.54 m
各種諸元
階数 地上30階地下3階 塔屋1階
敷地面積 7,614.09
建築面積 6,321 建蔽率83%)
延床面積 102,072 容積率1341%)
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
駐車台数 400台
関連企業
設計 三菱地所設計
施工 鹿島建設
デベロッパー 株式会社横浜スカイビル・横浜新都市センター株式会社
管理運営 三菱地所
マルイシティ横浜
MARUI CITY YOKOHAMA
店舗概要
施設管理者 丸井
商業施設面積 16,774 m²
最寄駅 横浜駅
外部リンク マルイシティ横浜|店舗のご案内
OIOI

横浜スカイビル(よこはまスカイビル)は、神奈川県横浜市西区にある超高層ビル。現在のビルは1996年に建て替えられた2代目である。横浜駅東口(出島地区)に位置しており、みなとみらい21計画における68街区に該当する。

概要[編集]

初代スカイビルは1961年昭和36年)に設立された横浜駅前振興株式会社(当時)によって建設され、1968年(昭和43年)3月に完成した。最上階はフロア自体が回転するレストランであった[1]。その後、横浜駅東口の再開発に伴い全面建て替えが行われることになり、建設期間中、初代スカイビルに入居していた一部の専門店は近隣にある横浜神谷ビルに移転、スカイビルの仮店舗という名目で「横浜スカイプラザ」として営業を継続していた。

そして1996年平成8年)、現在のスカイビルが完成した。高層棟と駐車場棟に分かれており、そごう横浜店と直結している。横浜駅から地下街「横浜ポルタ」を通り、地上へ出ることなく地下2階の入り口へ入れる。また、2009年(平成21年)には日産自動車グローバル本社の竣工(8月2日)に合わせて、7月21日、当ビル2階とそごう横浜店2階の間にある公開空地よりみなとみらい中央地区(新高島)方面へ向けてペデストリアンデッキはまみらいウォーク」が設置された。同年8月8日からは、日産本社ビル内の歩行者通路「NISSANウォーク」の利用も可能となり、同地区へのアクセスが容易になっている。

初代スカイビルには、結婚式場「スカイビル結婚式場」や多目的ホール「スカイ劇場」、ボウリング場、サウナ浴場等が存在したが、全面建て替えの際に閉鎖された。その一つ、「スカイ劇場」では毎週木曜日に「スカイ劇場木曜寄席」が開かれ、当時横浜で楽しむことができる寄席の一つであった。

建物[編集]

  • 構造:高層棟:SRC造(B3F-B1F)・S造(1F-30F)、駐車場棟:SRC造 S造
  • 運営会社:株式会社横浜スカイビル(三菱地所が大株主)
  • エレベーターは低層階用、中層階用、高層階用に分かれる。

主な入居施設[編集]

他にも各種の資格学校・企業・飲食店がなどが多数入居している。

フロア案内[編集]

概要 備考
29F レストラン
28F
27F
26F サービス/オフィス
25F サービス
24F
23F
22F
21F
20F
19F
18F サービス/オフィス
17F
16F
15F
14F サービス
13F
12F
11F レストラン
10F そごう連絡口
9F ショップス/サービス
8F マルイシティ横浜
7F 駐車場9F連絡口
6F 駐車場8F連絡口
5F 駐車場7F連絡口
4F 駐車場5F連絡口
3F
2F レストラン そごう/横浜ベイクォーター/はまみらいウォーク連絡口
1F ショップス/サービス/横浜シティ・エア・ターミナル
B1F ショップス/レストラン そごう連絡口
B2F サービス 横浜駅/そごう連絡口

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜機関区の終焉(レールメカの巣)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]